「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:綿花( 3 )

めんめーん(追記あり)

生きてます。
生きてますよ~とりあえずっ☆

現在お弁当箱制作の真っ最中。
とりあえず3分の2までできたかな。
あと3分の1…かなり必死に作っているのですが,なかなか作業が進みません。終わるのかこれ。。。

b0025301_1338427.jpg

ところでこちら,綿花です。
以前damiさんのブログでリースに使われているのを見て,「お願い!!分けてください~~~!!!ORZ」とお願いして送っていただいたもの。

白い方は外国産の長毛種。
日本の短毛種より艶があって綺麗な糸が紡げるらしいのです。
どうしてもこれ,増やして紡いでみたくて…(笑)。

茶色の方はブラウンコットン。
こちらも初めて見ました。
どちらもすっごく気持ちいい肌触り。(;゚∀゚)=3ムッハー
以前栽培した日本の短毛種とは手触りが全然違うの。

モフモフのワタの中に絡まっている種を取り出し,3日くらい水に漬けたあと,水に濡らした脱脂綿の上に置いて暗所で放置。


1週間~10日くらいしたらこんなかんじで発芽。
b0025301_134455100.jpg

うん,ここまでは順調順調。

b0025301_1346534.jpg

しっかり発芽したのでプランターに植え替え。

さ~て,しっかり育ってくださいよ…( ´▽`)








と。


すっかり安心していたのですが。




上の写真から一週間も経過したというのに,全然土から芽が出てこないぃぃ…_| ̄|○。

お,おかしい…ベースの土に肥料を入れすぎた?(;´∀`)
日当たりはかなりいいはずなんだけど。
うあ~~,これで発芽せずに終わったら「残念でした」どころじゃないぞ。


ほんとはこちらで成長から収穫,ミニタオル制作くらいまでを記録するつもりだったのですが…………


この記事で終了するかもしれません_| ̄|○。




【追記】 ---2013,4,18---
b0025301_930234.jpg

半分くらいですが,芽が出て来ました!!

---------------------------------
【管理人よりお知らせ】

以前お知らせした中国新聞文化センターでの一日体験教室,まだ参加者募集しておりますので,お近くの方は是非是非。

→詳しくはこちら
---------------------------------
[PR]
by satoka07 | 2013-04-12 14:07 | 綿花 | Comments(17)

綿花から布を織ってみる

前回の実験で綿花から糸を紡いでいくところまでやりましたが。
まだいっぱい綿花があったので,もう一度自家製スピンドルで糸紡ぎをチャレンジしてみる。

こちらが前作ったスピンドルの改良版。
b0025301_841162.jpg

先端にフックがないとだめなので,ストローにアイピンを通したもの。
このフック部分にこよりにした糸を引っ掛け,スピンドルを回すと糸ができていきます。



これが…すっごい楽しい☆ww
難しいけど,するすると糸が出来ていくのがハマる。
テレビを見ながら作業できるし。

一週間位でしょうか…サルのようにクルクルクルクルとスピンドルを回し続け,かなりの糸ができました。





ここまでしたら…やっぱこれしかないでしょ。



b0025301_8512247.jpg


機織り工作キットwww
アマゾンで1500円ナリ。

機織り…英語ではLoom(ルーム)と言います。
4000円くらいで本格的な家庭用の織り機もあったけど,私にはこれで充分。

b0025301_8515280.jpg

紡いだ糸を杼(シャトル)に巻きつけます。

b0025301_8564823.jpg

織り機に縦糸をセット。
本当は縦糸も紡いだ糸を使いたかったけど,どう考えても長さが足りないと思ったのでマニュアル通りタコ糸で。

b0025301_8574258.jpg

綜絖(ヘドル)に糸をひっかけ,横糸を通し…とんとん,と。

気分は「鶴の恩返し」☆'`,、('∀`) '`,、



b0025301_945332.jpg

というわけで,完成品がこちらです。

b0025301_9225262.jpg


想像していたとおり…すっごく肌触りがいいです。
ほんと気持ちいい。

来年はもっとたくさん栽培して,本格的にボディータオル作ってみたいなぁ…。


【メモ】
一つの綿花から意外とたくさんの糸が紡げました。そんなに大きい布は作れないだろうと思って一番小さいサイズ(14×15cm)に編み機を設定したのですが,結構これが織れるのよ…結局最後,少しだけ横糸が余ってしまった。残念。
来年織るときには長さを大(30×15cm)にセットして織ろう…
[PR]
by satoka07 | 2011-09-30 09:31 | 綿花 | Comments(6)

糸を紡いでみる

b0025301_20504312.jpg

春に種を植えて育てていた綿花。
バッタ一族に食い荒らされながらも,なんとか収穫できました。

b0025301_20515485.jpg

鞘から綿を取り出し,種をとったところ。

本当はこれを「糸紡ぎ」っていう道具で糸にするわけですが。
b0025301_11274392.png

(画像提供:ハルさん)

当然そんなものはないので,「スピンドル」を使って,なんとか紡げないかなと画策する。

スピンドルとは主に羊毛を糸に紡ぐための道具で,眠りの森の美女が糸を紡いでいて,ちくっと刺さって1000年の眠りに付いたのがあの道具。

スピンドルで糸を紡いでいる動画↓


スピンドルなら自作できそうなので,早速作ってみる。

b0025301_20592859.jpg

なんのことはない,ミシンの糸押さえに,竹の割り箸を突っ込んだだけw

さっそく糸紡ぎに挑戦!!

b0025301_2123367.jpg

えーと,こうやって同じ方向に捩りながら,スピンドルを回して芯に巻いていく……芯に巻いていく……芯に巻いて………





できんわ!!!( ゚Д゚)ゴルァ!!

ぶっちんぶっちんちぎれて切れて,どーにもならん!(怒)
思うに動画のようにスピンドルでスルスルと糸を紡ぐようになるためには,羊毛のように強度と弾力のあるものを使った上で,何年も訓練が必要ではないかと。

b0025301_2154364.jpg

というわけで,色々と試行錯誤の結果,自家製のスピンドルは諦め,手で捩りながら爪楊枝に巻きつけていくことにしました。
太さも恐ろしく不均衡ですが,とにかく切らずに糸状にするだけで私には精一杯。

b0025301_2173567.jpg

なんとかこれだけ爪楊枝に巻きつけることに成功。
んで,これをお湯で茹でます(時間適当)。
茹でないと,こよりに寄った状態が戻っちゃうから。

b0025301_21131082.jpg

茹でて,爪楊枝から糸を解いてみたところ。
コットン7~8個から2mくらいかな??
失敗して切れた糸が多すぎて,正確な量はわかりませんでした(爆)

これをかまぼこ板に釘を打ち付け,縦糸を張り,横糸を通していきます。
b0025301_21201695.jpg



そして完成したのが…こちら!!!!

b0025301_21212810.jpg

幅1cm,丈5cmの木綿の布…のようなもの。

朝,綿花から種を取るところから始まって,この状態になるのに夕方までかかりました。
ムスメに見せたら「これ…何にするん?」とシビアに質問されてしばらく落ち込む。


あ,でもね,肌触りはかなりいいです。気持ちいい…。
それから,布にすることにより,弱い糸が強化され,少々ひっぱったくらいじゃ切れることも破れることもありませんでした。
もっとうまくたくさん糸が紡げたら,これでボディータオルが作れたら最高かも。

b0025301_14445965.jpg

こちらはコットンボールから採った,綿花の種。
来年のために保存。

いっぱい収穫できたので,希望する人がいらっしゃいましたらご連絡ください。お分けしますよ。


【追記】
↑に登場のスピンドルですが,ネットで見様見真似で作ったので…構造的に致命的に間違っていたことが判明(爆)。

フックがないと,絶対できないってことね…。

というわけで,今改良版でもう一度スピンドルに挑戦中です。
これについては,また日を改めて。


【追記】
改良版のスピンドルで糸を紡いでみた記事はこちら
[PR]
by satoka07 | 2011-09-22 12:04 | 綿花 | Comments(6)

手芸用の紙バンドで日々作っています


by さとか