竹工芸品を訪ねて~別府修学旅行(その2)

竹未来館
「ギャラリー貴嶋」から別府駅に戻る途中,別府国際観光港前にある別府交通センター館内に新しく竹工芸の展示場所があるとku-yanさんから聞き,ちょっと立ち寄ってみることに。入り口は分かりづらいですが,すす竹の展示からかごの編み方などが意外と(!?)詳しく展示されていました。
ここで竹工芸品を実演販売されていた,清水貴之さんとしばらく話し込む(爆)。
名工の作品を鑑賞するのもいいですが,やっぱり実際に活動されている工芸家の方のナマなお話というのは非常に面白くて,なおかつ実際に竹を裂いて箸置きを作るところまで見学することができたので非常に貴重な体験でした。
しかもいままでどーしても作れなかった輪弧編みの謎も解明。うおぉぉぉ,そーか,こういうものを使っていたのかあっっっ!!

もともと全然立ち寄る予定はなかったのですが,この旅で一番面白くてためになる経験でした。
b0025301_1333541.jpg

こちら私のお気に入りの「ンモーちゃん」。あぁ,好きだわ…こういう作品。
ちなみにこのンモーちゃん,すべてあじろで編まれています。なのに多面体…どうなっているんだろう。

大分市立美術館
こちらには生野祥雲斎氏の作品が展示されているというので,最後に駆け足でまわりました。
なにせ前の「竹未来館」で話し込んじゃったので(爆),時間がないない…('A`)
今回の企画展は「祥雲斎と写真家 大崎聡明」
祥雲斎氏といえば写真家の大崎聡明…といわれるくらい二人の関係は密接だったようですが,今回の企画はその写真とそれにまつわる作品を展示されていました。
でも意外と展示数が少なかった…('A`)。5点も展示していたのかな~。電車とタクシー乗り継いで行くにはちょっと…アレだったかも…( ̄▽ ̄;)。あはあは

この段階で大分,タイムアップ。
もー時間いっぱいいっぱいでした。
とにかくすばらしい竹工芸品が目白押しで,地獄めぐりのときにふらっと立ち寄った竹工芸のお店の中にも伝統工芸士の作品がお店の奥にさりげなく置いてある…ということも経験しました。そういう作家モノはやっぱりしっかりとしたお値段ですが(爆),無名の竹工芸品なんて安い安い…( ̄▽ ̄;)。別府で活躍されている作家さんの多さ,厚みを肌で体験できました。非常にいい経験だったです。

でもこれでもまだ全然回りきれなかった…。
初日の「別府市竹細工伝統産業会館」では資料室や映像の閲覧をするのを忘れてたし(爆),二日目の「ギャラリー貴嶋」はどうやら2階まであったらしい…(←1階を見るだけで帰った)。
展示期間から外れていたので「大分県立芸術会館」も行かなかったし,今調べてみると私の大好きな作家さん,安倍基氏の工房も別府駅のすぐ近くにあるみたいだった。なんともはやはや…

帰りの大分駅ではたと気がつきました。
いかに素材の美しさを引き出すのが大事なことか。
思うに,竹工芸品がいかにすばらしくても,それをそのまま真似してもだめなのよね…。
紙ひもでしか表せない,紙ひもの美しさ。
まだまだ勉強することはたくさんあるな,うん。
[PR]
Commented by アプミン at 2006-11-29 10:04 x
おお~、UPされてますなぁ。。。
ワタシも日記にダラダラと書いていますが、
なんだか疲れてしまいました(笑)

さて、伝統産業会館でのビデオの件、後でパンフ見たら書いてありましたねぇ~!帰ってからよく読んで知りました(爆)
ヘンなおじさんに捕まってしまって話を聞いてた時間に見られたかも・・・。
個人なら「体験」も予約なしでOKだったらしいし・・・。
さぁ、もう一回行かねば?!o(〃^^〃)oあははっ

ところでね、清水さんの見せてもらったあのカゴ。
HPで見たら、23100円。。。!!
結構なお値段でしたねw(*゚o゚*)w
Commented by さとか at 2006-11-29 12:01 x
アプミンさんも旅の記録ご苦労様です(笑)。
伝統産業会館は大変惜しいことをしました。映像,見たかった~~…。
こんなときじゃないと見れなかったのにね~(^^;)。
清水さんのかご,それくらいか~。でも地獄めぐりのときのあの籠が銘なしで1万6千円だったから,まぁそれくらいだろうねー。でも10年もつのなら一年2310円…。そう考えると安いと思わなくもないです。
Commented by 幸雲 at 2006-11-30 23:29 x
別府に行ってこられたのですね。いいですね。私はまだ行ったことがありません。別府には竹細工の学校があるそうです。私のブログにも大分で竹細工に取り組んでおられる方のブログがありますので、のぞいてみて下さい。

さて、足早にあちこち見学されてこられたようですが、”ンモーちゃん”はなかなか味があっていいですね。私も機会があったらぜひ行ってみたいと思いました。
Commented by さとか at 2006-12-01 09:36 x
>幸雲さん
そうなんですよ,旅のお楽しみ(温泉・グルメ)は別のブログに書くことにして,こちらでは別府の竹細工を見に行こうと思っている方の参考になれば…という思いで書いています(^^)。
いやー,ほんと,ものすごく堪能できましたよ~(n‘∀‘)η
竹工芸のお店を回るのもたのしかったです。お店のおじさんもさすがプロの目利きなので,ただおしゃべりするだけでも勉強になりました。
今開催されている「伝統工芸館」の「平原竹瑞 竹芸70年展」もすごかった…。
別府はさすがに屈指の観光地なので,奥様と子供は温泉とアクアビート,お父さんはちょっと竹の見学…というのもアリではないかと思います(^^)。幸雲さんもぜひ,別府へ!!!
Commented by ゆうあ at 2006-12-01 23:06 x
旅行記UP、お疲れ様でした~!
別府にこんなすごいところがあるなんて知りませんでした!
私実家が長崎なんで、来年の夏帰省のついでに行こうか、もう本気で
考え出したりして・・・。
ダンナと子どもをアフリカンサファリに追いやったら行けるかも!とか・・・。
紙ひもの美しさ・・・。さとかさんはどんどんいろんなことを吸収して極めていくんでしょうね。交換会のバスケットも憧れます!モニターにかじりついてみてしまいました。私まだあじろ未経験なんで、簡単なのからぜひチャレンジしてみたいです。でも最初は撃沈かな?
Commented by さとか at 2006-12-04 08:32 x
>ゆうあさん
別府といえば温泉&地獄めぐりがメジャーですが、なかなかどうして竹工芸もすごいところでした(^^;)。
ご実家が長崎ですか!だったら車でもJRでもOKですね!(^^)
もしも車の場合は九住高原&黒川温泉もいいらしいですよ(←伝統産業館の職員さんがお勧めしていた)。

あじろ編みは一度ハマると病み付きになります(笑)。太さや色を変えると可能性は無限…。ほんと止められません(笑)。
名前
URL
削除用パスワード
by satoka07 | 2006-11-27 13:13 | Comments(6)

手芸用の紙バンドで日々作っています


by さとか