焼いてみる。

「エコクラフト研究所」の時代から,いつかはやってみようと思っていた実験。
竹工芸の仕上げ,着色工程には「炭化」というものがあって,早い話が熱による炭化で着色する。その場合の炭化着色は温度150~155度,蒸気圧3~5kg/c㎡,時間30~40分。炭化処理のため,弾性や強度がかなり低下する…とある。(資料;『図説竹工芸―竹から工芸品まで』 佐藤 庄五郎 (著),共立出版)
圧力はかけられないので,まぁ天気のいい日にすればいいだろう…と,ふつうにオーブンで焼いてみる(爆)。

---- 予想 ----
☆ 実際はこの温度ではなかなか色がつかないんじゃないか??
☆ 発火して火事になることはないと思うけど,使用している木工用ボンドが発火したり溶解するのが心配

5月22日,気温22度,晴れ時々曇り
b0025301_1534534.jpg

用意したのはホワイトとナチュラルの小物2点。
b0025301_15371989.jpg

天板にアルミホイルを敷き,150度で30分,下の段に入れて焼く。
b0025301_15381845.jpg

万が一のことを考えて,水も用意(笑)。

【加熱開始 15分後】
気のせいか,なんか薬品の匂いがするような…???

【加熱開始 30分後】
b0025301_1545177.jpg

オーブンから出してみると,ホワイトはごくうすく,黄色がかっている。茶は変化なし。
触った感じは少し硬くなっているかな??気のせいかも。

で,これといって変化がなかったので今度は200度で20分,下の段で再加熱。
【再加熱 10分後】
なんか薬品というかビニールの焼けたような匂いがするような??
それから,なんとなく黄色っぽく,うすく茶色っぽくなってきた

【再加熱 15分後】
なんか匂いのせいで頭がくらくらしてきたような?
でもこれはただ単に昼食の腐ったトマトのせい??
色はかなり褐色みをおびてきた。裏側はどうなってるんだろう…。

【再加熱 20分後】
b0025301_15552618.jpg

焼き上がり~~♪(笑)
いやー,紙ひもから湯気がたっている姿,結構笑えます…(苦笑)。
b0025301_1665036.jpg

こちらホワイト。真ん中の写真は比較のためもとのホワイトテープを乗せて撮影。
かなりホワイトには色がのってきたけれど,オーブンの焼きムラが気になる。
b0025301_16151682.jpg

こちらは茶色。上に比較用の元のテープを配置して撮影。こっちも色がついてきたのがわかるようになってきた。おまけにツヤが出てきている??
ただ,こちらも焼きムラがある。

【焼きムラをぼかすために角度を変え200度で10分再加熱】
b0025301_16182390.jpg

かなりいいかんじでムラがなくなりました。
ただ,ビニールの焼けたような匂いは気のせいじゃなかった…。う,うう…なんか気持ち悪くて頭もクラクラするような気がする…(;´Д`)アワワワワ。
b0025301_17102541.jpg

よく観察してみると,ボンドを使ったところが部分的にこげていることが判明。
固くなったのも気のせいじゃなかった。結果,ものすごく固くなっている。柿渋並み。
うーんそうか,紙ひもは熱を加えると固くなるのね。これは新発見だわ。

≪ まとめ ≫
・ホワイトは加熱しすぎたかな?
150度,40分くらいで薄いアイボリーくらいにするのがちょうどいいかも

・茶色は200度で20分,角度を変えて10分再加熱くらいがベスト??

・茶色はかなりいいかんじの色になり,ツヤもすこし出て,かなりの強度が増した。
これって…もしかしたらニスの代わりになるかも!?Σ(゚Δ゚*)ウォッ!

※留意点1 … ボンドの部分だけよく焦げるので,ボンドの汚れは厳禁
※留意点2 … 焼くとき,もしかしたら有毒ガスみたいなものが出る?? 健康の為換気は必須

≪ 後日談 ≫
その後、もっとよく観察してみると、硬くなったのは主にボンドの部分であることが判明。
縁にボンドをたくさんつかっていたことにより、縁部分が強化され、少々踏んでもびくともしなくなったようだ。これは確認のため、ボンドをまったく使わずに作った作品と、ボンドを使って作った作品とを同時に焼いて比較する必要があるかも。


以上,役に立ったのか役に立たなかったのかイマイチはっきりしない実験でした。
[PR]
Commented by ちょこみるくてぃー at 2006-05-22 22:42 x
すすすごいことやってる~~Σ(`・д・ノ)!!
焼き色もついてなにやら湯気まで出たそうで・・・
これがお料理なら食べられそうだけど、臭いがすごいんですね。

色はつくし、固くなるし、ツヤは出るし・・なんか良さそう♪
留意点に気をつければ色むらも作品のいい味になったりして。

それにしてもまたまた網代編みのざるのようなものが!
中心から4方向に向かって編み目が違う???
奥が深すぎる、おそるべし網代。。。
これからもさとかさんの網代探求は続くのですね。
間違いなく脳も活性化されてますねv( ̄∇ ̄)尊敬しちゃいます。
Commented by Chikorin at 2006-05-22 23:17 x
いや~、こんどは「焼き」に入りましたか…。さすがじゃ~。
こう実験されてみると、そういや紙って焦げたらいい感じの色になるわいなぁぁ。
味のあるよい作品がまたまた生まれそうな予感ですなぁぁ。
次の実験はなんじゃろう…?ふふふ。
おっとボンド等が焦げたときのガスの成分、調べてみるわ~♪
Commented by chiakin at 2006-05-23 05:22 x
おはようございます!何故こんなに早いかというと、高校生の息子のお弁当をこれから作るためです・・・ でも、早すぎ・・・ 

これですか???実験とは!!!
紙を焼く発想はなかったです・・・ 燃える~~~としか考えられません。でも、強度が増すなんてすごい発見でしたね。
さとかさんの探求心はどこからくるの(@_@;)
でも、また次回を楽しみにしています~~~(*^_^*)
Commented by satoka07 at 2006-05-23 08:43
>ちょこみるくてぃーさん
加熱するとガッチガチに固くなるのは予想外でした。使い方によってはニスより楽だと思うので,追求する価値はあると思うのですが,使っているのが家のオーブンでしょう?カサの大きいものは文字通りこげると思うんですよねー(^^;)。陶芸用の,本格釜があればいいのですが。
ホワイトのあじろは四方あじろだったっけ…。正方形の箱を作るのだったら,斜めあじろの中でも一番簡単な部類に入ると思います。

>chikorinさん
これ,ずーっと前からやってみたかったんですよ…(笑)。本当に焦げるので,それを「味」にさせるのにはなかなか難しいところがあります(^^;)。
もうひとつやってみたい実験があって,そっちはもっとすごいです…壮大です…壮大すぎて手が出ません…(爆)。というか,どうしても手に入らない材料がひとつあって,とっかかれないんですよね~。昔使われていた材料だから他のもので代用しないといけないのが大変で…。

ところでボンドがこげた匂いの成分,ぜひ調べてみてください!!木工用ボンドは「酢酸系ビニル樹脂」なのでビニル…ビニール…と想像したのですが,もしかしたら大変な成分になっているかも…( ̄▽ ̄;)。
Commented by satoka07 at 2006-05-23 08:47
>chiakinさん
お弁当作り,ご苦労様です(笑)。いや~~,お弁当作りに5時起きですか。母の鑑!!
焼くのはずっと前からやりたかったんですよ。これに,あと高温バーナーで表面をあぶるというのもやってみたいし(笑)。ただ本気で火事になりそうなので屋外でやらなければ…。ちょっとご近所の目が気になるので,なかなか実行できないのが現実なんですけどね~(笑)。
私の探究心の源ですか??
ひとことでいうと「紙ひもで作ったものじゃないようなものが作りたい」からです(笑)。多分人に言わせると邪道街道まっしぐらですね,ハイ(^^;)。
Commented by at 2006-05-23 09:28 x
こちらでは、はじめまして。
エコdeバッグ交換会、お疲れ様でした。

も、もしかして、実験したい材料ってにかわ???
うちの主人の工場にあったりしますよ。
それでミニギターを作るらしい。
Commented by さとか at 2006-05-23 13:11 x
>泉さん
にかわ!いいですね~~、それもいつかは手に入れたい素材のひとつです(爆)。あ、でも膠はちょっとホネのあるホームセンターだったら売ってますよね(^^)。膠でミニギター作り…うおーーー、面白そうぅぅ…(;´Д`)ハアハア。
私が探しているのは「尿素系接着剤」です( ̄▽ ̄;)。昔は内装工事などでよく使われていた接着剤なのですが、ホルムアルデヒドを発生してシックハウス症候群の原因とされている接着剤。
なので日本のホームセンターではなっ…かなか、見つからないんですよ。全部酢酸系接着剤なので困っています。代替品で果たしてできるかどうか…。なかなか実現が難しいです。
Commented by まゆ at 2006-05-23 14:31 x
(〃ω〃) キャァ♪こんな実験立ち会いたい!
さとかさんすばらしい~!!パチ☆\\ ̄ー ̄)( ̄ー ̄//☆パチ
臭いんですね、におうのね、クラクラって、、大丈夫でしたか?
サイズは変わらなかったですか?

また実験してくださいね、ものすご~く楽しみです( ̄m ̄* )ムフッ♪
Commented by クラフトママ at 2006-05-23 15:51 x
はじめまして。
さとかさんの探究心あふれるブログ、いつも興味深く拝見しています。
しかし、焼いてみるとは凄い発想ですね。
これからもバンバン実験をこなして紙バンド手芸という分野を確かなものにしてください。
密かにですが応援しています。

Commented by さとか at 2006-05-23 19:51 x
>まゆさん
はい,ぜひ立ち会ってほしかったです(笑)。この,特に最初の頃の微妙な色の変化はなかなか写真で表すのは難しくて…。しかも時間差なので撮影場所も調理台の上という悪条件。実験が終わって写真を見たときには愕然としました(T▽T)。
サイズは全然縮むこともなく,変化なかったですよ。気持ち悪さは夜まで続きました(爆)。やはりこの実験はあまり他の方にはお勧めできません(^^;)。
あと,また眺めていて気がついたのですが,紙ひもに含まれるボンドの量で固さが変化するみたいです。ホワイトは紙ひも部分も含めかなり固くなりました。茶色はそんなに固くなっていません。テープによって固くなり方が違うようなので,これ,エコクラフトでやってみてもまた違うんじゃないかと思います。

>クラフトママさん
こちらこそはじめまして(^0^)。書き込みありがとうございます。
こう反応が返ってくると,気持ちが悪くなりながらも実験した甲斐があるというものです(笑)。でも,焼く実験自体はそんなに大したものではないんですよ~(^^;)。オーブンの前にはりついているだけですから(笑)。
夏になる前にやっておいたほうがいいと思って,予定を少し早めてしてみたのですが,結局1時間ははりついていたので早めにやっておいてよかったです(^^;)。気持ち悪い上に灼熱地獄じゃ,ほんとに倒れていたかもしれません( ̄▽ ̄;)。
Commented by ひさまま at 2006-05-23 20:10 x
実験待っていました!!今回は、焼いたんですか・・・・。発想がすばらしいです。万一のために水まで用意されて・・・(笑)
白のテープの焼き色がいい感じですね。でも、気持ち悪くなるほどのニオイ、エコクラフトも染料や接着材など化学薬品使っているのかしら?
石畳編みも焼いたらいい風合いが出そうですが、どうでしょう??
次回の実験も楽しみにしています。
Commented by さとか at 2006-05-24 08:13 x
>ひさままさん
そうなんですよ,久しぶりに実験をしてみました。あじろ編みばっかりやってたらいいかげん疲れるので(爆)。
まぁまさか火が出て消防車を呼ぶことはないと思っていたのですが,気持ち悪くなるのは警戒してませんでした(^^;)。今度は忘れず換気をしようと思います。
そーなんですよ,エコクラフトとかのボンドって,一体どんなボンドを使っているのか私も気になりました。あれからツラツラしらべてみるに,やはり尿素系接着剤はもうほとんど先進国では使用されていないようなので,普通に酢酸ビニル系かと思うのですが。
石畳編みのオーブン焼き!!それは考えていませんでした。あの編み方だとほとんど接着剤を使わないので,また実験結果が変わってくるかもしれません。うーん,考えれば考えるほど,再実験することが増えてきたなぁ…(笑)
名前
URL
削除用パスワード
by satoka07 | 2006-05-22 16:14 | いろいろ実験 | Comments(12)

手芸用の紙バンドで日々作っています


by さとか