なんちゃって籃胎漆器を作ろう! (その3)


≪ 警 告 ≫
~ 使用後のウエス(綿布)は自然発火する ~

使用した布や脱脂綿,塗膜の砥ぎカスなどそのまま放置すると,空気中の酸素と反応し,自然発火する恐れがあります。
・引火性の液体です
・有機溶剤中毒の恐れがあります


合成漆の説明書を開いてみると,大きく,でかでかと,この断り書きが目に入る。
そうか,自然発火するのか…。

というわけで,ここまで来た私は後戻りすることもできず,いよいよ漆の本塗りに入った。
まず,家中の掃除とほこりの除去。…すいません,これだけで2日かかりました…(爆)。
しかしほこりのできるだけでない環境というのはなかなか難しく,いろいろ悩んだ末,個室でほこりが一番でにくいであろうトイレで作業することに決定(爆)。
その後ほこりのでにくい旦那のウィンドブレーカーを着込み,道具と漆を塗った後に保管しておくダンボールを用意し,いよいよ開缶。
ぴゅわ~~~っと,有機溶剤の香りがトイレ中に立ち込める。
これは長時間作業していると倒れそうだ…。
あわててトイレの換気扇を入れる。

漆の薄め液,漆とも,初めての素材。アイスクリームのスプーンで混ぜていたら,明らかにアクリル絵の具などと比重が違うことに気がつく。なにかこぅ説明しがたいような「重さ」で,思わずうっかり旦那のパーカーに液をこぼしてしまった(爆)。ごめん旦那。
その間も有機溶剤が気化したものは容赦なくトイレ中に広がってゆき,死にそうになりながらとりあえず筆で塗る。
ねっとりと,でも軽く,ゆっくり塗らないと気泡が入る。
均一に塗るには結構それなりに技術がいるようで,トールペイントやっててよかった…とこのときほど思ったことはない。

塗っている途中,はたと気がついた。
私,裏側まで塗っちゃったけど……これってどうするよ。持つところないじゃん(爆)。
ゴム手袋をしながら作業していたのだけど,持っているところからペタペタペタペタ指紋が跡になってゆく。うぎゃーーーー
塗った後ダンボールに入れながら「…底の部分,ダンボールにひっついてはげるだろうな…」と思いながら塗りを終了。
で,その後ものすごく困ったのがその後始末。余った漆をさすがにそのまま流しに流すわけにもいかないし…と,とりあえず水を入れて薄めてみようと思ったのが運の付き。
合成漆,油性でした……(T▽T)。
有機溶剤と油と石鹸と水にまみれながら清掃終了。ほとんど半泣き状態。
手には無数の漆の跡。お願い,かぶれないでくれ…と神様に願いながら経過を待つ。

そして6時間後。恐る恐る箱から出してみたのがこちら
b0025301_11375341.jpg

うぬ,まぁ初回塗りなんてこんなもんだろう…。

それはいいのだけれど,掃除のために使ったキッチンペーパーの処理には困った。
うっかりゴミ箱に捨て,そのまま買い物に行った後,思い出さなくていいのにそのことに気がつき,家に帰ったら火事になっていたらどうしようと胃に穴が開きそうになった(爆)。
幸い火事にはならなかったけど,合成漆,なかなかあなどれません……。

長くなったので本塗りの続きは次号に続く。
今現在,本塗り3回目に突入中。

≪付記≫
ちなみにこの合成漆は一応かぶれないことが判明。
ただ,うるしの薄め液は皮膚につくとかぶれる恐れアリ,とある。
ちなみに私の場合は,すこしだけ,なぁ~~んとなく,ちょっと手の表面がひりっとしたような感じがしました。
で,この手についた漆,なかなかとれましぇん。爪の間に入るのが大変で,一日経ったらなんとかとれたけど,また翌日漆塗りなので結局ずっと手に漆がついてます。
[PR]
Commented by at 2006-06-09 13:30 x
さとかさん、こんにちは。

さとかさんが言われていた手に入れたい物って、漆だったのですか!!こればかりは、頭に浮かびながらも「まさかね、、」と、
却下したものでした。
本当になんでもチャレンジされて、尊敬しちゃいます。

この話を主人にしたら、本漆を買って職場でいろいろと塗っちゃいそうだし、肌が弱い人だからさとかさんのこの実験だけは話さないようにしとかなければ、、。前、ちらっと
「漆って作業が大変そうだけど、興味がある、、」
と、言っていたからなおさらだ〜
Commented by satoka07 at 2006-06-09 14:49
>泉さん
漆は東急ハンズで割合簡単に手に入るそうなんですけど,下地固めの尿素系接着剤がなかったんです~(^^;)。仕方ないので柿渋で代用しましたが,やっぱりイマイチ…。お金をかけたらほんとはもっと簡単にできるはずなんですけどね(^^;)。
で,今のところは比較的簡単に固まってくれる合成漆で実験をしていますが,これでも相当苦労してます。これが本物の生漆だったら…と思うと,結構ぞっとします(^^;)。
あ,でも,楽しいっちゃあ楽しい………か…な……?(^^;)
匂いはすごいし手間はかかるし,ほんととんでもないものなんですが,触った感触……すごいですよ(^^)。
まだ作成途中ですが,手触りは明らかに紙ひもを超えてます。
これ,本物の漆だったらもっとすごいんだろうな…と思うと,いつかはかぶれまみれになってもいいからやってみたいと思いました。
Commented by まゆ at 2006-06-12 14:54 x
さとかさん凄い!
お疲れ様です!毎回素敵な実験で楽しませてくれてありがとう~です!!
とてもエコとは思えないですね!実物を見てみたいです。回覧してくださいませんか~^^
近くだったらお手伝いに行きたい所です!
3回目を塗ったらもっと素敵になるんだろうな♪
匂いって、有毒なガスとかは出てないんですよね?倒れないようにしてくださいね!
自然発火しなくてよかったですね(^^;
Commented by さとか at 2006-06-13 14:00 x
まゆさんこんにちは(^^)。今回の実験は疲れます…。やればやるほど「こうすればよかった」っていうのが出てきて(^^;)。回覧ですか?いいですよ。軽いので普通郵便の定形外で送れるだろうし(笑)。
近くだったらぜひお手伝いしてほしいです。でもこの合成漆とペイント薄め液,多分有毒なガス…なんじゃないかなぁ…(爆)。ほら,一言で言うとベンジンみたいな香りです。有機溶剤~…って匂いで,換気しながらじゃないとほんと倒れそうです。でも通気性の良いところだとほこりが立つっていうジレンマがあって,今日は風が強かったので窓を締めて作業しました。短時間で処理したのでなんとか生きていますが,これ,大物だったら無理だな…。
名前
URL
削除用パスワード
by satoka07 | 2006-06-09 11:12 | いろいろ実験 | Comments(4)

手芸用の紙バンドで日々作っています


by さとか