「ほっ」と。キャンペーン
b0025301_21020851.png

皆様あけましておめでとうございます。
我が家はほとんどお正月も何もなく、ただ嵐のように過ぎ去っていったお正月でした。

さて、そんな中…
去年から自宅用に作っているぴーちゃん卓上カレンダー。

今年は酉年だし、配布用にDocsにアップしてみました↓
よかったらご自由にDLして使ってやってください。


『Docs』とはFacebookアプリで、ウェブブラウザ上でMicrosoft「Office」のファイルのアップロード・編集・共有ができるアプリ。

詳しい説明はこちらを参考にしてみてください。

こちらのぴーちゃんファイル、1ページが70メガ以上あるので、そんな大容量のファイル群をどうやってアップすればいいのか?
…と、ネットであれこれ探していたらこちらにたどりつきました。

同じようなやつでグーグルドライブっていうのもあったけど、何がどう違うのかわかんないwww

まだまだわからない所いっぱいあるけど、これ、使いこなせたら何かと便利かも。


ここ最近はゆるーくネットを徘徊するくらいで、全然ソフト関係勉強してなかったので完全に浦島太郎状態ORZ。
自分のサイトのトップページが編集できないのに絶望し、とりあえず今日はDocsをいじってみました。

今年はもう少しこういうの、勉強しようと思います。

最近頭の老化がヤバいことになってるから、少しでも歯止めをかけないとっ( ̄▽ ̄;)。
b0025301_23305455.png
それでは皆様、今年もよろしくお願いします。


[PR]
# by satoka07 | 2017-01-05 23:42 | memo | Comments(4)
b0025301_11334704.jpg

とうとうあと少しで2016年が終わります。


なんだかんだと個人的にいろいろあった2016年―――




今年は…いい年だった!


私にとって今年は 本当にいい年だった!!


ただただ感謝しかないです。

贔屓の球団が優勝するだけでこんなに幸せな気分になれるなんて、すごいことだと思います。
9月あたりはあまりに嬉しくて、気がついたらスーパーで鼻歌歌ってるし(笑)。
なんだかみんな、街全体が浮ついてるの。

b0025301_15582882.jpg
@近所のガソリンスタンド



広島の街はすごかった…
街が真っ赤に染まってて、普通に歩いてるだけでそれゆけカープが聞こえてくる。

b0025301_15555535.jpg
@近所のスーパー



なんかね…本当に……夢を見てるみたいでした。


b0025301_11353977.jpg
パレードも行ったよ。

選手ミジンコだし黒田さんは反対側だし一瞬で通り過ぎたけど、すごく楽しかった。

そのときにもらった、お祝いの旗。

b0025301_11351088.jpg

これ…意外と、どんな優勝記念グッズよりもよかったです。

この旗を見るたびに、優勝パレードのことを思い出して幸せな気分になるの。
今もこれを見てると嬉しくなる。




というわけで、スライリーさんに持たせてみました。

b0025301_11341696.jpg
これが…案外時間かかりました(;^ω^)。

身長約28cm。
最初の計画よりずいぶん大きくなって。

最初は座ってる状態で旗をもたせようと思ったのですが、なんかしっくりこなくて立たせることになり、それにさらに旗を持たせていると相当な存在感。。。
b0025301_12013168.jpg

モフモフ感を出すために紙ひもの先端をハサミで何回チョキチョキしたことか(;´Д`)。

b0025301_11342533.jpg
タテガミ、生え方がちょっと気に入らないのでまた修正するかも。



ちなみにこのスライリー、一応貯金箱としても利用できます。
b0025301_11343487.jpg
これで球場に行く資金を貯めようと思います( ー`дー´)キリッ。


b0025301_12114554.jpg

【作品サイズ】 身長約27 cm
【使用材料】 紙バンド手芸 兎屋




今年も1年ありがとうございました。

また来年もよろしくお願いします。




[PR]
# by satoka07 | 2016-12-27 22:44 | 造形モノ | Comments(0)

Horus

b0025301_21012746.jpg
前から作りたかったもの…古代エジプト神話の神々。

制作に入る前、どの神様を作るかかなり迷いました。
エジプト神話の登場人物はどれも個性的で面白い。
一番メジャーで作りやすそうなのはアヌビス(頭が黒い犬のやつ)だよなと思いつつ。
やっぱホルス。
ホルスに決定。

ところが…顔の部分が何回作ってもうまくいかないORZ。
壁画という二次元を、立体の三次元に変換するところから難航し、さらにハヤブサの顔って…他の猛禽類に比べてなんか違うのよ。頭の形とか目元が。

「?」
「???」
「???!?!?」

ってなりながら、悩みに悩んでハヤブサを画像検索してたら、驚愕の事実が判明。

なんとハヤブサって鷹とか鷲などの猛禽類よりも、インコやスズメのほうが遺伝子レベルでは近い生き物らしい。



…インコか!!
b0025301_23034084.jpg

それを見て激しく納得。
なんかホルスの顔って、猛禽類みたいな猛々しさや鋭さというよりも、ほののんと可愛い感じがするのよね。

「そうか今私が作ってるのはインコなんだ」と思いながら作っていたら、あっさり完成しました。

b0025301_23265648.jpg

ホルス――
エジプト神話に登場する、天空と太陽の神。

オシリスとイシスの子であり、父の敵であり叔父のセトを征伐する神話が特に有名。

有名なシンボル「ウジャトの目」とはホルスの目のことであり、「全てを見通す知恵」や「癒し・修復・再生」の象徴(シンボル)とされた。

b0025301_09411445.jpg
作品名 ―― Horus
【作品サイズ】 12××10×32cm
【使用材料】 紙バンド手芸 兎屋


~なないろnaクラフトでの展示、無事終了しました~



[PR]
# by satoka07 | 2016-12-02 19:34 | 造形モノ | Comments(8)

発送完了

b0025301_22304024.jpg
本日、なんっ…とかなないろへ作品発送が完了。

いや~~~~…今回は…やばかった…( ̄▽ ̄;)
もう今家の中ぐちゃぐちゃです。

そんなに大きいものでもないのに、「なんでこんなに時間かかるのよ!?」て感じで、気が遠くなるくらい一向に進まない。
一昨日くらいが一番ヤバかった。頭、本気でパルプンテ状態。
なんとか今日の午前中に梱包まで完了したけど。


よかった…間に合って…_| ̄|○



というわけでこちら、12月1日から開催される「なないろnaクラフト」にて展示予定です。


「なないろnaクラフト」

12月1日(木)~4日(日)

ギャラリーBUNROKU(大阪守口市)にて開催



作品の詳細についてはまた後日。

皆様是非お立ち寄りください。


[PR]
# by satoka07 | 2016-11-28 22:44 | イベント | Comments(4)
b0025301_12155524.jpg
今月末にある紙バンド教室の準備中、「これ、墨流しで作ったらどんな感じになるんだろう」とふと思い、早速作ってみる。

…や、決してキット作るのが嫌で現実逃避してるわけではありませんよっ!( ̄▽ ̄;)


墨流しのマーブル紙バンドとは、兎屋さんで販売されている特殊系紙バンド。

紙バンドに染料ではなく、顔料を使っているとのこと。
染料よりも何倍も退色の耐性があって、紙も強靭な紙を使用して製造されています。
とっても長持ちしそうなので、台所で使う小物入れとして制作。

実際に作って見ると


あれ?
この紙バンド…

完成したらめっちゃアンティーク風になる。

インテリア雑貨をDIYするときに、よく空き缶にサビ加工を施してアンティーク風に仕上げることってあるけど、これで編むだけでそのままアンティーク風のカゴに。

b0025301_14520863.jpg
以前、紙バンドでそういうの作りたくて、自分でアクリル絵の具で彩色仕上げしたことがあるのだけど↓
b0025301_14484154.jpg
これ、結構大変だったのよ…
しかもこれ1つ塗っただけで、トールペイント用の筆を一本だめにしましたORZ.


墨流しの紙バンド、こういうアンティーク風なかごを作るツールとして展開するのも面白いかもなとちょっと思いました。
ホワイトに薄い茶色とか、青緑色に茶色、焦げ茶に深い青…
結構アンティークな感じで、素敵なカゴが作れそう。


私が今回使った紙バンドは試作品なのでお店の方で販売されていないのですが、今はそのちょっと明るめの墨流しのグリーンが兎屋さんにて販売中です。→ 手芸用紙バンド兎屋
b0025301_15001800.jpg
この青緑バージョン、販売されてないのは残念だなぁ…

兎屋さんで販売されているカラーは他にうすざくら×紫やクリーム×水色など。
面白い素材なので、ごく普通の四角いカゴでもかなり面白い感じに仕上がりますよ。


b0025301_15080037.jpg

ああっ、ぴーちゃん、それは齧っちゃだめぇぇ…



[PR]
# by satoka07 | 2016-11-18 15:44 | memo | Comments(2)

手芸用の紙バンドで日々作っています


by さとか