カテゴリ:未分類( 100 )

b0025301_1393822.jpg


あー、すいません、今回は番外編、ってことで。

紙バンドじゃないです。

「本物っぱく見えるけど、じつは紙バンドなんでしょう?」っていうのでもないです、普通にパイシートを使って作ったアップルパイの話。



昔から「一度はやってみようかな」ってこと、あるじゃん?

でも別に絶対にやる必要は全く無いので、「いつかやってみようかな」とぼんやり考えてることってあるじゃん?


それが私の場合、「アップルパイを網代編みで作る」こと。


…ほんと、どうでもいい話ですいません(;^ω^)。

b0025301_1365070.jpg


網代編みとは…複数本とばして編みながら、隙間なく編んでゆく編み方のこと。

…なのですが、ぴったりきっちり隙間なく編んでたら、中のりんごが見えなくなるのもつまらないので、少しだけ隙間を開けました。


b0025301_13142462.jpg

ラップを敷いたテーブルの上でとりあえず編んで

b0025301_13144970.jpg

下に薄いまな板を差し込んで…

(ノ-_-)ノ~┻┻

本体の上にぶん投げる。

b0025301_1317237.jpg

はみ出たところを切り取って

b0025301_13171663.jpg

焼いて完成!


パイシートを使ってパイを焼くときには、とにかくパイ生地の温度に注意する必要があります。
パイ生地をパリッとサクサクに仕上げるためには、できるだけ低温の状態から、高温で一気に焼き上げる必要があるの。
なので編むときにはできるだけ短時間で仕上げるのがコツかな?
私はさらに完成した後冷凍庫で1時間くらい冷やしました。









…ま。








b0025301_13221528.jpg


切ったらどんな編み方かなんてわかんないんだけどねー
 _, ,_
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

いいんです、一度やりたかっただけですから。
本人が満足だったらいいんです。

b0025301_13241339.jpg

断面図。

下のパイ生地の生焼けを防ぐため、薄くクッキーを敷いた後にカスタードクリームをのせてます。
味的には、この倍くらいカスタードを乗せてもよかったな。
でもあんまりカスタードを盛ると、やはり下の生地が生焼けになるらしいので、そこらへんの加減が難しい。
パイ生地作り、焼き方…アップルパイって、簡単そうに見えて難しいのよね。


【オマケ】
b0025301_1330093.jpg

今年のバレンタインデーの一コマ。
娘は今年も飽きずに作ってました…大量の友チョコを。

b0025301_13314824.jpg

とはいえ、こうして夜なべして大量の友チョコ作りに付き合わされるのも今年で最後かな?
来年は高3なので、チョコ作ってる暇なんかないだろうし。
大学行ったらもうこういうことしないだろうしね。


…って、行けるのか!?大学っ!?!?!?_| ̄|○。。。
あまりにものんびりしてるので、見てるこっちの胃が痛くなってきます。
[PR]
by satoka07 | 2016-02-25 13:37 | Comments(8)

来年もよろしく

いつからの更新なのか記憶にないですすいません(;^ω^)。
あ、元気です。
生きてます、一応。

ただパソコンが半年以上半死半生状態でした。ORZ

パソを立ち上げるだけでも莫大な時間を費やし、起動しても画面はカクカク。
画像ソフトで何かしようとすればメモリが足りなくて途中で固まり、最後の頃は他の人のブログを見るだけでパソコンがフリーズしてました。


  ∧_∧
⊂(#・ω・)  やってられるかーっ!!
 /   ノ∪
 し―-J |l| |
         人ペシッ!!
       __
       \  \
          ̄ ̄

その間、何も作ってなかったわけではないのですが、まぁ特にあげるほどのものでもなく…(;^ω^)

これとか

b0025301_23381987.jpg


なにかっていうと、PC作業用の足台。
幅だけで50cm以上はあるかな?
強度を持たせるために、かなり時間をかけて作ってました。

人って椅子に座るときには
b0025301_23392057.jpg

こういう状態。
腰、膝、足首が直角になるのが理想的で、私はリビングの椅子がちょっと高いので8cmくらいの高さの台があるとちょうどいいみたいで。
パソコンの不調と平行して腰痛もヤバイことになっていたのでこんなものとか

親戚に頼まれてこんなものとか

b0025301_23413358.jpg


作ってました。

b0025301_2341538.jpg

ちなみにこちらはマスク入れ。
玄関先にちょっと置いておくのに、マスクを入れるボックスがほしいとリクエストされて作ったのですが、ここへ莫大な時間をかけてパソコンと格闘しながら紹介するほどのものでもないし…私が作りたかったのはこの編み方じゃないし……

と、こちらは完全放置してましたすいませんORZ。


ところが最近、おかげさまでようっ………やくパソコンを新調し、普通の人並みのネット生活ができるようになりましたっ☆

PCと一緒にデジカメも新調。

でもね、新しいPCも、その中に入れた最新のフォトショやイラレ、デジカメも、全部初めてでわかんないことだらけっ☆www
亀のような速度でいろいろぼちぼちやってます。


たぶん来年は…もう少し更新できるようになる……かな?




というわけで新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

b0025301_23522256.jpg

[PR]
by satoka07 | 2015-12-31 23:58 | Comments(17)

Tokyo Days again

というわけで行ってきました!紙わざ大賞作品展&授賞式。
夏に10連泊してなきゃ余裕で二泊三日で遊びに行ってたのですが,さすがに家族からの大ブーイングにあって1泊2日の弾丸ツアー。

b0025301_111229100.jpg

6日,紙わざ大賞展の初日には,特種東海製紙㈱様の本社ビルで授賞式がありました。

いやー…緊張しました(;^ω^)。
朝6時の始発で東京へ向かったのですが,品川駅くらいからすでに手汗がヤバイ。
本社ビルに到着し,「授賞式が開催されるまで,控室でお待ちください」って言われた時には
b0025301_11264758.jpg


て。

…本気で逃げ出したくなりました。。。_| ̄|○

会場は大きなビルの中の大きな会議室の中であって,授賞式は和やかに,華やかに執り行われました。
b0025301_12153762.jpg

授賞式後の一枚。
頂いた賞状とトロフィーと一緒に。
b0025301_12194381.jpg

トロフィーは紙製で,パズル形式になっていました。面白い♪
同じく受賞した方と一緒にトロフィーを撮影。
下のブルーのトロフィーが私達が頂いたトロフィー。

b0025301_1139925.jpg

会場近くのお店で祝勝会ランチの後,いよいよ会場の十字屋ホールへ。

b0025301_1147794.jpg

あははっ,あったあったww
各メンバーが作った具材をおさるさんへ送り,そのまま紙わざのほうへ送っちゃったので,完成品を見るのはこれが初めて。
そしてもう再び自分たちの元へ作品が帰ってくることはないので,多分この作品を見るのはこれが最後。
できるだけたくさん記録に残しておこうといっぱい写真をとりました。
b0025301_11504312.jpg

作品の前で,みんなと一緒にパチリ。

第一弾「寄せ鍋企画」から始まって,第二弾が「お花見弁当」。
今回の「KIDS ☆ Birthday Party」で………私とぴくろすさんが主催するコラボ企画は終わりです。
何十年って続けても作品の置き場所もないしね(笑)。三部作で終わりにしよう,っていうことで今回の企画を始めました。
ほんとに素敵な作品で,心から信頼できるメンバーと,こんなコラボ企画がこういう形で終われてよかった。
とりまとめが相当大変だっただろうおさるさんをはじめ,5000粒近く米粒を作り続けたゆうあさんや,ほんとに鶏を燻製しちゃったninazo-さん…みんなみんな,ほんとうにありがとうございました。

b0025301_13202916.jpg

b0025301_1321893.jpg

作品の横にもトロフィー発見☆


b0025301_13241897.jpg

名残惜しいけれど銀座の会場を後にして,一路水道橋のホテルへ。
再び目の前に東京ドーム。久しぶり。

ホテルに荷物を置いた後,ダッシュでジャンプショップで娘のお土産を買って
b0025301_1329995.jpg

小雨が降る中,神保町へ。
b0025301_13325618.jpg

神保町…世界最大の古本の街。
本好きなら一度は行ってみたい場所。
b0025301_133852.jpg

その中でもとにかく行ってみたかった,美術専門の古書店。おもしろかったー!

閉店ギリギリまで本を物色し,閉店後に神保町名物,カレー。
b0025301_13474680.jpg

おわーーー……なんか…お,お薬食べてるみたい…( ̄▽ ̄;)
夜も8時から食べたのに,全然胃もたれしないのがすごい。

b0025301_1413097.jpg

翌朝も新幹線の時間ギリギリまで神保町。
b0025301_1433245.jpg

狭い路地の一角,壁面に本棚。

こういう風景,狂おしいほど好き。

道を歩いているとカレーの香りが漂ってるし(笑)。
いやー……すごい好きかも。この街。

他にもほんとにハリーポッターに出てくるような洋書専門の古本屋とか,演劇専門,音楽やバンドスコア専門の古本屋さん,哲学・思想の古本屋さんや軍事専門の古本屋さん…どこも超・マニアックですさまじく面白い。
あと,豆本専門の古本屋さんは鼻血ものだったな。
あそこは物欲との闘いだった…(笑)。
老舗っぽいお店の稀覯本コーナーでは1冊30万円の本とか,江戸川乱歩の草稿原稿とか。
うーん,面白い。とても数時間では回りきれませんでした。

時間ギリギリまで神保町でブラブラし,地下鉄を乗り継いで東京駅。
最後,ほとんど駆け足で新幹線に飛び乗りました。
今もう足が棒だらです。

b0025301_1412512.jpg

神保町の戦利品,アメリカ原住民族関係の本。
お値段おどろきの300円。やったね( ̄▽ ̄)v


そんなわけで紙わざ大賞入賞作品展は明日,9日まで開催しています。

--------------------------------------------
『第24回 紙わざ大賞 入賞作品展』

b0025301_2214078.jpg


期間 2014年11月6日(木)~9日(日)
会場 銀座十字屋ホール(東京都中央区銀座3-5-4)
時間 10:00〜19:00(最終日17:00)
--------------------------------------------
[PR]
by satoka07 | 2014-11-08 12:01 | Comments(22)

ありがとうございました

b0025301_21234025.jpg

5月22日,5月30日と,無事一日体験教室が終了しました。
b0025301_21263767.jpg

そらいろの籠のほうは若干予定よりずれ込んでしまいましたが,無事皆さん完成した籠をお持ち帰りできてよかったです^_^。
b0025301_2127439.jpg

4時間耐久,みっちりドール講習コースのほうはみなさんちょうどよい時間で完成。
作業の合間に造形モノの内部構造の話や使っている道具などの話もしながら,楽しい時間を過ごさせていただきました。
本当に長い時間でしたが,お疲れ様でした&ありがとうございました!

教室の準備は試作からマニュアル作り,キット作成まで莫大な時間を費やすので自分にとってはかなりの負担なのですが,でも完成した作品を手にした生徒さんの笑顔を見ると,やっぱりやってよかったなーといつも教室が終わった後に思います。

これからしばらく展示会に向けての準備に入るので体験教室はしばらくお休みしますが…
またいつか皆様とお会いできますように。

b0025301_141743.jpg

衛兵さんのドールをアレンジしたらラーメンマン。
現在の広島,28.5℃…ラーメンはちょっと暑かった…(;^ω^)



b0025301_15101380.jpg

さて!
教室も終わったし,こっちの準備に入ります。
結構やることいっぱい…が,がんばります…(;^ω^)。
[PR]
by satoka07 | 2014-05-31 15:12 | Comments(13)

1日体験教室のお知らせ

い,いつの間にか3月に入ってるしっ(;´∀`)
ムスメの受験やらなんやらと,バタバタと過ごしていたら一瞬のうちに一週間が過ぎてます。どひー


ところで5月下旬,中国新聞情報文化センター様にて一日体験講習を開催しますのでお知らせします。

【紙バンドで作る 空色の籠(初心者)】
b0025301_11453313.jpg

日時: 5月22日(木) 13:00~15:00

底を編まない楕円のカゴです。使う紙バンドの色と底板の布の組み合わせによって、色々なバリエーションが広がります。(W18cm×D15cm×H20cm)。
簡単で実用的なものを…ということで,誰でも気軽に体験できるように工夫しました。


【紙バンドで作る 衛兵さんの人形(中級者)】
b0025301_12102141.jpg

日時; 5月30日(金) 13:00~17:00

前回の教室で,生徒さんからリクエストのあったドールの作り方。
今回は私のドールの作り方を,ちょこっとだけ体験してもらおうと思っています。
イギリス式とデンマーク式,どちらかひとつを選んでいただき,それに合わせたキットで制作します。
身長はだいたい12cmくらい。
普通の籠やバッグの編み方とは違うので,ちょっと大変かもしれませんが…頑張りましょう(^^;)。


場所はどちらも中国新聞文化センター・中国ビル教室
三越広島店の東隣にあるビルです。
2月27日付けの中国新聞に教室のお知らせとお申し込み方法が掲載されています。
ネットでのお申し込み,詳しいお問い合わせはこちらまで。

初級,中級コースとも今回は募集人数が若干少なめですので,ご希望の方はお早めに。
皆様の参加を心よりお待ちしています(^^)。
[PR]
by satoka07 | 2014-03-03 13:04 | Comments(8)
b0025301_10100023.jpg
今年は全然作品作ってないな…と思っていたのだけど,こうやって集めていると数だけは作っているのね…数は…

来年も色々あるけどがんばります。( ー`дー´)キリッ

今年も一年ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

皆様よいお年を



Satoka
[PR]
by satoka07 | 2013-12-29 00:00 | Comments(10)

出口を間違えるの

うーん,おかしい。
どうして出たい出口に行けないんだろう。

2013年6月8日。
しょっぱなから元町・中華街駅の出口を間違え,待ち合わせの時間に遅れそうになって横浜中華街の中を必死で走っている私。

。   ∧_∧。゚
 ゚  (゚ ´Д`゚ )っ゚
   (つ   /
    |   (⌒)
    し⌒
    ...ウワァァァァン

b0025301_14244350.jpg

見上げると横濱媽祖廟。
一昨年立ち寄った記憶が蘇り,なんとかninazo-さんと待ち合わせ時間に合流。
汗ダクダクになりながらはじめましてのごあいさつ。

パサージュの前に中華街に立ち寄った目的はこれっ☆
b0025301_14265969.jpg

鳥の巣ヤキソバ。
目の前であんをかけてもらうの。
あんをかけた瞬間湯気が立ち上り,すっごく美味しそう。
軽くビールで乾杯して,おしゃべりしながら楽しく頂きました(^^)。

鳥の巣ヤキソバをコンプリートしたので,ダッシュで大倉山へ。
b0025301_14333561.jpg

すでに時刻は3時過ぎ。
CLOSEは4時とか…やばい,全然時間足りないかも。

あいさつもしなきゃ作品も見なきゃで相当アワアワしてました。
すでにたくさんの方がいらしてて,久しぶりにお会いする懐かしい顔もいっぱい。
初めてお会いする方もかなりいて,いろんな方とのご挨拶の合間に作品を拝見する感じでした。

作品,ほんとに素晴らしい作品ばかりで。
会場内でアンケートをとっていて,好きな作品を3作品選んでくださいと紙と鉛筆を渡されたのだけど,みんな素敵すぎて選べない。
書いたり消したりやってたら,すでに時刻は4時半とか。
工工エエエエエェェ(´д`)ェェエエエエエ工工
しかも背後で最後に一人残ってる私のアンケートを,集計の方が待ってるしっ(T▽T)。
アワアワ焦ってると数字が判別不能になって,もう一度確認でウロウロしたりと…ほんと迷惑かけました…ごめんなさい…_| ̄|○。


5時に強制退去したあとは近くの鉄板焼きのお店でみんなでオフ会。
…やー,すごい盛り上がりでした'`,、('∀`) '`,、。
途中で大盛り上がりの自己紹介コーナーとかじゃんけん大会とかあって,とっても楽しかったです。
そのまま二次会になだれ込み,そっちでまた飲み直し。
店を出たら11時。
ここから品川に帰るのは私一人。軽く酔ってる状態でたどりつけるのか私?

魔宮の武蔵小杉駅をなんとか乗り切り,品川に到着できたと思ったら。

また品川駅で出口を間違えた……_| ̄|○。

幸い間違いにすぐ気がついたので,ガラスのブースにいる駅員さんに無理をいって通してもらう。
ホテルの部屋に到着したのは12時前。
寝たのは1時でした。シヌー


二日目
二日目は秋葉原。
「竹谷隆之の仕事展」を見に行く。
秋葉原といっても降車駅は御徒町。
そしてまた懲りもせず御徒町で南口と北口を間違う女…もうやだ_| ̄|○。

b0025301_1525723.jpg


竹谷隆之…フィギュア界の「神」と言われている方。
以前「漁師の角度」という作品写真集を見た時,頭を殴られるような衝撃を受けて…以来,私の中でも神なのこの人。
想像力,デッサン力,技術力,表現力,そしてあの独特の世界観…全てが神。

地方の人間なので,まさか実際に氏の作品が目の前で拝見できるなんて思ってもなかったです。

しかも…写真撮影OKだと…?

(;゚∀゚)=3ハァハァしながらシャッターを押しまくる。

b0025301_15215175.jpg
b0025301_15212184.jpg
b0025301_15211537.jpg

私はこの「漁師の角度」が死ぬほど好きなのでこんな写真ばかりですが,クリーチャーから鎧兜,動物の生身から骨まで多彩な表現が出来る人。
彼が創りだす世界観は精密で緻密かつ計算しつくされたアングルとダ(以下略)

そんなわけで,もしも興味がある人はググってみてくださいね♪( ´▽`)b

b0025301_15284357.jpg

心ゆくまで神のフィギュアを堪能した後,山手線で有楽町へ。

目的は銀座のギャラリー。

東京の銀座はギャラリーがいっぱいあるの。
中にはオーナーの個性がめいっぱい盛り込まれた,個性豊かなギャラリーがあって,今回はそんなところを探検。

中でもここはすごかったな…

b0025301_15325856.jpg

ホームページを見た時から,ここは絶対行きたいと思って,銀座でも有楽町駅からかなり離れたところにあるのだけど,地図を片手に必死で探しました。

看板の通り地下にあって,玄関がいきなりこれ。
b0025301_15353052.jpg

デジカメで補正されて明るい病院みたいだけど,実際はもっと暗くてなんというかすごい雰囲気。

勇気を振り絞って扉を開けた先は…

すっごかったです。

なんか画廊に入っただけで感動した。
東京にはこういう画廊があるんだな。
すごいなやっぱ東京って。

画廊のスタッフのかたはすごく親切丁寧でいろいろ教えてくれて,玄関前のあの雰囲気とはあまりにギャップが激しすぎて画廊を出た時思わず笑っちゃった。
ネットで初めて見た時からそう思ったけど,本当に素敵なギャラリーでした。

日が暮れ始めた築地の公園で一休み。
何気に美味しそうなテイクアウトのお寿司屋さんがあったので,日陰のないベンチの上でジリジリとコゲながら食べたこれ。
b0025301_1544967.jpg

これ……むちゃくちゃ美味しかった。

普通の海鮮巻に見えるじゃん?
いやそれがスーパーの海鮮巻じゃなくて,高級料亭の海鮮巻の味。
ネタが新鮮なのよね…当たり前だけど。
なんだかものすごく得した気分を感じながら品川に帰りました。


三日目。

またしても銀座(笑)。

本当は別の所に行きたかったのだけど,どーーーーーしてもこれに行きたくて。
b0025301_15542339.jpg

だって…鳥好きによる,鳥好きのための…鳥展よ!?
しかも鳥グッズの販売をしてるとか。
ここのギャラリーが日曜お休みだったので,月曜日,新幹線に乗る前にちょこっと行って来ました。

あー かわい
すっごい かわい
b0025301_15562092.jpg

すっごく可愛いポストカードが1枚100円だったので,お持ち帰り決定。

画廊のオーナーさんらしき方とお話していたらあっという間に新幹線に乗る時間になっちゃったので,お土産を色々買って帰って来ました。



家に帰ったらてんこもりの洗濯物と,汚部屋。。。。嗚呼_| ̄|○。

パサージュでもらったスーツケースいっぱいのお土産(←いやほんとに)を整理しながら思ったわ。





創作にしても習い事にしても旅行にしても

知らない所に一歩踏み出す勇気は大事。


勇気を出して一歩踏み出すとね


新たな世界が開けるの







その先で 出口を間違えたっていいじゃない

にんげんだもの。
[PR]
by satoka07 | 2013-06-11 16:41 | Comments(30)
今日は1日体験教室の二回目,中級者コースのレッスンでした。
今回の課題は輪弧編みの花かご
b0025301_2231662.jpg

かなり遠方からも参加してくださった方がいて,定員10名のところを11人での講習となりました。

前回の初心者コースのあと,「これは…中級者コースはもっと工夫しないと時間内に収まらないかも」と思ったので,予め底部分は用意して,持ち手部分も簡単な作り方に変更してのスタートだったのですが。

それでも全然時間が足りませんでした☆(ゝω・) テヘペロ
多分このレッスンは定員5~6名,時間3時間くらいが適正だったのだろうと今頃思いましたが,メンバー11人で2時間は相当無茶な配分だったですね…スーパーハードな講習になってしまって申し訳ありませんでした(;^ω^)。

それでもみなさん,ほんと素晴らしかったです。
3時間で全員完成することができました。
b0025301_2204775.jpg

あんまりハードだったので「もー二度とやるもんかよ…」とか思われたかもしれませんが,できれば…おうちでもう一度ゆっくり作ってみていだけたら嬉しいな。
時間がなかったので編み目が飛んで最後つじつまが合わなくなったりもしましたが,時間をかけてひとつひとつゆっくりやっていけば多分二回目は一回目より楽に作れると思います。

今日は本当にお疲れ様でした。
教える側も結構ハードだったですが,でもとても楽しかったです。
楽しい時間をありがとうございました。
いつかどこかでまた皆様とお会い出来ますように。

最後になりましたがずっとレッスン中サポートしていだだいた中国新聞文化センターのFさん,大変お世話になりました。心よりお礼申し上げます。





さて!

次はいよいよこれですな。

---------------------------------
ゆめひもパサージュ 2013
2013年6月7日 ~ 9日 @横浜 大倉山記念館
10:00-16:00(最終日は15:00) 入場無料

今年のテーマは
『 お茶したくなるかごバッグ & 雑貨』

---------------------------------

今回はちょこっとだけ私の作品展示コーナーも設けていただけるそうなので…こ,梱包しないと…( ̄▽ ̄;)タラーン。


チャリティ用のパニエはこれにしました。
b0025301_22303961.jpg




…パニエってカゴのことでしょう?
っていうツッコミはなしでお願いします(きっぱり)。
[PR]
by satoka07 | 2013-05-30 22:37 | Comments(14)

ありがとうございました

今日は中国新聞文化センターさんにて教室がありました。
今回のレッスンは簡単な持ち手付きのカゴ。
b0025301_21464538.jpg

半分以上の方は紙バンドが初めてということでしたが,皆さんお上手!
時間は予定より少し過ぎましたが,とっても綺麗に完成することが出来ました(^^)。
b0025301_215465.jpg


ほんとうはみなさんの完成作品を撮影してご紹介したかったのですが…ペーペー講師,そこまでのゆとりがありませんでした…うわーん_| ̄|○。
後半,ちょっと時間が押してしまって結構ハードだったのですが,皆さん楽しんでいただけたかなぁ…。
これを機会にこのクラフトに親しんでいただけたらなと思います。


さて!次は中級者用の講座です。
b0025301_20533256.jpg

輪弧編みの花かご。
今回の教室をふまえ,こちらはレッスン方法もちょっと工夫しようと思います。



b0025301_21123144.jpg

ちなみにこちら,手鏡です。
輪弧編みの応用。
裏側 はこんなかんじ ↓
b0025301_21132878.jpg

なぜこんなことをやっているかというと,これ,ぴーちゃんが大好きなんですよ。

しかも机の上から落とすのが趣味という…( ̄▽ ̄;)。
いつも机の上から「ガッシャーン」と落としては「うぴょ?(・Θ・)」と遊んでいるので,保護のためにつけました。

b0025301_21151735.jpg

どれどれ?


うん,いいかんじです(^^)。
[PR]
by satoka07 | 2013-05-20 22:01 | Comments(4)

ただ一つの籠のために

b0025301_10524560.jpg

梅の花が咲き誇る中,広島県立美術館まで日本伝統工芸展を見に行った。

これだけは…何があっても毎年行ってて。
今年はずっと応援していた作家さんが人間国宝に指定されて,ちょっと別格の場所で展示されていて,わぁ…って。すごく嬉しかった。



そこから少し離れた一番奥のブースに,一つの竹籠が展示されていた。


小さいけれど,凛とした佇まいの四角い,丸みを帯びた籠。

その横に黒いリボン。



重要無形文化財の保持者であり,木竹工部門の選定者でもありながら,ここ数年はずっと展示も選考もされていなかったので,いつかこの日が来るだろうと覚悟はしていたけれど…やっぱりショックだった。


かなり…昔。
まだ私が網代編みも編んでなかった頃。

自信満々で作って出す割には,全然自分のデザインが採用されなくて。
「なんでだー」って不満に思いながらいじけていた。

そんなとき,テレビで「人間国宝シリーズ」っていうのをやっていて。

その方の作品の,あまりの美しさに衝撃を受けた。
凛とした気品。作品から滲む気高さ。厳しさ。誇り。

なんかね,自分のやってるものとは異空間ですか?っていうくらいレベルが違うの。
思わず笑っちゃった。
毎日ブログのアクセス数やら,どこかの書籍に掲載されることばかり考えてた自分があまりにも馬鹿みたいに思えて。

目の前の作品に,自分はどれだけ真剣に向き合ってるのか?
自分が納得する作品を作るために,自分は日々どれだけ努力してるのか?
自分はその籠に対して…自分の人生を賭けているのか?

ほんとにただひとつの花籠に…自分の人生を賭けている人の作品って,こういうものなんだな…って。


多分

あの方がいなかったら 私の人生は違ったものになっていたと思う。


ただひとつの花籠でも,自分の人生のすべてを込めて作った人の作品っていうのは
他の人間の人生までも変える力を持つのだと思う。




数年前,自分の作品集を出版して,自分の手元に届いたとき

この作品集をその方に送ろうかな?ってかなり悩んだ。
「同じ時代を生きてくださってありがとうございます」って。
一言でいいからお礼が言いたかった。

結局…出さなかったけどね(笑)。
やっぱりまだまだ自分の作品は拙くて。お見せするのが恥ずかしかったから。

今となってはそれがよかったのか悪かったのかわからない。
もう二度とその方にこの世でお礼をいう事はできなくなったのは事実。





もうしばらくこの方の作品を間近で拝見することはないかもしれないな,って思いながら。
氏の遺作の前で黙祷した。

でもねあの方の生き方や作品に対する想いは
一生忘れたくないな,って思う。
[PR]
by satoka07 | 2013-03-09 10:50

手芸用の紙バンドで日々作っています


by さとか