なんちゃって籃胎漆器を作ろう! (その4)

というわけで,前回の失敗をふまえ,その後も重ね塗りの毎日。

まず早朝,内側を1回塗る。
6時間経過したお昼の3時ごろ,外側を1回塗る。
完全に乾いたであろう翌日,1000番のやすりでやすりがけ。
これをあと3回,繰り返す。

…しかし本にはかならず塗ったあとヤスリで研磨…とあるのだけれど,これ,なんでやるんでしょうね。イマイチその理由がわからない。

とりあえず前回1回目の塗りを1000番のサンドペーパーでヤスリがけしたのがこちら
b0025301_1256447.jpg

……うーーーん,はっきりいってよくわからない(爆)。
ちょっとだけ,編み目がはっきりしてきた…かな…??
しかしヤスリの角が当たって,一部塗りの部分がはげてしまった(号泣)。

ということで,本塗り2回目。今回は「鎌倉赤」で塗る。
翌日まで乾燥させたものがこちら。
b0025301_12584896.jpg

ガサガサしていたものが,だいぶツルツルしてきた。ちょっと漆っぽくなってきたかな??
b0025301_902728.jpg

本塗り3回目。
もういちど鎌倉赤で重ね塗り。手触りもすべすべして,かなりいいかんじになってきた。
この段階で塗る時に気泡がとても出てくるのが気になって,耐水ペーパー2000番でやすりがけ。
しかし無駄に塗りを削ってしまった。上の部分の塗りが削れて,下地や黒の漆が見えてきた。うーむ,これはこのまま塗るとまずいんじゃないだろうか…と,仕方なくもう一度その上から塗る。

b0025301_1335792.jpg

本塗り4回目。透明に少量の黒を上塗りしたところ。
鎌倉赤だけよりか色に深みが増した。

ここで最大の決断を迫られる。
塗りとしてはもう充分に塗れていると思う。
本当の予定では,ここで耐水ペーパーで編み目を研ぎ出し,最後にもう一度仕上げ塗り(透明)をして完成なのだけど。

今の段階で,もう充分下の塗りの編み目は見えているし,色もそれなりにいい感じで乗っている。これにまた本塗り3回目の失敗を繰り返すリスクを犯し,あえてヤスリがけするか。
それとも,この段階ですべての工程を完了し,完成品とするか。
漆のスーパーアドバイザー,藤田さん曰く「合成漆だったら塗りは3回で充分」とのこと。

どうしよう。
やめようか,それともこのまま続行するか……。
悩む,非常に悩む。
[PR]
Commented by ココるん♪ at 2006-06-15 00:02 x
こんにちは! 今日は私のブログにご訪問&コメントをいただき、どうもありがとうございました。

それにしてもさとかさんの実験は私には思いつかないことばかり。
これほどの豊富なアイデアと、探求心は誰にもまねできないことでしょう。 お邪魔するたび、驚きと感心の連続です。

今回の実験は心は決まりましたか? 
今後の行方も楽しみにしています♪

Commented by さとか at 2006-06-15 14:59 x
>ココるん♪さん
いらっしゃいませ~~(^^)。実験は相変わらず悩んでいます(^^;)。もしかしたら外側部分だけ実験を続行するかもしれません。これが正と出るか邪と出るかが問題なんですが…。
多分次回が最終レポートです。今管理ページを見ていたら,ちょうど次で投稿記事100件目。100回記念にはちょうどよかったかもしれません(笑)。次回もお楽しみに~~
名前
URL
削除用パスワード
by satoka07 | 2006-06-09 12:59 | いろいろ実験 | Comments(2)

手芸用の紙バンドで日々作っています


by さとか