青く染めよ!!(その2)

そもそも,この染料(ベストフィックス:綿,麻,レーヨン染色用)の染色方法は

1. 素材を水に軽くつけておく
2. 染料を熱湯で溶かし,ぬるま湯から徐々に温度を上げていき,塩水を投入した後,80度以上の温度で30分かきまぜながら煮沸
3.色が出なくなるまで水洗いし,ぬるま湯で洗濯洗剤と一緒に洗って陰干しする
b0025301_1054513.jpg

ということで,すっかりテフロン加工がはげて使わなくなった中華鍋に薬剤を決められた分量を投入し,煮沸開始。

数分後「…あり?」と気がつくと,すべての紙ひもが一本ずつバラバラになってました。どわーーー,なんで!?
b0025301_10543554.jpg

ちなみに,以前実験したことがあるのですが,紙ひもは水に2時間漬けたくらいじゃびくともしません。→詳しい実験はこちら
「うわなんで!?どうしよう どうしよう どうしよう あわわわわわ…」と思いながらそのまま30分煮沸する。
途中,もうすでにしっ…かり染まっているように見えたので,
「そもそもこれって元は紙なんだから,一瞬漬けたらもうOKなんじゃない!?」と,途中で2分間染色液に短く漬ける実験も追加。

30分後,火からおろす。
危惧したとおり,ばらばらになった紙ひもは端が溶解しかかっている。
b0025301_11115355.jpg

マニュアルどおり一応洗ったのですが。
本当にそっと洗わないと紙ひもはぶっちんぶっちん切れることが判明。
当たり前だ…紙は水に濡れると弱くなる
しかも何回洗っても色水が出なくなる気配がないし。
7回目を洗った段階で「四国のほうでは取水制限が始まったのいうのに…」と,慙愧の念に耐えかねて洗浄を中止(爆)。ま,ほら,服みたいに着るもんじゃないし…(^^;)。

ここにいたっていいかげん嫌になってきたのだけれど,それを実験を続行させたのは紙ひもの色の美しさ。すごく綺麗。
b0025301_1195297.jpg

とりあえず,この状態で陰干ししてみる。時刻はすでに3時間が経過。午後1時。気温25度。
b0025301_1116160.jpg

一時間後,様子を見てみると,ぜんっぜん,乾く気配なし
やっぱりだめか…と,そうめんみたいに干すことにする。
3時間後にはすべての紙ひもが完全に乾燥していました。
b0025301_11172084.jpg


これでとりあえず染色は完了。
結果は次の記事にて。(つづく)
[PR]
名前
URL
削除用パスワード
by satoka07 | 2007-05-27 09:53 | いろいろ実験 | Comments(0)

手芸用の紙バンドで日々作っています


by さとか