カテゴリ:バッグ( 45 )

b0025301_11202199.jpg

前回の実験で大量にできた1本どりの紙ひも。
色は鮮やかでいいのだが…とにかく1本どりなので,使う用途が限られる。
b0025301_11353569.jpg

一番最初に作ったのは飛行機。基本的にぐるぐる巻いていけばできるので,芯はエコクラフトの11番を使用し,2本~3本を同時に巻いてゆく。自分で染めることによってよりがゆるくなり,もとの紙ひもより若干太くなっているので,結構早く完成しました。意外な副産物とでもいうべきか…。
飛行機…作ってます…マニュアル,必死に作っていますが…(号泣)。

飛行機が完成したのはいいですが…残ってます,まだ大量に。うぬー。
b0025301_11375773.jpg

というわけで,編みに編みました。三つ編みブレード。その長さ約10m。途中で三つ編みを継ぐのが嫌だったので,側面は7mの三つ編みを編んだのですが…編む間ずっと紙ひもがからまって大変でした。いやー,これだけ長い三つ編みをしたのは初めてです(^^;)。
b0025301_1139343.jpg

それを針で残った紙ひもを糸にしてつなぎ合わせ…
b0025301_114304.jpg

できたのがこちらのバッグ。25×11×17cm(持ち手含まず)。
えらく労力がかかったので,少しリッチに皮の持ち手をつけてみました(笑)。色は実際に見てみるともっと鮮やかです。
こういうタイプのバッグって一度は作ってみようと思っていましたが,難しくはないのですが手間がかかりますねー。三つ編みも地獄のように時間がかかりましたが,三つ編みをかがってゆく作業が長かったです。恐らく針と糸を持ち慣れている人ならここまで苦痛に感じないのでしょうが,私は修行と思わないと作れませんでした…( ̄▽ ̄;)。
b0025301_1150562.jpg

「本当にこんなかがり方で大丈夫なのか!?」と非常に心配していたのですが,実際に完成してみると案外しっかりしています。
驚いたのはその軽さ。薄くて軽く,厚めの布のような感覚です。
コサージュとかボタンとか,何かワンポイントをつけようかとも思ったのですが,散々悩んでごくごくシンプルなデザインに落ち着きました。結構気に入ってます(^^)。
[PR]
by satoka07 | 2007-06-06 10:43 | バッグ | Comments(13)

ハートあじろ

b0025301_11181672.jpg

「あじろ編みキャンペーン」第三弾、ハートの柄のあじろ、「トリニティ」です。
先日、B2さんの掲示板でshimoさんから「あじろ編みでハート柄なんてどう?」というご意見を頂いたので、早速チャレンジしてみました。
エコクラフト エコクラフト
私は最近、あじろの模様はドット絵エディタを使って設計しているのですが、このドット絵エディタ、難点を言うとひとマスの幅が変えられない。
エコクラフト エコクラフト
…そりゃそうだ、ドット絵を作るためにあるんだからさ…(-_-)ウーム

困ったなぁ…と思っていたら、けろぴさんから「私はエクセルで設計してから作ってます」とのコメント。
そーだ、エクセルというものがあったじゃないかっ!!
b0025301_16181356.jpg

というわけで、最初にドット絵エディタでハートをあじろで編めるように模様をレイアウトし(←やっぱり最初はドット絵でデザインしたほうが書いたり消したりするのに操作性が良い)、その後その図案をエクセルに移植し(←といっても手作業ですが)、ハートの形らしく見えるように幅を変えて図面を起こし、作成したのがこのバッグです。
b0025301_20272561.jpg

というわけで、このハートのあじろ模様はshimoさん、けろぴさんのアイデアがなかったら作れなかったと思います。三人のアイデアがひとつになって出来上がったこのあじろ、まさに三位一体ということで名前を「トリニティ」と名づけました。
…決してマトリックスのヒロインじゃないですよ~(^^;)。
結構可愛くて気に入っているのですが…自分では持てません(爆)。
エコクラフト エコクラフト
b0025301_18425057.jpg

ところで私事ですが、広島・岡山地方でフリーで配布されている「リビング新聞」に、『ブログにはまってる人特集』という特集の中でこちらの「KAMIHIMO」が掲載されました。
昨日、リビング新聞さんからたくさん掲載された新聞が届き、恐る恐る記事を確認…(ドキドキドキドキドキドキドキドキ)。

…きゃー、やっぱり恥ずかしいかも…(ノ∀`)

【おまけ】
b0025301_9261681.jpg

底の部分近影。
網代編みは縦と横の本数さえ決まれば、あとはふつーに網代で編んでいけばいいと思って、何も考えずに作り始めたのですが、やりはじめたときに
「…そういえばどこから始めればいいんだっけ?」
と気付く(爆)。結局、中心から配置して網代を上半分、下半分と編みました。慣れれば簡単。
編む幅が少しずつ変化するので、よく見ると微妙に波あじろになっています。
[PR]
by satoka07 | 2007-03-18 16:18 | バッグ | Comments(28)

エコ8

b0025301_16144681.jpg

先日の火曜日、巷で話題の「エコクラフト手芸8」をフタバ図書にてようやくゲット!(≧∇≦)

「おお~~、○○○さんの作品がいっぱ~~い♪♪♪」
「はは~、☆☆さんも、△△さんも相変わらずセンスのいい作品作ってますなぁ……( ´ー`)」
「ほほぅ、この方は初めて拝見するお名前だけど、これ、すっごくいい…」
「……あっ、私が密かにファンなあの人の作品もっ」
「ぐわっ、あの方のあのバッグが、レシピ掲載されているぅぅぅっっ!!」

と、独り心の中でひゃーひゃー呟いてました(笑)。
端から端まで読んだ感想としては、「かなりいい」です。
初心者さんでも多分読みながら作れると思うし(いきなり追いかけ編みの大作はやめといたほうがいいと思いますが…)、上級者でもパーツとして部分部分で参考になるところが多いのではないかと思います。

ちなみにどうでもいいことですが、モデルのおねぃさん、すっごく可愛いっすね~( ´ー`)。腕、ほそ~い!この折れそうなウエスト、何センチなんだ?…お肌も透き通るような白さでしかもツヤツヤ~( ̄▽ ̄;)。
あぁ、こちらも見ているだけでため息が…
b0025301_16413166.jpg

というわけで、邪道と思われる向きもあるかもしれませんが練習を兼ねてぷるるさんのブレッドバスケットをベースに、中に掲載されていたいろいろを合体させて作ってみました。だってひとつひとつ作っていたら時間がいくらあっても足りないし…( ̄▽ ̄;)。あはあはあはは

しかしカゴ部分はいいのだけれど、相変わらずふたを作るのにミシンで大変苦労させていただきました…(^^;)。しかも完成した後から
「…これって、フタがないほうがいいかも…」と思い始めるし(爆)
b0025301_16435549.jpg

……うーむむむ、やっぱりフタがないほうがいいような……そんな気がする…。
思うに、私の布のチョイスを誤ったのが原因かと。
うぅ、やっぱり布は苦手だ…(T▽T)。
b0025301_1645650.jpg

まぁいいやこれの所有者トコナッツ(娘)は「フタがあるほうが可愛い」らしいし。


ところで読み終わったあと、衝撃の事実に気がついてしまいました。
あじろ編みの作品がひとつもない!!!∑( ̄[] ̄;)
(↑白字で書いているので反転すると読めます)
あひょ~~ん。
ショックです。
私はあれを見ているだけで幸せな気分になれるのに…。゚(゚*´Д⊂
[PR]
by satoka07 | 2007-02-22 16:39 | バッグ | Comments(10)

あるものを入れるために

b0025301_1034437.jpg

ちょっと試作も兼ねて細長~いバッグを作ってみました。
b0025301_1034101.jpg

写真近影。何が入るかは秘密(笑)。というかまた後日ということで…(^^;)。
b0025301_10341657.jpg

あと,こちらは次回エコクラフト教室に向けての試作品第1号。
でも初心者さんにはあまりにも手が掛かりすぎるということでボツ。(´Д⊂グスン

生徒さんからのリクエストは
この前のより少し大きなかご
☆もしくは鞄をつくるための準備練習になるようなもの
☆もしくはクリスマスやお正月にむけてシンプルでいいんだけど花とかぬいぐるみとかいれてちょっと玄関やチェストなどに飾れるようないれもの

ということで。
b0025301_10342542.jpg

こ,こんなもんかなー…(^^;)。
悩みに悩んだ末,三つ目の課題,クリスマス仕様のカゴにしてみました。
なんというか,私は本来,教室なんてものは非常に苦手で…('A`)。
このままじゃいかんと最近敢えて自分に試練を課しているのですが。
教室用のものを作るっていうのは,いかに誰でも,簡単に,楽しく作られるか…というものを考える練習になるような気がします。
でも,この課題はこの数年でしみついた性分,「個性のないものは作りたくない」という強いこだわりと相当対立するわけで。
考えるたびに頭が引き裂かれるような気がします。
…でも最近ちょっとその苦痛が癖になってきたかも(←マゾ?)。
[PR]
by satoka07 | 2006-11-12 14:43 | バッグ | Comments(6)

あるまじろ再び

前回作った「アルマジロのボックス」,イマイチ模様とデザインが消化不良をおこしていたような気がするので,ずっとリベンジしようと思っていた。
あれから3ヶ月。途中夏休みという期間も入ったのでこんなに時間がかかっちゃいましたが,ようやく完成しました。名付けて「アルマジロのラウンドボックス」です。
b0025301_11143950.jpg

辛かった…。
なんというかこの作品,自分の精神力が試されているような気がしました。
まともに完成するかどうかもわからなかったし,とにかくこの丸あじろというやつ,ずっと集中しないと目が狂うので,ちょっとやっただけでものすごく気力を搾り取られるという…。亀のように進みながら,ようやく本体が完成したと思ったら,3ヶ月かかっていました(爆)。あぁもう二度とやりたくないですこれは。
本体部分直径15センチ,幅約33cm。結構大ぶりです。
正面からの図↓
b0025301_11483637.jpg


ちなみにこれをやっている最中に息抜きで作ったのが「紙ひも咲ちゃん」の替え刃ボックス↓
b0025301_11292273.jpg

ふつ~のストライプボックスに,ステンシルをしてみたんですが,これがかなり可愛く完成したので大変気に入ってます(^^)。
b0025301_1317159.jpg

で,こちらは本日発売の咲ちゃんの彼氏,さきおくんです(笑)。
なんと刃が交換可能!!替え刃も同時発売中です。
ちなみにこちらは同日お店に出した「ブラジリア~ン・タコス」くん(笑)。
b0025301_11444619.jpg

なんだかミョーに気に入ってます。
おっと,商品に後ろのミニボトル,テキーラは含まれておりませんのであしからず…(^^;)。
そちらのほうは私が責任を持って消化させていただきます~(爆)。
[PR]
by satoka07 | 2006-09-11 11:05 | バッグ | Comments(9)

色彩心理学的にいうと

b0025301_111402.jpg

ピンクという色は”幸せだけれど少し不安…”という状態のときに選ばれることが多いらしいです。たとえば婚約中の若い女性などに好まれる…なんて聞くと,なんとなく「あーなるほど」なんて思いません??
というわけで,私が好んで使うことはほとんどないという…(爆)。
しかしまぁたまには,ほんとーにたまにはこういうバッグも作りたくなるもので,私にしては非常に珍しい作品。
手間は少しくらいかかるけど,まぁ簡単なのでマニュアル化してもいいかなぁと思ってみたり。
しかし暑いので実際に作り始めることはまずありえないな…(爆)。はっはっはっ

b0025301_1120493.jpg

こちらは試作品,「紫陽花」。
まだ試作品で編み目もヨロヨロしてますが,上の写真と比較すると,つくづく自分はこっち系のほうが好きなんだなぁと思ってしまいます(^^;)。
でもねぇ,これ。

むつかしかったーーーーーー!!!(;´Д`)
ほんとうにゲロまじで難しかった……。
正直,そんな風にみえないでしょ?
暑さで脳みそが弱っているのは分かっているのだけれど,それにしても難しいわ手間はかかるわで死にそうでした。暗い色なので目も酷使したし。
b0025301_1125152.jpg

底の部分。花のように,凸凹してるところがポイントです。
この,底の部分をくみ上げるのに夏休み期間の脳みそをすべて使い果たしました…。
あ,でもなんとか完成できたので,次はもう少し楽にできるかも。
[PR]
by satoka07 | 2006-08-20 11:28 | バッグ | Comments(19)
b0025301_11524166.jpg

ちゃんとエコクラフトもやってますよ~~ということで。
あじろのバッグです。二本飛ばしのあじろは考えてみると初めてかもしれない…。
底部から側面の立ち上げ部分でかなり悩みましたが,必殺技をつかってなんとかしのぎました(^^;)。
でも,本当に大変だったのは2本飛ばしで隙間が出ないようにすること。
今回のバッグで,とうとう爪が破壊されました(爆)。
b0025301_1152556.jpg

W38cm×D15cm×H20cm(持ち手含まず)。
かなり大きめ。この,大き目のバッグというのも落とし穴で,いくらやっても終わらないのよ…(T▽T)。隙間が出ないようにしっかり詰めながら,延々延々と作業が続く毎日の中,何度独り,蒸し風呂のような部屋で「うぎゃー」と叫んだかわかりません…(^^;)。
編み目近影↓
b0025301_11531176.jpg

ハマナカエコクラフト使用。
今回思っていた色合いの紙ひもがたまたまエコクラフトしかなかったというだけの理由で,ごっそりたっぷり使ってしまった…(;´Д`) 。
せめて販売して,材料費だけの元は取りたいと思っていたのですが,今回どうしても持ち手部分と本体部分との耐久性の様子を見たかったので,あえて自分でこき使うことに決定。
仕方ない…これも未来への投資と考えることにする。
b0025301_11532138.jpg

というわけで,さっそく図書館から借りてきた本が入っています(笑)。
あーしかし今回は本当に大変だった。
正直,これはもう二度と作りたくないです(^^;)。
[PR]
by satoka07 | 2006-07-18 11:34 | バッグ | Comments(4)

ZEBRA-Blue

b0025301_1527194.jpg

たぶんあじろ編みの中で,一番紙ひもに向いている…紙ひもでしか簡単にできない編み方って,波あじろだと思う。
あじろがそこそこ編めるようになったら,変わりあじろの中でも一番最初に作ってみたかったのがこの波あじろ。
こちら編み目近影↓
b0025301_15365857.jpg

太さを変えて三本とびであじろを編むのですが,正確かつ簡単に幅が変化できるのは紙ひもならでは。思ったより簡単にできました。
上の縁近影。
b0025301_15345417.jpg

下の部分がド派手なので(爆),おとなしめなプリントクラフトテープを使用。真っ白よりか断然見栄えがよくなったのですごく嬉しかったです(^^)。

b0025301_15411433.jpg

「Zebra-Blue」
という名前をつけました。シマウマみたいなので(笑)。

しかし聞いてくださいますか,このバッグ。
長時間編み目を眺めていると,目が回って気持ちが悪くなります(爆)。
[PR]
by satoka07 | 2006-05-10 15:40 | バッグ | Comments(15)

あじろまみれ

b0025301_15201924.jpg

ここしばらくは斜めあじろの研究に没頭してました。
斜めのあじろ編みは底から側面に立ち上がるときにちょっとした工夫が必要で、そのまま立ち上げたら絶対に綺麗にあじろが立ち上げられない。

マイサイズの斜めあじろ編みを作るため、とりあえず前回作った斜めあじろのバッグに似たようなものから始める。
b0025301_15184532.jpg

お弁当箱入れ。
なんとか出来上がったが,あじろの目が斜めになっちった。全然だめだ…(;´Д`) 。
ここで,やっぱり適当にやってても絶対できないことが判明する。

というわけで、とりあえず小さいもので底の部分を解析しながら作ってみることにした。
苦闘数時間。突然天啓がひらめく。
やっと出来上がったら,細長いペン立てみたいなものができたので,ついでに「エコクラフト手芸5」のぷるるさんのデザインを参考に一輪挿しを作成。
b0025301_15154363.jpg

う~~ん,涼しげでなかなかいいじゃないですか(笑)。
仕上げはちょうど柿渋を使う機会があったので,それで仕上げています(^^)。


それから試行錯誤すること数十時間。
むちゃくちゃな作り方ながらも、とりあえずオリジナルで作ったのが上のバッグ。
ポケット部分近影。私には珍しく,アップリケをつけてみました。
b0025301_15242097.jpg


33cm×18cm×22cm。思ったよりかなり大きいバッグになってしまった。
上の縁の部分は…適当…(爆)。上の縁近影はこちら↓
b0025301_15222572.jpg

いやはやしかしこのバッグ,アンビリーバボーなくらい時間かかってます。できればもう一つくらい,まったく同じものを作ってみたいのだけど,さてどうしよう…。
[PR]
by satoka07 | 2006-05-05 15:47 | バッグ | Comments(4)
このブログの名前を変えたとき、一番最初に作ってみたいなと思っていたのが「エコクラフト手芸6」( ブティック社)に掲載されていた「斜めあじろ編みのバッグ」だった。
b0025301_10554649.jpg

あじろ編みには色々あって、縦あじろ、横あじろ、花あじろ、花丸あじろ、連続ますあじろ、絞ります目あじろ、丸あじろ…等等。変わり編みでは文字入りあじろ、交色りんずあじろあたりになると、もうさっぱりなにがなんだかわからないような世界に入ってゆく。
b0025301_10555413.jpg

普通に四つに組む四つ編みと似ているけれど、縦・横に隙間なく編まれているのが特徴で、普通は3本とびとか4本とびとかで編まれているのが特徴。

で、私の中では最大級に苦手な編み方です、ハイ(^^;)。
というわけで恥ずかしながらあじろ編みの中でも比較的初級にあたる「斜めあじろ編み」も、今まで一度もチャレンジすることが無かった。

今回参考にしたのは「エコクラフト手芸パート6」(ブティック社)。
裂くのは簡単。底編みも楽勝。
そして,やはり、底面から側面にかけての立ち上がりのところでつまづく。
本の通りにやってもどうしても編み目が整合しない。苦闘6時間。この本を読んでいるだけでは絶対に作れないことが判明し、その他2・3冊の本を参考にしてチャレンジしてみる。
…で結局、私は底のとりかたを90度間違っていたことが判明(爆)。
本の作品は多分「横あじろ」というもので、私の作ったのは「縦あじろ」。
編み目の向きをしっかりふまえて底を取るのが肝要で,適当に斜めに線を引くだけではだめなのね~(^^;)。

仕方が無いのでそのまま色々と工夫して立ち上げる。組み換え、側面を確認し、やっと整合性の取れた側面ができあがるまでにそれから4時間くらいはかかっただろうか。
一度立ち上がってしまえばあとは簡単。とっとと上の縁まで編みあがる。
しかし、縁の始末。
これが、信じられないほどの力技を使っていた( ̄▽ ̄;)。目打ちを使いながら先端部分を編み目にもぐりこます。その間約7時間。なんどもほどいてはやりなおし、ひたすらに縁の始末をする。縁の始末が終わったときには手には細かい無数の傷、指先はさかむけしてずきずきし、手と二の腕はカクカクふるえていた。
b0025301_10563891.jpg

で、ようやく持ち手に入る。
このカゴを一番最初に本で見た瞬間から、自分が作るのなら絶対この持ち手をつけてみたかったのよね。
でもこの持ち手、作るのは簡単だけど、意外と手触りが悪い。というか紙ひもで作ると手に食い込んで痛いのよ…。
ということで手のあたる部分だけは筋入り棒巻きにする。
b0025301_115486.jpg

出来上がったのがこちらです。
こんな初歩的なもので一体何時間、何日かけたのか知らないが、お蔭様でだいたいあじろ編みの基礎はわかったような気がします。
あじろを使いこなせるようになるまでまだまだ練習する予定。多分。
[PR]
by satoka07 | 2006-04-23 01:22 | バッグ | Comments(8)

手芸用の紙バンドで日々作っています


by さとか