<   2005年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ようやく完成。

ふっふっふっ
で作成していたふたつきBOX。ようやくトールペイントも完了し、フタをつけて完成。
でもトールペイント後、なんだかイマイチぱっとしないのでフタの縁に濃いグリーンのストライプのテープを回りこます。

4月に遠くに引っ越してしまう友達のお餞別に、これに色々つめてプレゼントする予定。

Tolepaint designed by.多田かよ子 「四季彩ペインティング」(vol2)
b0025301_1782833.jpg

[PR]
by satoka07 | 2005-03-23 17:09 | 収納 | Comments(0)

美しいですか?

b0025301_23261864.jpg

昨日、テレビを見ていたら「黄金比」のことをやっていた。

1 : 1.618

という比率にすると、なんでもとにかく人間には美しく見えるらしい。
しかも自然界には数多くの黄金比があり、松かさやバラの花びらの配置、オーム貝などなど、生物の成長にも深くかかわっているらしい。
またエジプトのピラミッド、ローマのパルテノン神殿、ダビンチやミケランジェロの作品にも組み込まれていて、黄金比と呼ばれる比が最も美しいと言われているらしい。

本当か!?
だったらエコクラフトでその比率を遵守して作れば美しくなるのか!?

b0025301_23283527.jpg

ということで、作ってみました。早速。正面から見た図。
やはり最初の写真よりも、こっちのほうが安定感があるように見えなくもない…か…?
以下はこの箱の寸法。
b0025301_23292937.jpg

編み目の部分まで黄金比にこだわってみたので、かえって黄金比の形がよくわからない。
もう一度、編み目は普通の太さで黄金比のカゴかバッグを作ってみたほうがよさそうだ。

ということで、今回から「エコクラフトギャラリー」改め「エコクラフト研究所」と改名。
略して ”エコ研” (笑)。
こちらのブログでは、エコクラフトに関する色々な実験を公開することに決定。
ネタが尽きて飽きるまでしばらくやってみます(笑)。

これらの実験の中で、少しでもエコクラフトの世界が広がるような発見があったらいいなと思いつつ。
エコ研の研究員随時募集中!(≧∇≦)
[PR]
by satoka07 | 2005-03-13 23:45 | いろいろ実験 | Comments(5)

エコクラフトの未来。

b0025301_9141394.jpg


いきなりタイトルから大きく出ましたが,最近かなり思うこと。
エコクラフトの将来ってどうなるんだろう…って。
以前にも書いたけど,エコクラフトって,よく言えば素朴なんだけど,悪く言えば単調なところがあって。
素材にむらがない分,何を作ってもどこまでも「エコクラフト」から抜けれないところがある。
誰がどんなものを作っても,見る人が見たら「どれも同じ」に見えると思う。

それが,もう,私には耐え難いまでにいやになってきている。
なんとかエコクラフトらしくみえない作品を目指し,あれこれやっているのだけれど,自分の能力では限界も感じてきている。

こぅ,もう少し…。
トールペイントみたいに,素材を変化させるものが出てきたらいいのにな…。
ペイントしやすくするような下地剤とか,表面をでこぼこにするような下地剤,アンティークに見せるような仕上げ剤とか,エコクラフトの作品にペイントする専用の筆(普通にトールペイント用の筆を使うと,一発でだめになるので要注意)。
トールペイントの世界ではいろんな薬剤が出てるのに。
もっとたくさん,素材を変化させるものがあるほうが,エコクラフトの世界が広がると思う。

今一番ほしいなぁと思う薬剤は,”塗ったらその部分だけ色が変化する薬剤”。
普通に大ぶりのカゴを編んだ後,それを半分,ナナメだけ塗ったらマーブル色になる…みたいなかんじで。
それだけで,ずいぶん作品の幅が広がるような気がするのだけれど。

あと,テープの幅が不規則なクラフトテープ!!
幅が7ミリだったり1.5センチだったり。
普通に追いかけ編みをするだけで,ものすごくおもしろいものが作れると思う。

…いや待てよ,これくらいなら自分でカットして作ってみるか。
できるかな????
[PR]
by satoka07 | 2005-03-02 09:33 | Comments(2)

手芸用の紙バンドで日々作っています


by さとか