輪弧編みその後

b0025301_18383712.jpg
で、前回竹でやってみた輪弧編み。最後縁の始末に悩んでリタイヤしたのだけれど、もう一度思い直して紙紐で再チャレンジしてみることにした。エコクラフト
今回はとにかく輪弧口の始末の勉強ということで、底部分はごく普通の菊底編み。
ええと二本飛ばして脇に流し、一本向こうの穴の中にいれて…と。
b0025301_22341567.jpg

うぬ?しかしこの縁の始末、籐工芸でよく見るアレじゃないのか??
いちおうきれいに収まってるけど、そもそも形状が違うし(爆)。
b0025301_230541.jpg

「あ~ら~ま~~」と思いながら持ち手をつけたところ。
今回は竹工一千年(?)の英知に敬意を表して、かなり竹を意識したデザインで花籠を作ってみました。
b0025301_18324415.jpg

持ち手側面。上からくの字結び、虫かがり。
この虫かがり、ずっとできずにいたのですが、はたと気がつけば実は簡単でした(^^;)。この編み方、すごく楽しい…このまま3メートルくらい編み続けられるような気がする…。

ちなみに以前別府で買った花籠はこの縁の始末とは違う編み方で作ってあるのがはっきりしました(爆)。やっぱり見れば見るほどすごいのよ…(;´Д`)ハアハア。
その話はまた長くなるので次の機会に。エコクラフト
[PR]
Commented by 幸雲 at 2006-12-26 22:20 x
さとかさん。輪弧口かどうかは別にして綺麗な籠ですね。手の虫かがりなど、まさに竹工芸ですよ。竹の籠に見えるのが不思議です。
 口の処理なのですが、 別府の籠の底などがよく分からないのでわかりません。しかし、さとかさんの今回の籠は形状がよく似ています。私のとさとかさんの始末の違いは、「…一本向こうの穴の中にいれて…と。」いうところです。
私のは5本目と6本目(立ち竹の本数にもよりますが)の間にいれます。次の立ち竹も同様。一周してくると、次に入れるところはすでに曲がっていますから、内側からその下へくぐらせます。一周すると輪弧が出来ています。この時点で立ち竹は全て外へ出ていますから、6本目の立ち竹をくぐらせて、ザル編みにした部分に差し込んで終わっています。
言葉で書くと難しいですね。
 
Commented by さとか at 2006-12-27 11:45 x
>幸雲さん
はい、相変わらず輪弧口と格闘している日々です(笑)。
今回の上の縁の始末はまったくボンドを使っていないので、直そうと思えばほどいて編みなおせるのですが、ここまで出来上がっちゃった花籠をあえて分解するかするまいか…と現在悩んでいるところです(^^;)。
………∑(゚ロ゚〃)ハッ!
そうか!!5本目と6本目の間ならたしかにそんなかんじで収まるかも!!!
となると今回の花籠では致命的に長さが足りないのでやっぱり作り直しか…( ̄▽ ̄;)。頑張ります~~
Commented by 幸雲 at 2006-12-28 23:31 x
さとかさん。応援しています。
この籠はこのままでも素敵ですので、次回の成功を楽しみにしています。改めて、自分の書いた文章をみたら、書いたつもりの文章が飛んでたりして、わかりにくいものとなっていました。すみません。
Commented by アプミン at 2006-12-29 09:24 x
お元気ですか?
やっぱりいろいろとすごいことをやっていますね~!!
やっと遊びにこれるようになったのですが、PCが不調になり、だましだましやっております。
写真もまた後ほど。。。m(_ _"m)ペコリ
相変わらず、紙ひもには触れてないワタシです( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
Commented by chiakin at 2006-12-29 17:26 x
今年もあとわずかですね~ さとかさんのHPにおじゃまするようになり、エコの事も編みぐるみの事も、いろ~んな手作り工芸の事を知ることができて、おもっきり楽しいです(^o^)/ このカゴも素敵ですね~~~!

今年、ブログやってみようかな~と考えてはみたものの・・・更新できない自分が想像できるので、やっぱり来年もダメかなぁ・・・

今は長男が大学受験で苦しんでるので、暢気なわたしも気持ちが落ちつかないです。予備校にも通っているの・・・31日に模試があるの・・・
ず~っとお弁当作りしています(ToT) 来年良い年になると良いな~!そして、春には次男が中3になり、また受験生なんですよ~(@_@;)
これが私の正念場なのかもしれない・・・ 

エコで気分転換をして、乗り越えます!やっぱりがんばろー自分!
さとかさん、来年もさらによろしくね~(^_-)-☆
2007年も素敵な一年になりますように~♪
Commented by satoka07 at 2006-12-30 20:27
>幸雲さん
ありがとうございます。がんばります!!
…といっても輪弧編みは来年持ち越しになりそう…(^^;)。
今は六つ目でやっているのですが、できそうでできない…(;´Д`)。
「これは六つ目底だからかなぁ…」と思っていたのですが、先日図書館から借りてきた「消える籠職人」では…ありますね。六つ目底輪弧口の籠が…。
しかしこの本、楽しみにしていたのですがなかなか読めません…(T▽T)。お正月に読めるかな??
Commented by satoka07 at 2006-12-30 20:32
>アプミンさん
はいっ、元気です!先日はせっかくメールくれたのにごめんね(^^;)。
私のほうの写真は…すいません、冬休みが終わってから送ります…( ̄▽ ̄;)。
紙紐は触ってます…なんとか明日までにできないか…できるか……かなり微妙なところです(^^;)。大掃除も気になるけれど、このやりかけのこれも…あああああ…(←ほとんど壊れかけ)
Commented by satoka07 at 2006-12-30 20:38
>chiakinさん
ひゃ~、大学受験で高校受験…。なんだか聞いただけで神経が参りそうですね…。
ずっとお弁当作りと聞いただけで私はヘナヘナしてしまいます(^^;)。
やっぱりこれはあれだ!キャラ弁と太巻きで桜の花を作るしかありませんねっ!(爆)

…すいませんあんまり役に立たなくて…(;´Д`)
Commented by 幸雲 at 2007-01-10 23:47 x
輪弧の編み方紹介したところがありましたので、紹介記事かきました。参考までに私の紹介記事をリンクしておきます。
http://kounsai.cocolog-nifty.com/bamboo_baskets/2007/01/post_9d5a.html
Commented by さとか at 2007-01-11 16:56 x
>幸雲さん
うわっ、すごい、本当だ、説明してある~~~~~!!!(驚愕)
こちらのサイト、別府へ行く前にも確かにチェックしたはずなのですが、輪弧編みの作り方は気がつかなかったなぁ…(^^;)。
なんだか以前に比べて微妙にリニューアルされているような気がするのですが気のせいかしら。

ああでも本当にありがとうございます!(^0^)
例の別府のお土産の花籠はこの輪弧編みから立ち上げ、最後も輪弧で始末してあります。裏返した底の部分には驚愕の事実が隠されていました(笑)。またこれもいつか詳しく説明の記事を書いてみたいと思っています。
貴重な情報、ありがとうございました!(^0^)
Commented by 幸雲 at 2007-01-11 22:26 x
実は、私も刺激をうけて、さとかさんの土産の花籠と同じものを作りたいと思って、挑戦してみたのですが、裏側の編みがうまくいかずに探していたのでした。おそらく同じヒゴ同士を輪にして同様に輪弧を組んでいくのだと想像したのですが、どうもうまくいきません。底の部分は穴をふさぐようにしているのかな。実物の底がみてみたいです。さとかさんの解説を楽しみにしています。
Commented by さとか at 2007-01-12 21:23 x
>幸雲さん
例の花籠ですが、裏返してしみじみ観察し、ちょっと考えて事実が判明したときには「ひょ~~え~~」でした(^^;)。だってすごいんだもん(爆)

基本的にはそうです、幸雲さんのおっしゃる通り、底を輪弧で組み、そのまま立ち上げて上も輪弧で始末します。それが、言うは易し…なんですよねぇ(笑)。
名前
URL
削除用パスワード
by satoka07 | 2006-12-24 22:36 | 雑貨 | Comments(12)

手芸用の紙バンドで日々作っています


by さとか