Tokyo Days in ユメノツバサ ①

あーーー……うまっ☆
ごめんなさい,どなたから頂いたのかわからなくなっちゃってるのだけど,この凍らせたあとかき混ぜて食べるゼリーみたいなやつ,超うまっ!!!

熱く濃密な夏の8日間。
正直,どこから書いていいのかわからないくらい密度の高い日々だったのだけど。
ダンボールいっぱいに頂いたおやつに囲まれながら

この8日間を振り返ってみることにする。

--------------------------------
7月28日(月)
展示会前日,お昼すぎに東京入り。
ひさままさん,ゆうあさん,初日の搬入を手伝ってもらうことになっていたけろぴさんやninazo-さんと合流して打ち合わせ&ランチ。

お店で最終的な打ち合わせをしたあと,場所の確認も兼ねて市ヶ谷にある一口坂ギャラリィへ。
b0025301_17101238.jpg

ギャラリィはお休みなので,シャッターが閉まっていて中は確認できず。
私は一度も入ったことがないので,搬入は写真でイメージしているだけのぶっつけ本番。

こちらのギャラリィにはすぐ隣に24時間受付窓口のある郵便局があるの。
ほとんどの作品はこの郵便局に局留めにしてもらい,搬入の時にそこから作品を搬入することになってる。

隣の郵便局の位置まで確認したあと,ギャラリィから宿泊先のホテルへ。

これから7日間,連泊するホテル。
b0025301_18141182.jpg


目の前に東京ドーム。
b0025301_18143469.jpg


窓からの風景を見て,ひと目でこの部屋が気に入る。
ホテル選び,すごく悩んだけど
このホテルにしてよかった…


--------------------------------
7月29日(火)

展示会初日。
早朝,ギャラリィが開くと同時に郵便局から作品を搬入。
その数,ダンボール8個。
ありがたいことに郵便局から大きな台車を借りることができたので,大変だったけどそんなに時間はかからずに作品を搬入することができました。

そこからは上着脱いでタンクトップ一枚でとにかく展示の準備。
4時間あるから余裕でしょ…とか思っていたけど,全然甘かったです(;^ω^)。
「オープンまであと5分ですぅぅぅぅぅっっっっ…っ!!」て声が響いてきた時には頭のなか真っ白になっちゃいました。

しかも

どこかそこらへんに置いてあったはずの,私の白いブラウスがない。
どこをどう探してもブラウスがない。
半べそになりながらみんなにブラウスを探してもらっても見つからない。
初日から私,タンクトップ一枚な姿でお客様をお迎えしなければいけないの?

そうこうしているうちに,とうとう展示会オープンの12時が来てしまった。
b0025301_17464026.jpg


以降,私の記憶,飛び飛びです(笑)。

でもしばらくして私のブラウスが見つかったのだけは覚えてます,はい…


お近くの方やネットつながりで遠方からわざわざ来場してくださったかた,ほんとうに沢山のお客様でかなりの人口密度。
b0025301_18222514.jpg

そのあいだもひっきりなしに届く花,花,花…
b0025301_1754947.jpg

このたくさんのお花のお届け物は主にゆうあさん。
あのお花の量には圧倒されたな…
ゆうあさんの人脈の広さと,深さを改めて感じました。
ひさままさんのお教室の生徒さんからもすんごいお花
b0025301_17482467.jpg

もちろん,ネットの大切なお友達からも
b0025301_1835572.jpg


Shopのひとこま。
b0025301_22385987.jpg

展示会終了時にはほとんどの作品が完売でした。ありがとうございます。

b0025301_2242504.jpg

受付&ガラガラ抽選会コーナー。
うまく動くかな?っていうのが最大の心配だったのですが,なんとか破損もせずに活躍してくれました。

入り口のところにひさままさんのカラフルな動物コーナーがあって,通りがかりの親子連れがまずそこで足を止め,中に入ってくれたらお子様の方に「このアンケートに答えてくれたら,もれなくこのガラガラが一回回せるよ~~( ̄▽ ̄)」と誘うと,ほぼ100%でアンケートに答えてくれました(笑)。

b0025301_2251137.jpg

そんなこんなで,怒涛の展示会初日が終了。
お友達からいただいた横浜名物崎陽軒しうまいまんをハニワ状態でいただきながら,その日は就寝。

明日は恐怖のプチレッスンだー


---- つづく ----
[PR]
by satoka07 | 2014-08-07 23:06 | ユメノツバサ

手芸用の紙バンドで日々作っています


by さとか