紙ひも細工「みこしと花車」について補足。

遅くなりましたが,

紙ひも細工「みこしと花車」
神谷 正一郎著/誠文堂新光社刊

について補足です。

この本は1983年(定価1200円)に初版本が発売され,1987年(定価950円)に改訂版として出版されています。
というわけで,1987年版と1983年版は若干内容が違います

私が見て作った「おきなとおみな」は1983年度版で,1987年度版には入っていません。
1987年度版に作り方が入っていない作品は以下の4つ。

・花器(2)
・合掌造り
・つるべ井戸
・おきなとおみな

表紙も違うので,すぐに違いが分かると思います。
こちらが1983年度版↓
b0025301_1115278.jpg

こちらが1987年度版↓
b0025301_1115548.jpg


現在は残念ながら入手が大変困難なようですが,ある程度歴史のある大きい図書館であったら比較的容易に閲覧できると思います。
みこしの作り方などは見てるだけでも圧巻ですよ…(笑)。
興味のある方はよかったらチェックしてみてください。
神谷 正一郎氏の出版されている本には他にも

「紙ひも細工 SLと帆船」(誠文堂新光社)
があります。
こちらもすでに絶版なので,購入しようと思ったら地獄のように高いので,やっぱり図書館がおススメかな…。
SLは設計図を見るだけで多分のけぞると思いますよ…(笑)。
[PR]
Commented by at 2008-09-16 15:48 x
本の表紙写真を見ると、紙バンド手芸がまだ今のようにメジャーではなかった時の雰囲気がしますね。手芸用のカラー紙バンドは昔(昭和40年代)も在ったようですが、当時はマイナーな手芸として、3年ほどで小さなブームは去ったという事です。
Commented by さとか at 2008-09-16 20:40 x
>兎さん
この本,背表紙には「工作ランド」って書いてあります(^^;)。
うむ…工作…確かにそういわれてみればそうかもしれませんが…。
でもほんと,設計図見るだけでもすごいですよー(^^;)。作品実例集にある五重塔とか…。
作ってみて改めて思ったのですが,これはまさに「時間とボンドの塊」です,ハイ…( ̄▽ ̄;)。
名前
URL
削除用パスワード
by satoka07 | 2008-09-10 11:25 | memo | Comments(2)

手芸用の紙バンドで日々作っています


by さとか