<   2005年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

b0025301_1131878.jpg

昨日の夜,はたと「ものすごく細い紐で六つ目編みの細かいカゴが作ってみたい」と思いついてしまった。
できるかな??と思いながら作業開始。やっぱり紙ひもには厚さがあるので内径1センチ以下にはならない。まぁこんなものか…と作業を続行し,底を編み上げ側面に入ってしばし悩む。なんだかもっと繊細さというか細かいのが作りたいんだよぅ…。

ということで,六つ目編みから麻の葉編みに急遽変更。
b0025301_11315249.jpg

で,完成したのがこちら。横から見た図。

難しくはないのだが手間がかかる。
一番最初にざざっと作ってみて遠くから眺める。
……だめだめじゃん…(爆)。
なにがだめって,なにせ2本どりで作っているので紐がひわる。
なるほど…こういう作品は「線の美しさ」が命なんだ…。
仕方なくピンセットで一本一本真っ直ぐにしながら,中心の部分からはみ出ないようにミリ単位でヒモをカット。こちらが近影。
b0025301_1137251.jpg

直径約18センチ。でも所要時間約5時間。………は~~…疲れた…。
[PR]
by satoka07 | 2005-05-25 11:41 | 収納 | Comments(4)

ちょいと難しかった。

b0025301_13104272.jpg

もともとは100円ショップで売っている飾り板にトールペイントし,そのボードにあわせて下のカゴを作成。トールペイントデザインは「ANTIQUE GREEN」のアングリさんこと横川みどり先生。
本当はリースの形のデザインを,100円ショップ飾り板用にアレンジして描かせていただきました。
もとのデザインが可愛いのでなにもカゴにしなくても…と思わなくもないのだが,板という形状を見るとそれにあわせてカゴを作らずにはいられない性分。

論理的にこうやって作れば完成するはずだ…と思いながら作っていたのだけど,さすがに最後の縁の部分で,カーブをつけて固定させる作業は最難関だった。
で,完成したのがこちら。横から見たところ。
b0025301_13111971.jpg

横の編みヒモはもっと細くしたらよかったな…。
懲りずにまたチャレンジするしかないか…。
[PR]
by satoka07 | 2005-05-24 13:13 | 収納 | Comments(2)

編み目に現れる心情

小風 さち (著), Olga Jakutovich (原著), オリガ ヤクトーヴィチの「はちみついろのうま」という絵本の中で,美しい娘と鬼婆が出てくる。

美しい娘はどうも籠屋の娘らしく,家の中には大小さまざまな美しく編まれたカゴが並んでいる。
…「おお~,ゴッドアイの持ち手だ~」と思わず一つ一つチェックしてしまった(苦笑)。

で,その娘の穿いている靴が,何かの植物を編んで作った靴だった。
色は亜麻色。綺麗に編まれている靴は,スリッパに紐を通しているような形だった。
「昔のウクライナの人はこういう靴を履いていたのかなぁ」と眺めていたら,鬼婆が登場。

見ると,同じように何かの植物で編まれた靴を履いているのだが,こっちはバサバサのボロボロの靴を履いている。色も薄汚い感じで,ところどころほつれている。

こういう描写で人物を書き分けている画家のテクニックがとても面白く感じた。
そう,心が荒んでいるときにかごを作っても,私は綺麗に編めないです。まぁそもそも編もうと思う気力も萎えるのだけど(苦笑)。
逆にしっかり休んで気力充分,いいアイデアが思い浮かんだときには特に努力しなくてもサクサク作品が完成したり…。まぁそんなことは滅多にないんですが(爆)。

左のメニュー下「ライフログ」に,「はちみついろのうま」のリンクを貼ったので興味がある方はチェックしてみてください。
[PR]
by satoka07 | 2005-05-17 13:49 | Comments(2)

わらじを作ってみる。

b0025301_8301591.jpg

以前からエコクラフトで作りたかったものというと,なんといってもスリッパ!!
それを作るためにぜひ一度作ってみたかったものがわらじだった。
しかし,わらじの作り方ってなかなか文献にも載っていないので,ずっと構想だけで止まっていた。が。
ヒントは意外なところに転がっていた!∑(゚ロ゚〃)ハッ!
なんと近所の公民館の図書コーナーで貸し出されていた,小学生用のアウトドアの指南書「冒険図鑑~野外で生活するために」さとうち藍・文,松岡達英・絵(福音館書店)に載っていた。

さっそく作ってみる。

まず水に浸したクラフトテープを一本どりに裂き,こより,ロープみたいなものを作る(これがめっぽう大変!)。
で,ロープみたいなものができたら,本通りに編んでみる。あっというまに完成。簡単じゃん。
何が一番大変だったかというと,こよってロープみたいなものにする過程。前回の実験「水に漬けてみる」をふまえて,クラフトテープを水に漬けてなかったらきっとゴワゴワとしてしならず,完成できなかっただろうな。

あ,でも,わらじのサイズは結構悩みました。編みこむひもの長さが短くて(ていうかこれ以上こよるには作業の工程で限界があった),もっと幅のあるものを作りたかったけどひもが足りないので幅を細くし,ぎりぎりのサイズで作った。通しひもを一緒に編みこませるためにも何回も編みなおしたし。

で,これが穿いたところ(お見苦しい足ですいません)。
b0025301_8325553.jpg

おおー♪いい感じじゃないですか~~(^^)。
……って,ヒモが痛いっ!∑( ̄[] ̄;)
足底部分はベリグーなのだけど,足首などに回しているヒモが足に食い込んで,紐を解いたら足に縄目がくっきり浮かんでいて超セクシー(爆)。…Mな貴女にはたまらないアイテムかも……って!?なんか違うだろ…( ̄▽ ̄;)

うむー…足底部分はいい感じなんだから,問題は足首周りのヒモだよね…。これ,皮ひもあたりだったら完璧に仕上がるかもしれない。
[PR]
by satoka07 | 2005-05-12 08:42 | 雑貨 | Comments(9)
水に漬けてみる。の実験結果とまとめ。

【水から引き上げて3日後(5/8)】
b0025301_8325188.jpg


・乾くとボンドも固まって,そこそこ強度が戻っているが,強く引っ張るとすぐに外れてしまうので実用で使えるかどうかは疑問
・テープそのものは,端がほつれていなければ少し固いけど再利用可。全く問題なく使えると思う。
・④の石畳編みはガキガキに固まっている。以前より強度が増している。


《今回の実験 ~まとめ~》
・ クラフトテープが濡れた後乾いたら,全体的にテープは硬くなるので,形崩れを防ぐためには使い方によっては有効かも
・ 濡れている状態だと,平編み,三つ編みをするのがすごくやりやすい。乾いた後も形がかっちり固まり,綺麗に仕上がっている。
b0025301_8434694.jpg

・ ボンドでの接着は水にぬらすとだめになる。水に浸して5分後にはボンドがふやけて接着力を失ってしまう

⇒ 以上の結果を統合すると,防水に一番強いエコクラフトを作るには「ハマナカエコクラフトテープで作った,できるだけボンドを使わずに石畳編みで作った作品。水による色落ちは心配しなくても大丈夫」ということになるかな…。
ただ,ノーブランドの紙紐にもいろんなメーカーや種類があるので,これが全てというわけではないかもしれない。

《今回の実験 ~反省点~》
やはりボンドが耐水性には大きく影響しているようなので,次の実験ではボンドについて重点を置いたほうがよいみたいだ。
ボンドをつけて放置した時間,種類,量など,もっと細かく決めて実験するほうがいい。他の種類の接着剤も同時に試してみると面白いかもしれない。


---- 付 記 ------
後日,色の濃いカラーテープ(ノーブランド・青紫)を大量に(4本どりを10メートルくらい)水に漬けてみたところ,漬けていた水の色が水色に変わっていた。今回の実験ではテープが少量だったので気がつかなかったが,大量に水に漬けると色落ちしていることがよくわかった。もしも水に漬けて何かしようと思っている方はご注意ください。
[PR]
by satoka07 | 2005-05-09 08:48 | いろいろ実験 | Comments(6)
前回の実験,水に漬けてみる。の途中経過報告。

【水に漬けてから3日後(5/5)】
b0025301_7585018.jpg

見た目は全く変化ナシ。テープの端の部分も2日前に比べてほとんど変化ナシ。
鉛筆の後ろでつついてみると,ボンドで井桁に組んだものがボロボロと分解されてゆく。
それぞれ50回くらい振動を与えた後,水から引き上げて軽く布で拭いたところが下の写真。
b0025301_841788.jpg

b0025301_825236.jpg

①ノーブランドナチュラルテープ…何本かは残っているが接着部分はいまにも取れそう。端の部分もかなりほぐれている。ひっぱると簡単にボンド部分がはがれてしまった。
②ハマナカカラーテープ…これが一番しっかりくっついていて,端の部分もほとんどほつれていない。ボンド部分を引き剥がそうとしてもかなり力を要した。
③のノーブランドカラーテープ…跡形もなくバラバラに分解。テープの端は②の次に綺麗で,ほぐれず状態を保っている。
④ノーブランドナチュラルテープの石畳編み…石畳の編み目は全く問題なし。テープ端部分の損傷が激しい。

《気がついたこと》
・カラーテープの色落ちは②,③共に全くなかった。水から引き上げて布で拭いても,布に色落ちするなどということはなかった。漬けていた水の色も透明無色。

・テープ1本1本の,こよりを束ねているボンドはかなり丈夫で,横方向にしごいてもこよりがバラバラになることはなかった。かなり強くしごいたら①だけ部分的に割れた。②③はまったく変化ナシ。

・水に漬けた後のクラフトテープはとても手触りがよくてしなやかになっている。
→三つ編み,平編みがすごくやりやすい
→折れない。弾力性がある。

この状態で,完全に乾くまで放置する。
[PR]
by satoka07 | 2005-05-09 08:20 | いろいろ実験 | Comments(0)

水に漬けてみる。

以前からずっとやろうと思っていた実験のひとつ,「クラフトテープの水の耐久性」の研究。
本日(天気:晴れ/曇り,気温23度),昼の12時からスタート。

【 テーマ 】
「水に長いこと漬けていたらどうなるか??」

【 予 想 】
結構持つんじゃないかな?クラフトテープ自体が水に弱いわけじゃなくて,接着している木工用ボンドが水によって接着力がなくなってバラバラになるのではないかと。

【 方 法 】
①まずは4つ・2パターンのサンプルを作る。
b0025301_1231167.jpg

・8センチの長さに切って,井桁に組んで木工用ボンドで貼り付けたものを作成。1時間半乾燥。
・カットしただけで(8センチ)何もしないものも用意。

材料は以下のものを使用。

1.業務用ナチュラルクラフトテープ
2.ハマナカエコクラフトテープ(グレー)
3.ノーブランドのカラークラフトテープ(紫)
4.業務用ナチュラルテープを石畳編みに編んだもの

② お皿に300ccの水を入れて様子を見る。

【結果】
<< 水に入れて5分後 >>
b0025301_12432948.jpg

早速,テープの端がほぐれてきた。Σ(゚Δ゚*)ウォッ!
①の業務用クラフトテープが一番丸まり,ほぐれているような感じになっている。
どのテープもボンドのつけ方が薄いところはボンドが白濁し,テープがはがれ始める。

<< 水に入れて30分後 >>
b0025301_13573163.jpg

(画像をクリックすると拡大した写真が見られます)
①の業務用クラフトテープはますます端から紐がほぐれていくのに対し,②エコクラフトカラーテープと③ノーブランドカラーテープは現状維持。

<<水に入れて2時間後>>
30分後から全く変化ナシ。ちょっと鉛筆の後ろで10回くらいつついて振動を与える。
b0025301_13505482.jpg

④の石畳編みは端がバラバラになっていっているけど,結び目自体は全然大丈夫そう。

ちょっとこれで1日放置してみる。
できれば1週間くらい観察してみたいのだけど,この季節,水が腐りそうなので(爆)様子を見ながら観察することにする…。
[PR]
by satoka07 | 2005-05-02 13:59 | いろいろ実験 | Comments(8)
先日テレビを見ていたら,「化学物質過敏症」という病気を持った子供たちのことをレポートしていた。
化学物質過敏症とは,大量に化学物質を体内に取り込んでしまったり,微量でも長期間に接種したことにより,化学物質を吸ったり触れたりすると頭痛や吐き気などが引き起こされる病気のこと。詳しくは此方へどうぞ
番組では小学生の男の子が重い化学物質過敏症になっていて,「学校に行く」という行為だけでヘロヘロになって立っていられなくなっていた。床に塗るワックスや教材から揮発する化学物質、他の教職員のたばこや香水、校庭の樹木へ散布される殺虫剤…ほんとに世の中には化学物質があふれているので,その男の子は学校に行くことすら決死の覚悟が必要なのだ。

で思った。「この子は…エコクラフトも作れないじゃん…」って。
エコクラフトの必須アイテム,木工用ボンドは思い切り化学物質だよなぁ。
私はそういう病気になったことはないけれど,ヘビーにエコクラフトやっているときっていうのはボンドの匂いでちょっと頭がクラクラすることがあるのだけれど,この子はそんなレベルの話じゃない。のりは大丈夫なんだろうか。絵の具も多分だめなんだろうなぁ…。
でも,創作する楽しさを,そんな病気のために妨げられるなんてあまりにも可愛そうな話じゃない??

ボンドを使わず,簡単に,誰でも作れるキットって作れないかなぁ…。
実は友人にちょっとだけ右手が不自由なヒトがいるのだけれど,ずいぶん前にその人にエコクラフトを教えているときに困ったことがあった。片方の手でしっかり持つということが大変なのだ。
これはきつい。力が入れられないっていうのはかなり辛いものがある。
う~~~~ん,こういうとき,どうしたら問題が解決できる??

どんな人にでも作れる,バリアフリーなキットを作るっていうのは,複雑怪奇な作品を作るより余程難しいことなんじゃないかと思う。
未だ試作品すら完成したことがないという…。
まだまだ私は修行が足りないんだろうなぁ…。
[PR]
by satoka07 | 2005-05-01 21:26 | Comments(3)

手芸用の紙バンドで日々作っています


by さとか