カテゴリ:雑貨( 77 )

たまには…

b0025301_125275.jpg

脳ミソの体操で,あじろ編み以外の新しい編み方にチャレンジしてみました。
長谷川正勝著「籐工芸の世界」(大月書店)を参考に。
なんという編み方か書いてなかったのですが,多分……六つ目くずし…???
自信ないです。違ってたらすいません~( ̄▽ ̄;)。
b0025301_1310751.jpg

真上から見た図。直径は約28センチ。

編むというよりは,「組む」かんじです。
それなりに難しかったような気はするけど,ここまでだったら↓
b0025301_1315951.jpg

1日仕事でできるので,あじろ編みに比べれば相当楽に感じました。六つ目編みとあじろ編みと麻の葉編みを合体させたような編み方です。

完成した後で気がついたのだけど,昔,子供の頃,こんな編み方をした竹製果物カゴが我が家にあったような…記憶があります。
b0025301_13151214.jpg

ということで,これは「昭和の香りが漂うレトロ果物籠」という名前に決定(笑)。
まぁたまにはこういうのもいいか…(^^;)。
[PR]
by satoka07 | 2008-04-17 13:39 | 雑貨 | Comments(9)

ちゃお目会得。

そういえばマンガは昔から読むのも書くのも好きだったです。
小学校の頃から大学ノートをお絵かきノートにして,あしべゆうほの「悪魔の花嫁」とかよく真似して書いてたなぁ…(笑)。今はもう滅多に書くこともないんですが,たま~~に,パソでこういうものを書いたり。↓してました(^^;)。
b0025301_2365643.jpg


で,最近トコナッツがじーちゃんから買ってもらう「ちゃお」を見ながら,一度はこの瞳キラキラの世界もかじってみようかなぁと図書館から借りてきた『上手くなりたいマンガ超初級講座』(視覚デザイン研究所・編集)を読みながら練習すること数時間。
b0025301_2371539.jpg

…ちゃおの目,会得したり…( ̄ー ̄)
というのは大げさですが(笑),だいたいどこをどう書けばちゃお風になるのかは理解しました。
目を大きく,瞳はうるうる,決め手は頬を染める赤面線!!(爆)

…って,40前のおばはんが,夜中に一体何をやっているんだろう…( ̄▽ ̄;)

上のラフでだいたい感じがつかめたので,応用でこんなもんを作ってみました↓
『余りエコdeちゃお風うちわ』です…(笑)
b0025301_2373179.jpg

柄の部分の近影はこんなかんじ。
b0025301_237442.jpg

最初に白のクラフトテープで下地を作り,下書きの後にアクリル絵の具でステンシル彩色。
最後に上からクラフトテープで線をなぞっています。
b0025301_2375546.jpg

横から見ると紙ひもでラインを描いているのがわかりやすいかな??
線の太いところや細いところは紙ひもの太さ(幅)で微妙に加減しています。

というわけでここまで作って充分気が済んだのでトコナッツにあげる。
あー作った作った……ヽ( ´ー`)ノ

…というか,こんなもん作ってていいのか私!?(爆)
何か自分の人生の貴重な時間を浪費したような気がしなくもないです_| ̄|○
[PR]
by satoka07 | 2008-04-08 23:09 | 雑貨 | Comments(6)

3-Way トレイ

b0025301_16144388.jpg

とうとうあと1時間で2007年が終わろうとしてますねぇ…(´ー`)ノ
この一ヶ月というもの,哀しいくらい時間がなかったので,月末までこれをひとつ仕上げるので精一杯でした_| ̄|○

大きさは35×27×3cm。かなり大きめかも。
4本どりで編んでこの大きさなので,編む本数は結構あったのかな??(←うろ覚え)
いろいろなあじろ編みを編んでいる中で,これもいつかは作ってみたかった古典的な柄のひとつ。特に美しい編み方というわけでもないけれど…。面白そうなので一票(笑)。
模様自体は図面を起こしてしまえばもうほとんどできたようなもので,編むのも1日あれば十分だったのですが。
b0025301_16284982.jpg

どう考えても,この模様のお盆を誰かが「購入したい」と思うだろうか?というところがあって(爆),裏と表をリバーシブルにすることに決定。
b0025301_16281332.jpg

通常はこちらを使ってもらって,おめでたいときは裏返して寿マークを使ってもらうことにしました(笑)。
最初は裏を波網代にしようかな??(←波あじろ好き)とも思ったんですが,ごくシンプルにまとめてみました。
b0025301_1628559.jpg

取り外し可能にしたので,外した状態で使うこともできます。
というわけで,3-Way(3とおり)仕様のトレイが完成。
お盆にぴっ…たりにカットするのに最も気を使い,それだけで1日が終わったこともありました…。一日がせめて子供が学校に行ってる状態の時間だったら半日で終わっていたのでしょうけれど。
b0025301_16285659.jpg

おめでたい一日,おじいちゃんやおばあちゃんの古希とか米寿の時に,こんなかんじで使ってもらえれば…と思いながら作りました。

でもね…このトレイ。
お皿をのせると模様が隠れて見えません(爆)。さすが私…。

こんな,最後まで抜けている管理人ですが,来年もよろしくお願いいたします。
それでは皆様よいお年を。
☆⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒☆
>> 毎年恒例・NET用年賀状はこちら
☆⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒☆
[PR]
by satoka07 | 2007-12-31 23:01 | 雑貨 | Comments(2)
b0025301_23183266.jpg

こういうものを作っていると,「自然の持つ美しさには絶対にかなわない…」なんて思ってしまいます。
シダローズのリース(直径約23cm)です。

我が家は自然がたーーっぷりある,山のふもとに家があるので,どんぐりなど木の実は割と簡単に手が入ります。
そんなわけで先日,お義母さんの散歩仲間からヒマラヤスギの実(シダローズ)を頂きました↓
b0025301_23214447.jpg

もとは大きい松ぼっくりで,たまに先端部分だけが残り,それがちょうどバラのように見えることからよくリースなどで使われているのですが,そのおばあちゃんの言うことには,なんと我が家の裏の山でも採れるらしい。∑(゚ロ゚〃)エッ!

というわけで,それを聞いた週末,速攻で家族全員と姪っ子を引き連れて木の実の採取に行ってきました(爆)。
一日がかりで収穫したのがこちら↓
b0025301_23263141.jpg

いや~しかし,シダローズの採集ってすっごく大変でした。
なっ…かなか,ないんだもん…(;´Д`)
粘ってねばって,1時間半くらいかけて探しまくりました。
私,マツタケ狩りよりも真剣だったかもしれない…。
b0025301_23334965.jpg

リースの土台は,むか~~~し,紙バンドで作ったやつを使用。何年か前に100均の造花を買ってきてリース作るのに一時期はまった時の名残です(笑)。
b0025301_0111100.jpg

最初にしてはまぁまぁかな??とそれなりに満足しているのですが…。残念なことに,このリースを作成中に怪我をしてしまいました(爆)。
グルーガンで接着していたのですが,その際,あっつ~~~いボンドの中に右手中指の先端をズブッと…。
「ふんぎゃ~~~~~~!!!!」と叫びながら左手で取り除こうとしたら,当然左手もやけどし(←バカ),しかもボンドがビヨ~~ンと伸びて取れない(爆)。死にそうになりながら新聞紙に中指をこすりつけ,結局中指は水ぶくれ,現在もキーボードを打ってると痛いです(T▽T)。とほほほほ…
b0025301_0182312.jpg

後記。エコクラフト
お陰さまで一日寝たらだいぶ指の痛みはなくなりました(^^;)。でもキーボードを打つとちょっと痛い…。私,キーボードを打つのってものすごく激しいんですよ…( ̄▽ ̄;)。
[PR]
by satoka07 | 2007-12-04 23:23 | 雑貨 | Comments(5)

連続花ます網代のトレイ

b0025301_15413319.jpg

一見さりげないようですが
これには精魂吸い取られました…。
コーヒーセットが置いてない写真はこちら↓
b0025301_15425678.jpg

大きさはW31.5× D16.5× H3.5cm。

先日,図書館から借りてきた「木の匠たち―信州の木工家25人の工房から」(西川 栄明 (著), 出版:誠文堂新光社)という本の中で…出会ってしまいました。竹と木の工芸家,飯島正章氏の作品に。
この方は竹工芸も木工芸もされるそうで,木と竹を組み合わせたとても美しい作品をたくさん作られています。HPにも紹介されているのですが,特にこの連続花ます網代の美しさには…魔力まで感じられます。その魔力にうっかりとりつかれてしまった私は,思わず他の山積した仕事を全てほっぽらかしてひたすら解析してました(爆)。二日…くらいかかったかな??
解析が解けた瞬間,思わず「あああああああっっっ!!!」とパソコンの前で一人で叫んでました(^^;)。だってもーすごいんですもの。
この作り方,考え方…ものすごく勉強になりました。本当にすごいです。
b0025301_16302264.jpg

解析したあと,図面に起こし
b0025301_160777.jpg

とりあえずゲージをとってみる。
b0025301_1601416.jpg

本当は一色で作ってみたかったけど,さすがにいきなり一色は無理だと判断。
深いグリーンと一段薄いグリーンで編んでみたのがこちらの作品です。

せっかくここまで解析したんだから,これを使ってもう少し大きいトレイとセットでブログにアップしようと思っていたのですが。これを作った後,精根尽き果ててしばらくパソコンすら触れなかったです…( ̄▽ ̄;)。しかもまだダメージから完全に立ち直ってないし(爆)。うだうだと何をするわけでもなく本を読んだりピーちゃんに話しかけたり…( ̄▽ ̄;)。だめだめじゃんっっ
まだまだ修行が足りないなぁ…。
[PR]
by satoka07 | 2007-09-12 15:41 | 雑貨 | Comments(18)

秋の食卓

b0025301_14341525.jpg

といっても,リンゴと梨だけというのがなんとも言えません(爆)。
ふと昨日「あーこーすりゃ縁の部分,作れるなぁ」と思い立ち,カントリー調のざっくりしたカゴを作ってみました。
縁の部分は籐工芸の本を参考にしているのですが,以前,チャレンジしたときには1本どりの紙ひもの細さと弱さ故にできなくて。しかも編むというか,ねじるというか…なんか気持ち悪い編み方であえなく挫折。
しかしあきらめずにチャレンジすれば何年か後にはできるもんですね。以前は「やっぱりわからん」と思っていたものも,突然天啓がひらめくと案外簡単にできました。簡単そうに見えるけど,意外と難しいんですよ…この縁…。
b0025301_15323112.jpg

横からの近影。
しかしできるのはできたのだけど…まだまだ甘い部分が…┫ ̄旦 ̄┣。
こぅ,私の理想の状態に近づけるためには…魔法の石がいります(爆)。あぁ先日ハンズでは売り切れだったんだよなぁ…。特殊な素材だからなぁ…。まだまだ研究が必要です。
b0025301_14584477.jpg

底部分近影。こちらは竹工芸の本を参考に。この底の編み方,非常に面白いです。
読んでる時には「?」というかんじだったのですが,実際にやってみるととてもうまく考えられている。直径約25cmと,結構大ぶりのバスケットなのですが,多分ぐるぐる巻きで底を作るよりかかなり楽です。
b0025301_1520747.jpg

ちなみに全然関係ないですがこちらは今日のピーちゃん(笑)。
あぁ~可愛い~…( ´ー`)
[PR]
by satoka07 | 2007-09-03 14:33 | 雑貨 | Comments(12)

鳥づくしな一日。

最近,妙に鳥が気になって色々調べていると,結構面白い発見がいっぱいあって楽しい。
我が家のあたりは自然がいっぱいなので鳥など珍しくともなんともないのだけれど,図鑑を見て「あぁこの鳥,こういう名前なんだ…」と分かるとちょっと得した気分。色も鮮やかで楽しい~♪

というわけで,今日は一日色々な鳥を作っていました。
こちらが基本形のアヒル
b0025301_2330372.jpg

色を変えるとマガモになります(笑)↓
b0025301_23304614.jpg

こちらはキンクロハジロ
なんか途中で塗りかけみたいに見えますが,こういう柄なんです…(;´Д`)
b0025301_2358137.jpg

図鑑を見て最もわたしの琴線に触れたのがエトピリカ
b0025301_23313363.jpg

変なかんじに見えますが,本物も変です…。横から見た図↓
b0025301_233231100.jpg

「う~~ん,でもやっぱりベーシックなマガモちゃんが一番可愛い??」と思って最後にコガモを作成。
b0025301_23332623.jpg

後ろを見ると,トコナッツが動物園を作っていました(笑)。
b0025301_235313100.jpg

ここまで作っていいかげん気が済んだので,「さて寝るか」と寝る前にメールチェックをしていたら,
ドカッ
という音と共に,なんと本物の黄色いインコが部屋に飛び込んできました(爆)。
b0025301_2338264.jpg

このまま外に放り投げても絶対長生きできないので,とりあえず保護。
紙ひもならいいんだけど…生ものは…ちょっと……(;´Д`)。
ど,ど,どうしよう,この子…。と,とりあえず明日えさを買いに行って,新聞に「保護しました」っていう広告ださなきゃ…(;´Д`)。
きっとどこかで飼い主はさがしてるんじゃないかなぁ…。
探してたらいいけど…飼い主が見つからなかったらどうしよう…(;´Д`)アワワワ…
[PR]
by satoka07 | 2007-08-30 23:24 | 雑貨 | Comments(7)

ハマってます(笑)

b0025301_20533047.jpg

大量に発生した一本どりを消費するため,「あー疲れた,もー二度とせん,絶対私にはこの編み方向いてない…」と思いつつ作った先日のバッグ
なんだかんだといいながら,作り始めたら結構ハマっちゃってます(爆)。
今回は9本どりの三つ編みにしてみました。これくらいの小物だとそんなに三つ編みする必要もないし,慣れればあっという間に作れますね。アタマ使わなくていいので単純に作っていて楽しいです(笑)。
b0025301_2122916.jpg

上からの図。少しだけ楕円形に作っています。
飾りの房は紙ひもdeアジアンノット。きっと本物の房を使ったらまた雰囲気が違ってくるのでしょうが,買いに行く暇がないので却下(爆)。まぁこれくらいなら許容範囲か。
b0025301_21446.jpg

たいてい私は晴れた日中に燦燦と光に当てて撮影するのですが,たまにはまだ日があがっていない早朝の青い光が合う作品もあるよね…。
b0025301_2128190.jpg

中にはこっそりこんなものが入っていたりします。( ´,_ゝ`)プッ
[PR]
by satoka07 | 2007-06-11 20:35 | 雑貨 | Comments(8)

サボテン・ピクニック

b0025301_10303150.jpg

BGMはサザエさんでお願いします(笑)。
模様編みをやりはじめて、前からやりたかったサボテンジャー柄。
実は以前チャレンジしたことがあったのだけど、意外と難しく、そのときはあえなく挫折しました(爆)。
で、下のSNOW-ORANGEを完成させた後、「あぁそういえばこの原理で作るとサボテンジャーも作れるなぁ」と思い再チャレンジ。
おかげさまでこれくらいの模様編みは楽勝で作れるようになったので、本体はほぼ1日で完成したかな?でもこのフタが…( ̄▽ ̄;)。
b0025301_9485662.jpg

上からの図。ますあじろという編み方です。編み方自体は一度理解すると簡単なのですが、以前書いたどつぼ・スパイラルにもあるように、この本体とフタの取り付けが大変でした。
ひも二本を穴に通して本体の底部分でくくり、開けるときには上のビーズをひいて開けます。

で、なぜこれが「サボテン・ピクニック」かというと
b0025301_9334789.jpg

お弁当がジャストサイズで入るからです(笑)。
先日トコナッツをつれて眼科に行ったとき「家庭画報」が置いてあって。今月の特集、春のお花見弁当だったんですよ。それはもう日本の粋を集めたような美しいお弁当を眺めているうちに「あぁやっぱり春はお弁当を持ってどこかに出かけないとなぁ」と(笑)。
「…で、なんでサボテンジャーなの?」とは聞かないで下さい(爆)。
b0025301_957013.jpg

あまりにもぴったりでちとお弁当が取り出しにくかったので、持ち手をつけました。
b0025301_957331.jpg

お箸も入れた図。
さ~~これを持ってピクニックに行こうー!
b0025301_10191360.jpg

…しかしこれだけ作った後自分で言うのもなんですが…結構怪しいデザインですね(爆)。ぺたっとそこらへんに置いても底が汚れないように足までつけたんですが…( ̄▽ ̄;)。次はもう少し真面目なものを作ります~~
[PR]
by satoka07 | 2007-04-27 09:22 | 雑貨 | Comments(24)

紙ひも de くるみボタン

b0025301_2151299.jpg

先日ふと思いついてしまいました。「紙ひもdeくるみボタン」。
いや~,原理は単純なんですが,どうして今まで気がつかなかったんだろう…。
普通,くるみボタンというと「くるみボタンキット」というのを購入し,好きな布やリネンにステンシルなどして使うのですが,この「くるみボタン作成キット」というのがなかなかお高い…。
エコのアクセントなどに使うと可愛いのですが,そんな事情もあって今までなかなか使えませんでした。
でも,考えてみるとこういうかんじでエコで作ったら,作れるもんなんですよね↓
b0025301_21584230.jpg

多分これ見ると大体作り方がわかる人は分かると思うんですが,意外と簡単に作れます。
ただこの状態では糸を通すところがないのでボンドで直付けにしか使えない。色々と考えて改良したのがこちら↓
b0025301_1057514.jpg

んん~~~♪いいかんじ~~~~♪♪♪

はっきりいってこれはいいです。50センチくらいの余りエコで笑っちゃうくらい安上がりにくるみボタンができてしまいます。
思わず「意匠登録をしてボロ儲けしてやろうか…」なんて真剣に思ってしまいました(爆)。
でも一日経って冷静に考えると「まぁ考えてみるとそこまで大したことじゃないか」と思い直し,ここ一週間は伝票整理の息抜きにはくるみボタンを作ってました。

あ,ちなみに,紙ひもなので水には弱いです。いつかこれで洗濯実験をしようとは思っていますが,シャツのボタンにはやめておいたほうがいいと思います。
ですが,なんてったって安上がりにできてしまうので,それさえ注意すれば色々なところに使えます。

↓カチューシャとか
b0025301_103321100.jpg

↓くるみボタンのヘアゴムとか
b0025301_1056180.jpg

おうちcafeのナプキンリングなんかにもとっても可愛いです(^^)
b0025301_10372168.jpg

お友達のお土産にはこんなポストカード様式にしてプレゼントしたり↓
b0025301_10375355.jpg

ポストカード;夏「暑中お見舞い わんパグ」SummerCard

細かい作業が続くのでそういうのが苦手な人はちょっとアレですが,でもこれ,作っててなぜかすっごく楽しいです。きっと,布やステンシルで無限の組み合わせが生まれるし,それを使っていろんなものが作れるからかな。
上の写真のヘアゴム,実際にトコナッツに装着してみたんですが,すんっごくかわいい~~(感動)。結ぶとき,ぎうぎうとゴムをひっぱってみたのですが,糸を通すところがちぎれることもなく,全然大丈夫でした(^^)。
もちろんバッグなどのアクセントにしてもよし↓
(バッグ:「エコクラフト手芸4」よりB2さんのバッグ)
b0025301_1140963.jpg


なんかこれ,しばらくハマりそうな予感がします。

追記
この記事の後、「バザー等にこのアイデアを使ってもいいかどうか」という話になり、最初は「バザーって販売のことよね…。それって自分が作ったということを完全に放棄するってことかな…うーん…(´・ω・`)」と思っていたのですが、その後どうも気になってこちらで調べたところ、アイデア自体は著作物にあたらなくって、そのアイデアを説明解説した書籍などは著作物に当たる、と。
「じゃあ以前問題になっていた、どこかの洋画家さんが海外の画家の絵画をそっくりほとんど真似て描いてたのはあれはなに??」なんて思いながら読んでいたのですが。
私の解釈だと今のところ、たとえばわたしがこの「紙ひもdeくるみボタン」というマニュアルを作って販売するとして、そのマニュアルを無断でコピーして転売したり教室なんかで教えたりするとNG、ってことかな??
というわけで、各自で色々と工夫されて、紙ひもでくるみボタンを作るのはOKっていうことらしいです。どーも勉強不足ですいません…(^^;)。あはあは
…でもサイト等でくるみボタンをお披露目するときに、ちょこっとここも紹介してくれると嬉しいな……(^^;)(←すいません独り言です)
[PR]
by satoka07 | 2007-04-04 11:45 | 雑貨 | Comments(21)

手芸用の紙バンドで日々作っています


by さとか