なんちゃって籃胎漆器を作ろう! (その5・最終回)

悩みに悩んだ末,塗りムラが気になる「外側」だけ実験を続行することに決定。
b0025301_10563017.jpg

これに,耐水ペーパーでヤスリがけしたものがこちら↓
b0025301_1057547.jpg

塗りをはがし過ぎないように細心の注意を払いながら作業。
これでもう後にはひけなくなりました(笑)。
b0025301_1057534.jpg

仕上げ塗りで透明の漆を塗ったところ。
透明の漆は塗りムラが出ないので一番塗りやすかった。
裏と表を比較してみると,やはりもう一段階厚く塗っている裏側のほうが,微妙に強度があるような気がする。見た目もほとんど変わらないが,裏側のほうが微妙に透明感がある。

というわけで,ここで作業完了!!!
本当はこのあとコンパウンドで磨きをかける作業をする予定だったのだけど,もう,じゅーーーーぶん,ピカピカになっています。これ以上はいらんだろう…

ということで,最終的に完成したのがこちらです。
b0025301_1103392.jpg

作業している途中,「そういえばこういうこともできるんだ…」ということに気がつきました。
b0025301_1124430.jpg

完全に耐水性。
紙ひもで作った器に花が生けられている…。
苦労が多かった分,感無量でした。

≪実験結果まとめ≫
・今回は柿渋で素地固めをしたけれどもうひとつ強度が出なかったので,次回は漆+ペイント薄め液でやってみたらいいかも

・最大の困難が付きまとった「目止め」。これはもっと研究する必要あり。たぶんとの粉に柿渋を混ぜなくても,普通の水で充分かもしれない。目止めは1回だけにし,その分やすりがけを丁寧にした後うるしの下地剤を塗ったら大丈夫なのでは??

・今回は「黒→赤→赤→透明+黒→透明」と6回も塗ったけど,最初の素地固めで黒を使った後,「赤→赤→透明+黒」の3回で充分かも。

・今回の器はそんなに大きいものではなかったのでなんとかなったけど,もう少し大きいものだともっと大変だろうと思われる。これは練習をつんで慣れるしかないか…。

・こうやって改めて持ってみると,6回も重ね塗りしている割には本当に軽い。次回の実験では作業前と後でどのくらい重さの変化があるのか記録してみよう…

ちなみにこの実験,下調べに約一ヶ月,実験は少しずつ作業しながらほぼ毎日10日間,材料と道具代で約1万円くらいかかっています。
これが本物の漆だったら………(;´Д`) ガクガクブルブル。

なるほど,お店においてある本物の漆の器が高いわけだ。
[PR]
Commented by りえこ at 2006-06-16 12:28 x
実験お疲れ様でした
毎回楽しみで来てました
とても紙ひもとは思えない出来上がりですね
本物の漆器みたいです
お花が生けれるなんて、凄い!!


Commented by chiakin at 2006-06-16 14:26 x
さとかさん!すごい!クラフトココさんのとこから飛んできましたよ~~!
さすがに手がかかってるだけあって、ピカピカで耐水器に変身なんて、紙から想像出来ないですよ!
バック作って、雨の日はどうのこうの言ってる場合じゃないよ!って感動してしまった(ToT) さとかさんの探求心と行動力には人の心を動かす何かがありますね! 今度はどんな実験を考えてるのか・・・ 知りたい!
これからも頑張ってくださいね!
Commented by まゆ at 2006-06-16 14:42 x
さとかさんお疲れ様でした!
下調べに約1ヶ月、、o(´^`)o ウーすごい
材料費に約1万・・・、ほんとお疲れ様です(o*。_。)oペコッ
有毒ガス?中毒にならなくてよかった^^
つやつやピカピカ綺麗です!色も深みがあって素敵!
お花も綺麗^^
Commented by Chikorin at 2006-06-16 15:06 x
お疲れ様でした~♪
あの素焼きがここまでぴかぴかになったとは…!!
今度お会いしたときには実物が見られる…かな???
お花を浮かべられるなんてすごいなぁぁぁ。
また新たな可能性の扉が開いた…ねっ。
Commented by さとか at 2006-06-16 18:34 x
>りえこさん
楽しんでいただけましたか?Σ(゚Δ゚*)ウォッ!よかった、これで少しは苦労した甲斐があったというものです(笑)。出来上がりはまだまだ拙いものですが、まぁ初めてだからこんなものかなぁというかんじです(^^;)。

>chiakinさん
はい、ぴっかぴかの耐水性だけは自慢できることかもしれません(笑)。紙ひもに…見えませんねぇ…どう見ても。多分漆の質感がそう思わせるんだと思います。よく見たら一本一本のすじが見えていて、確かに紙ひもなんですが。表面の質感でこうも違うのかというのだけはよく分かったので、やっぱり実験してみてよかったです。

>まゆさん
材料費は結構きましたねぇ…( ̄▽ ̄;)。元がとれたどうかはイマイチよくわかりませんが、ほんと中毒にならなくて良かった…(汗)。まだ匂いはきついですが、1ヶ月もすれば匂いもとぶそうです。

>chikorinさん
そうそう、あの素焼きから比べてみるとずいぶん雰囲気が違うでしょう?(^^)実物、ぜひお見せしたいです(笑)。新たな可能性かぁ…。なにかこれが今後の作品に利用できたら言うことないですが………正直、あまりなさそう…(爆)。
Commented by アプミン at 2006-06-17 08:48 x
すごすぎる。。。
その一言につきます。
さとかさん、本当にどんどん深い世界に入っていってしまって、手が届かないわ~・・・
お願い、戻ってきて(笑)

それにしても、この一連の作業、誰もマネはできないと思うわ。
一度、実物を見て見たい!
Commented by さとか at 2006-06-18 11:10 x
>アプさん
はい,も~~~,元の世界に戻ろうと思います(笑)。あ,もちろん時間を見てまだこれはこれで研究するつもりですけどね(^^;)。
我ながらマニアックだなぁと思いつつ,この世界,けっ…こう,ハマります(笑)。誰か他にもやってくれないかなぁとかなり詳しく工程を紹介したつもりなのですが,……やっぱり誰もやらないだろうなぁ…(苦笑)。
目止めをして2時間かけてやすりをかけているとき,「今,世界広しといえども,紙ひもで籃胎漆器を作ろうとしているヤツは私だけかもしれない…」と思ったらつい一人で苦笑してしまいました。
実物みたい??今度の夏,もーーしーーかーしたら,アプさんちの近くまで行くかもしれないので,もしも行くことがあったら持っていくわ~(^0^)。
Commented by mao at 2006-06-22 18:49 x
さとかさん、お疲れ様♪
紙の器に水が入っている!!この驚愕の事実に思わずコメントをしてしまいました!! インパクト大です。
なんだか職人さんチックで格好いいですね。
次の実験はいったい・・・・・ 楽しみにしてます。ふふふふ
Commented by さとか at 2006-06-22 21:17 x
>maoさん
あははは,驚愕の事実っていうの,いいですね(笑)。
確かにまさか紙ひもの器で水が汲めるっていうのは今までない事象だったかもしれませんが,手間をかければこういうこともできるかな,と…。
次の実験ですか??いやもうほんとにしばらくいいです(爆)。
Commented by けいこっち at 2006-06-23 06:13 x
エココレ掲載おめでとうございます。

いつも読み逃げばかりで<m(__)m>
実験は興味深く拝見しています。

何度も工程を重ねて・・・お疲れ様でした。
とても紙とは思えない
重厚感のある仕上がりになりましたね。

次の実験、とっても楽しみです♪
Commented by しょろ at 2006-06-24 00:52 x
エココレ掲載おめでと~!

↑同じく、ほぼ読み逃げしてます。A(^_^;)
色々な実験をさとかちゃんがやってくれるので「成る程。」と、メモってます。

ふと思ったんだけど、匂いキツイ系は冬にやるってのは??
暑さ&匂いとダブルパンチよりはイイかも。。。。。
ということで、次の実験楽しみにしてます♪
Commented by さとか at 2006-06-24 11:43 x
>けいこっちさん
ありがとうございますぅ(〃▽〃)。
これの実験はまだまだ改良の余地アリ,というかんじかな~(^^;)。
今にして思うと,あと2・3工程は省略できるような気がしています。
質感は,仕上げの素材によってこうも違うのか…っていうかんじです。あぁお近くだったらお見せしに行くんですけどねぇ…(笑)。

>しょろさん
しょろさんもエココレ掲載おめでとうございます~~(^^)。

匂いですが,確かに真夏はやめといたほうがいいかもしれません…(^^;)。あ,でも私の漆スーパーアドバイザー@フジタさんによると,「そりゃー窓開けてやらんと倒れるでぇ~」だそうです(^^;)。「わしなんか後ろから扇風機かけながらやるし」ともおっしゃっていたので,換気は必須条件みたい。しかしなぁ…そうするとホコリがたつんだよなぁ…(泣)。


今の季節は本物の漆に最適なんだけどなぁ…。しかしなぁ…カブレがなぁ………。

名前
URL
削除用パスワード
by satoka07 | 2006-06-16 11:00 | いろいろ実験 | Comments(12)

手芸用の紙バンドで日々作っています


by さとか