カテゴリ:いろいろ実験( 44 )

先日,epoさんのブログの記事で「1本取りに強度をもたせたいねー」っていう話になって。

で,前から試してみたいと思っていた実験をやってみました。

紙バンドを蝋引き加工。

ワックスコードってありますよね。
ビーズやアジアンノットで使用する,アクリル紐に蝋引き加工をした紐。
蝋引き加工しているので,滑りがよく締まりやすい。

でもって蝋を浸透させて,熱で定着させているのだから,少しは強度も上がるのでは??と。

用意したのは仏壇からかっぱらってきたろうそく2本。
φ0.7cm,長さ10cm。(重さ16g)
b0025301_1374259.jpg

紙バンドは兎屋さんの白,1m(12本どり)。

b0025301_1349426.jpg

レンジシートの上にカッターで細かく砕いたろうそくを平に並べる。
b0025301_13495516.jpg

アイロンの「低」でろうを溶かす。
(このとき,アイロン台は要らない布を敷いておく。でないと蝋が飛び散り,すごいことに。側に新聞紙を広げておくとなにかと便利でした)
b0025301_13515573.jpg

蝋が溶けたところでオーブンシートをそっとはがし,溶けた蝋の中に紙バンドを挟み,上からアイロン。
蝋が浸透して,白い紙バンドが半透明に変わってゆく。
そのままスライドさせて,最後まで蝋を浸透させてゆく。
b0025301_13524328.jpg

このままだと蝋がつきすぎているので,余分な蝋を取り除く。
オーブンシートの上にわら半紙(いらない紙ならなんでも可)を置き,その上に蝋引きした紙ひもを置き,わら半紙とオーブンシートで挟み,もう一度アイロンがけする。
b0025301_13565120.jpg

すると余分な蝋がわら半紙に吸着する。

熱いので新聞紙の上でそのまま放置して完成♪

蝋が余ったので,英字新聞を全く同じ手順で作ってみる。
これが…
b0025301_1425050.jpg

こうなります。
b0025301_143698.jpg


この英字新聞を見てもらったら分かると思うのですが,紙に蝋が浸透することにより,色が濃くなり,透明感が生まれます。少しぱりっと…硬くなる。
ラッピングに使ったり,ベーグルサンドなんかを包んだりするとお洒落。

さてこちらが仕上がった紙ひも。
b0025301_13575573.jpg

ちょっと画像では見えにくいですが,透明感が出て,ツルツル。
そしてコシがでてるので,こういうことができました。
b0025301_14777.jpg

1mの紙ひもが,立ちましたwww。

さて,次はこの蝋引き加工をした紙ひもで,マクラメ編みの小物を作ってみます。
b0025301_148033.jpg


--- 後編に続く ---
[PR]
by satoka07 | 2012-06-23 15:46 | いろいろ実験
前編の続きです。

さて,素材ができたので,次は加工です。
蝋引きしたものは接着しにくいとどのサイトにも書いてあるので「蝋引き用ののり,いるかなぁ…」と思ったのですが,木工用ボンドで接着するらしい☆

あるわよ~,木工用ボンドなら家に山ほどあるわよ~~( ´▽`)b

で,いつものようにワイヤーで12本どりを1本どりにしようと,割いた瞬間…
b0025301_14372292.jpg

テーブル中に蝋が飛び散り,すごいことに_| ̄|○。
紙の上で作業することをおすすめします…

木工用ボンドも,時間はかかるけどしっかりつくことが判明。

というわけで,作ったのがこちらです。

b0025301_14443769.jpg

今回,蝋引きしたものと,していないもの,2つ作りました。
縁の部分はあえて紙ひもに負担がかかるような細かい編み方にしてみました。
b0025301_14452888.jpg


最初になにも加工してない紙ひもで編み,次に蝋引き加工したものを作成。
以下,気がついたことを箇条書き。

・色は白だとほとんど変化なし
・編みやすさは蝋引き加工したほうがはっきりと編みやすかった
理由は以下の2つ。
①よく滑るから結ぶとき,力が入れやすい。
②ロウ加工することによって,撚りが戻りにくくなっている

この②がかなり大きかった。
縁の部分,未処理のものは何度も折ったり返したりする間に紙の撚りが戻り,途中でひもが切れてしまうことがあったのですが,ロウ加工したものはそういうことがまったくなかったです。なのでそういう意味ではかなり強度が上がったような気がします。

・仕上がりは特に硬くなった,っていう感じはありませんでした。ほとんど同じ。
・耐水性は上がってると思います。ロウが表面にコーティングされてるから
・紙バンドを裂いた時のバリのすごさが気になる。

で,この最後の項目…「バリ,熱で溶かしたらどうよ?」と。

加熱してみました。( ̄▽ ̄)
トースターで2分30秒ほど。


b0025301_1541832.jpg


コゲました…(´;ω;`)ブワ

席を外して戻ってきたらトースターから煙が出てるんだもん…焦ったのなんのって…。
幸い火は出ませんでしたが,怖かったぁ…(;´Д`)。

ちなみに持った感じ,前よりあきらかに硬いです。
硬いっていうか,ゴワゴワになったっていうか………
で,焦げたのにバリは溶けずにそのまま残ってます。なんてこったい。
これはコテみたいなもので熱したほうがよかったかもな…

まぁでも蝋引き加工,マクラメ編みを1本どりでするときにはかなり有効な事がわかったのでそれは収穫だったかな(^^)。

もう一つだけ…色の変化を見るために,色つきのマーブル紐で試してみるかも。

b0025301_15235962.jpg

作品名 ―― マクラメ編みのカップ
【製作期間】 2012年6月21日~6月22日
【作品サイズ】 直径11cm
【使用材料】 紙バンド専門店 兎 屋
[PR]
by satoka07 | 2012-06-23 15:29 | いろいろ実験 | Comments(14)

紙ひもの脱色実験

夏の元気なご挨拶…ではないですが(笑)。
久々やります,紙ひも実験。

ちょっと必要に迫られて,紙バンドを部分的に脱色したいので実験してみました。

用意したのは兎屋さんの紙バンド,「藍」と「みどり」。
b0025301_21311152.jpg


脱色には塩素系漂白剤を使いました。
キッチンで湯のみの茶渋なんかをとる…アレです。

漂白剤を原液のまま麺棒に浸して,ラインを引く。

--- 1分後 ---
b0025301_2123337.jpg

緑の方は早くも変色し始めています。

--- 30分後 ---
b0025301_21255755.jpg

緑の方ははっきり色落ちしています。
藍のほうも,だいぶ変色しました。


…が。


白くない。
これは黄土色…かな。
私がしたいのは,一部分だけを「白く」したいのよね…。

というわけで,これ以降,「藍」だけを何度も漂白液をつけることを繰り返してみる。

b0025301_23261027.jpg

変化なし( ̄▽ ̄;)。
いや,はっきり漂白剤をつけた部分だけ黄土色に変化するも,これ以上は白くなりませんでした。

さらに真っ白にしたいのなら別の漂白方法をとるか,いっそ白のアクリル絵の具のほうがよっぽど効率的かもしれません。


もともと紙バンドは,藍色なら藍色の洋紙をこより状に巻いて,ボンドで束ねて完成させるものなので,表面に塗られている染料が漂白剤によって色落ちした…っていうわけではないと思うのだけど…。うーん。



なんだかイマイチだった今回の紙ひも実験…何か「これは?」と別の方法が思いついた方…ご意見待ってます(^^;)。
[PR]
by satoka07 | 2011-07-30 09:37 | いろいろ実験 | Comments(9)

膠の実験(その3)

というわけで,実験の結果とまとめです。

◆ 木工用ボンドと比較した場合の接着力の比較

こちらは,濃い膠液を使って,以下のように三種類作って比較してみました。
b0025301_810313.jpg

・ 木工用ボンド
・ 膠液1(湯煎にかけて膠を溶かした後,すぐに使用した場合)
・ 膠液2(1を一日置いて完全に固まった後,再び湯煎で溶かして再利用した場合)

この状態で24時間(膠液2は12時間)放置。

【固まる時間は?】

24時間後,ぺりっと手で剥がしてみました。


どれも…難なく剥がせました(爆)。

最初,力を込めていたのですが…想像よりもずっと簡単に…スカッと。

b0025301_863970.jpg


はっきり言ってこれは……接着していません
紙バンドに膠液が全く浸透していない。

ただちょっと意外だったのですが,木工用ボンドと接着力は似たようなものでした。
木工用ボンドだったらもう少し剥がすのに力がいるかな??と思っていたのですが,これくらいの木工用ボンドの量だったら,こちらもあっけなく剥がせました。

ただ,クラフトの作業が続けられる程度まで接着する時間は,木工用ボンドの方が断然早かったです。


【ビーズなどが膠で紙バンドに接着できる?】
濃い膠液,木工用ボンドを原液のまま塗布後,ビーズを上からふりかけて放置。

b0025301_814296.jpg

両方共よく接着しています。
表面のビーズを指でガリガリやっても,かなり力を入れない限りとれませんでした。
b0025301_824755.jpg

ただ…この写真でわかるかな?
膠の方は,うすい黄色が乗ってしまいました。
使用した紙バンドは兎屋さんの「すみ」なのですが,黒系でもやっぱわかっちゃいますね~。

◆ 膠を全体的に塗った時の表面の変化と強度

【ニス代わりになったり,強度の補強にならないか?】
b0025301_8285493.jpg


薄い膠液を全体的に塗布した場合は,色もわからなかったです。
でも…光沢もほとんどみられない(^^;)。
光沢ならボンドのほうがずっと光沢がありました。水性アクリルニスと同じくらい。

で,強度は「すこぉぉぉし,強くなった…?」くらいかな…(^^;)。
石畳編みの時の,水通ししたくらいと同程度の強度かも。


というわけで…結論。

今のところ…とりあえず,ニカワを使ってこのクラフトをする必要性は感じませんでした。
ま,一度は膠というものを実際に体験したかったので,それはそれでよかったのですが。


【オマケ】
b0025301_8403626.jpg

で,こちらは二日目の余った膠で作ってみた小さい小物入れです。
ここまで作ったらボンドが尽きました。
相当大変だったのですが,作れないことは…なかったですよ(^^;)。
で,二日目のほうが接着する時間が短かったです。
接着力も強い感じ。
水のとき方,温度の管理…もう少し研究すれば,木工用ボンド並に…使える接着剤かもしれません。

b0025301_9285183.jpg

残り,木工用ボンドで最終的に仕上げたもの。
ちょっぴりカントリー風に。
b0025301_9292339.jpg

コーヒーフレッシュ入れとして家で使う予定。
あーしかしほんと,今回の実験は相当疲れました_| ̄|○。
何気にあまり収穫もなかったし。

…ま,珈琲でも飲んで…次,頑張りますか…(笑)。
[PR]
by satoka07 | 2010-03-24 20:32 | いろいろ実験 | Comments(14)

膠の実験(その2)

さて,実験二日目。

前日に水につけておいた膠は水を吸ってこんなかんじになりました。

b0025301_1732748.jpg


いよいよ実験開始です。
天気は雨。気温15度。午後3時から実験スタート。

b0025301_191953100.jpg

これを,60度~70度になるように温度をキープしながら湯煎にかけます。

b0025301_192031100.jpg

膠が完全に溶け,ガーゼで濾して不純物を取り除いた状態です。

b0025301_1921873.jpg

膠濃度が薄い溶液を(膠2本,水100cc),サンプルに刷毛で塗ります。

b0025301_1922660.jpg

右が塗る前の状態,左が膠液を塗った直後です。

すっと浸透しましたが……


全然,接着力というものを感じないんですが…?( ̄▽ ̄;)

手で触れてみてもさらさらとしてて…薄いゼラチン液を指に乗せたような感覚。
かなり時間が経過した後,なんとなく…ぺたっと。してきた…?

おいおいおいおい…と思いながら,とりあえず濃い膠液を同様に作る。

b0025301_19392045.jpg

こちらが濃い膠液を溶いた状態。
薄い膠液に比べ,かなり色が濃く,粘着力もあるかんじです。
b0025301_19444390.jpg

をを…こちらは…木工用ボンドと同じくらいの感覚で…とりあえず接着してるぞ!!


b0025301_19403875.jpg

というわけで,簡単なものは作れないかと余った膠液で網代編みを。

…が,接着力が弱い。
とりあえず接着するけど,力を加えるとすぐに剥離。
ええとね,この感覚…まるで「プリットのりでやっているような感覚」(爆)。だめだこりゃ…_| ̄|○。

なんとかひっつかないかなぁと悪戦苦闘した結果。

どうも,接着後はしばらく…強く押さえておく必要があるみたいで。
とりあえずだましだまし……底の部分だけ作ってみました。


というわけで,次回,最終章…。
実験の結果とまとめです。
[PR]
by satoka07 | 2010-03-23 19:04 | いろいろ実験 | Comments(0)

膠の実験(その1)

というわけで,ひっじょーーに久しぶりに,実験のお時間です(笑)。

膠(にかわ)… 動物の皮や骨から抽出したタンパク質を利用した,昔の接着剤。
今でも楽器の接着や高級家具,仏壇などに使用されています。

このクラフトは普通は接着剤として「木工用ボンド」を使うのですが,一度は膠と紙バンドの接着を試してみたくて。

調べてみたいことは以下の二つ。

◆ 木工用ボンドと比較した場合の接着力の比較

→ 固まる時間は?
→ 耐水性は?
→ アイロンを当てた時の変化は?
→ ビーズなどが膠で紙バンドに接着できる?

◆ 膠を全体的に塗った時の表面の変化と強度

→ ニス代わりになったり,強度の補強にならないか?


b0025301_22411114.jpg

この,細かく切った膠を水に一晩つけて……下準備,完了。

二種類の実験をするので,膠の濃度を二種類作ってます。

・濃い膠液(左)…膠:水 = 1:1
・薄い膠液(右)…三千本膠 2本に対し,水100cc

濃い膠液は接着の実験に,薄い膠液の方は表面全体に塗って表面の変化を観察してみたいと思います。


さて………明日,うまく実験できるかな???
[PR]
by satoka07 | 2010-03-22 22:41 | いろいろ実験 | Comments(2)
秋からずっと,種の収穫のために育てていたタデアイ。
更新は化石化していますが,タデアイちゃんはなんとか生き延びてくれました(笑)。
b0025301_21525290.jpg

9月頃に開花。
小さくて白い,可憐な花が一杯咲きました(^^)。


開花後,とりあえず枯れるまで放置。

ずっとずっと放置。

12月に入り,「もうこれ以上枯れることができません」

っていうくらい枯れている状態から,刈り取ったところがこちら。
b0025301_21112939.jpg


で,このワサワサ状態から,種だけをとるのが…大変…_| ̄|○
b0025301_21121697.jpg

種は約1ミリ。
この年の瀬,あと数日で大晦日だというのにひたすら種をツブツブ,ツブツブとっていく。

結局,まるまる2日かかりました(←バカ)。
b0025301_21132588.jpg

集めに集めた,タデアイの種。
量ってみると,なんと43gもありました。
スーパーで売ってるゴマ1袋分くらいあります(笑)。

これだけあったら…1ヘクタール分くらいタデアイ畑が作れそうです…って,そんなにたくさんどうしろっていうんだ!?(爆)。

誰か「私も来年,タデアイ育ててみたいなぁ」という方がいらっしゃいましたらご連絡ください(笑)。お送りしますよ~ヽ( ´ー`)ノ

…ああこれでやっと歳が越せる……

【オマケ】


収穫したタデアイの種をおいしそうに食べるぴーちゃん(^^)。
スズメに食べられないように気をつける…ということは,鳥は大好きなのかな??と思ってやってみたら…本当に食べています(笑)。
ああ…可愛いなぁ…( ´∀`)。
[PR]
by satoka07 | 2008-12-29 22:40 | いろいろ実験 | Comments(8)

トウガラシの収穫

b0025301_12384316.jpg

タデアイと一緒に植え付けをしたトウガラシちゃん。
こんなに収穫できました(^^)。

さて,これを干さなくちゃいけません。

普通に,ヘタの部分を結んでつなげても別にかまわないのだけど。

時々,雑貨屋さんなんかで綺麗にトウガラシをロープ状につなげてるやつ…あれ,あれがやりたい!
しかも紙ひもでっ!!!(≧∇≦)

b0025301_12433744.jpg

というわけで,作ってみました(笑)。
こちらの編み方を参考にさせていただきました( ̄▽ ̄)。
b0025301_12454851.jpg

編み目近影。
本当は藁やリボンでやるのでしょうが,紙バンドなので固い!
とうがらしが二つに折れそうになりながらも,慣れれば結構サクサクとできました(^^)。
b0025301_1247743.jpg

一番長いので70cmくらいあるかな??
楽しくってつい…長く作りすぎた…かも(爆)。

b0025301_12534679.jpg

ところで,先日の染色実験以来,すっかりご無沙汰のタデアイちゃんですが。

花芽が出てきました!!(^0^)

いやもう相変わらずイマイチ元気がないのでもう花も咲かないのかと戦々恐々としていましたが,デュランタのつぼみみたいなものが先端から出てきました。
無事に花,咲いてくれよ~~~ORZ。


【2012.5.14追記】
唐辛子の編み方のページがリンク切れしていました。
こちらの編み方が参考になると思います。
[PR]
by satoka07 | 2008-09-16 13:28 | いろいろ実験 | Comments(6)

…そうはいっても

b0025301_1932484.jpg

…編んでみるとなんとなく…水色…???
b0025301_19153165.jpg

先日タデアイでの染色実験でできた紙バンド。その長さ10m。
10mでさて何を作るか。
追いかけ編みも面白いかな??と思ったのですが,結局斜め網代の小物入れにすることに(笑)。
b0025301_19222788.jpg

切って組んでみると案外ブルーっぽい。ほほぅ,テープの状態だとまだらで汚い感じだけど,こうやってみると結構いけるかも???
b0025301_19394740.jpg

ということで結局できたのがこちら。
真ん中にアクセントに紙ひもでアジアンノットをつけました。
大目に見ても…『甕覗』(かめのぞき:もっとも淡い藍染の色)ですな…(苦笑)。
b0025301_19323227.jpg

ああ…あと6mあったらフタまで作れたんだけどなぁ…。

題して,「藍染のアジアン風小物入れ」。
……名前だけはすごく立派です(爆)。
[PR]
by satoka07 | 2008-07-23 19:03 | いろいろ実験 | Comments(8)

藍で染める(中編)

b0025301_21373027.jpg

ということで,いよいよ藍染の染色開始です。
ちなみに玄関前本店の上のほうに咲いている紫の花はデュランタです。紛らわしくてすいません(^^;)。

午前11時,温度30.9度。湿度は…割と低い感じです。
助手,トコナッツ…(笑)。
なんでも,科学研究ということで自分も便乗するらしい(爆)。
b0025301_225034100.jpg

トコナッツは普通に布の切れ端を染色。
左から綿100%,ポリエステル100%,アクリル90%+ウール10%。
b0025301_21425621.jpg

刈り取り刈り取り~。
トコナッツと二人で葉っぱだけをひたすら摘み取る(葉しか青くならない)。
ひーふーいいながら収穫した葉っぱ,重さ225g!!!
やたっ,私の紙バンド10mは100gなので,トコナッツの布の切れ端を入れても丁度よい分量です♪
b0025301_21473096.jpg

ちなみに豆乳で濃染処理した後の紙バンド…がっちがちにかたまり,壁にたてかけられます(爆)。ところどころ豆乳のかたまったところがくっついているのではがしながら巻き直し。
b0025301_2150932.jpg

藍は水で洗った後,水と一緒にミキサーにかけます。
ドロドロの液状の中に布と紙バンドを入れて浸透させます。
b0025301_21545460.jpg

この段階で紙バンド,一瞬,しゅぱーっと部分的に青くなったんです。

思うに,最も青色の酵素が働いていた瞬間だったと思います。
これが今にして思うとインディゴが紙バンドに乗った,最初で最後の瞬間でした…。
b0025301_21575527.jpg

布は45分,紙バンドは1時間浸透させました。この状態ではまだ緑です。
b0025301_22122757.jpg

どろどろの中から紙バンドを救出した後,軽く搾って空気にさらす。

この瞬間から普通は,インディゴの色素が空気と反応して,緑から青へと変化します。普通は。この紙バンドの場合,どこから見ても緑でしたが。
……というか,ぜんっぜん染液が紙バンドに浸透してないっ(爆)。
「ああ,あああ…」と思いながら空気に30分触れさせて水洗い後,乾燥。
b0025301_22411782.jpg

…なんっとなく,青に見えなくもない…???
写真では青っぽく見えますが,実際には緑色のほうが強いです。
白のベースに,なんとなく緑色のものがところどころ張り付いているようなかんじ???

染みてないです,染液が。紙バンドに。
もう一度つけてみたら少しは色が濃くなるだろうか…と,もう一度浸透,洗浄,乾燥をくりかえしてみることにする。

---- 後半へ続く -----
[PR]
by satoka07 | 2008-07-22 00:20 | いろいろ実験 | Comments(0)

手芸用の紙バンドで日々作っています


by さとか