【紙ひも実験】ワックスコードを作ってみる~前編

先日,epoさんのブログの記事で「1本取りに強度をもたせたいねー」っていう話になって。

で,前から試してみたいと思っていた実験をやってみました。

紙バンドを蝋引き加工。

ワックスコードってありますよね。
ビーズやアジアンノットで使用する,アクリル紐に蝋引き加工をした紐。
蝋引き加工しているので,滑りがよく締まりやすい。

でもって蝋を浸透させて,熱で定着させているのだから,少しは強度も上がるのでは??と。

用意したのは仏壇からかっぱらってきたろうそく2本。
φ0.7cm,長さ10cm。(重さ16g)
b0025301_1374259.jpg

紙バンドは兎屋さんの白,1m(12本どり)。

b0025301_1349426.jpg

レンジシートの上にカッターで細かく砕いたろうそくを平に並べる。
b0025301_13495516.jpg

アイロンの「低」でろうを溶かす。
(このとき,アイロン台は要らない布を敷いておく。でないと蝋が飛び散り,すごいことに。側に新聞紙を広げておくとなにかと便利でした)
b0025301_13515573.jpg

蝋が溶けたところでオーブンシートをそっとはがし,溶けた蝋の中に紙バンドを挟み,上からアイロン。
蝋が浸透して,白い紙バンドが半透明に変わってゆく。
そのままスライドさせて,最後まで蝋を浸透させてゆく。
b0025301_13524328.jpg

このままだと蝋がつきすぎているので,余分な蝋を取り除く。
オーブンシートの上にわら半紙(いらない紙ならなんでも可)を置き,その上に蝋引きした紙ひもを置き,わら半紙とオーブンシートで挟み,もう一度アイロンがけする。
b0025301_13565120.jpg

すると余分な蝋がわら半紙に吸着する。

熱いので新聞紙の上でそのまま放置して完成♪

蝋が余ったので,英字新聞を全く同じ手順で作ってみる。
これが…
b0025301_1425050.jpg

こうなります。
b0025301_143698.jpg


この英字新聞を見てもらったら分かると思うのですが,紙に蝋が浸透することにより,色が濃くなり,透明感が生まれます。少しぱりっと…硬くなる。
ラッピングに使ったり,ベーグルサンドなんかを包んだりするとお洒落。

さてこちらが仕上がった紙ひも。
b0025301_13575573.jpg

ちょっと画像では見えにくいですが,透明感が出て,ツルツル。
そしてコシがでてるので,こういうことができました。
b0025301_14777.jpg

1mの紙ひもが,立ちましたwww。

さて,次はこの蝋引き加工をした紙ひもで,マクラメ編みの小物を作ってみます。
b0025301_148033.jpg


--- 後編に続く ---
[PR]
by satoka07 | 2012-06-23 15:46 | いろいろ実験

手芸用の紙バンドで日々作っています


by さとか