<   2006年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

便利っすよ

用意するものは木工用ボンドと洗濯ばさみ。好きな大きさで箱が作れるのが最大の利点と聞いて「少しは家の整理できるかもしれないなぁ」と思ってやりはじめたエコクラフト。
数年立っているが,なぜか家の中は全然片付かない。
というのも,モノを作るにあたって材料を際限なく購入してしまう自分の悪癖のせいらしい。
収納に頭を悩ませるもののベストスリーを以下にあげてみる。

1.裂いてあまった紙ひも
2.際限なく増えてゆき,色や形状もさまざまなビーズ・ボタン類
3.特に使うわけでもないのに何か使えそうな気がするリボン類

とくにこの3のリボン類は,何も考えずにとりあえず小箱に入れておいていたら,とうとうもつれて大変なことになってしまった…(;´Д`) アワワワワ…
というわけで,登場したのがこちら。
b0025301_12514720.jpg

リボンボックスです。
中にくるくるっと巻いて輪にした紙ひもを芯にし,いらなくなったCDやDVDでそれをはさんでリボンの糸巻きのできあがり。
内部はこんなかんじです↓
b0025301_1363095.jpg

木工用ボンドでつくかな??と不安だったのだけど,そんなに強度がいるものでもないのでまぁよしとする。
もう聞かないけど綺麗な印刷がされている音楽CDだと,かなりおしゃれな感じです。
b0025301_1383637.jpg

ちなみにこういう幅の広いリボンには兎屋さんの「エルくらふと」を使用しました。紙ひもなんですが,ぶっとい幅がこういうときに役立ちますね(笑)。
これだったらもつれることもないし一目瞭然ですぐに取り出すことができるので結構便利です。
皆様もよかったらぜひ(^^)。
[PR]
by satoka07 | 2006-01-23 13:14 | Comments(0)

はっとしてグー

b0025301_11493274.jpg

たかはしかつみです。
と,昨日はトリビアを見ながらこんなものを作っていました。
前回の「」の進化系なのですが,まさか自分自身,紙粘土と紙ひもがコラボすることがあるとは思いませんでした(^^;)。
いや,先日突然思いついて。思いついたらたまらない性分なので,さっそく製作。
b0025301_11521329.jpg

ちなみに親子で製作。
北欧風のインテリアのオブジェに見えなくも…ない…か…??( ̄▽ ̄;)
この背中のチクチク刺すだけで3時間…。おそらく1000回はさしたのではないかと。作り方自体は簡単なんですけどね~その刺す手間がね~~~ちょっとね~~~~。

でもかわいいので,余りエコを消費するにはとても良いかもしれない…。
[PR]
by satoka07 | 2006-01-19 11:58 | 雑貨 | Comments(5)

思い出しました。

b0025301_2230222.jpg

そう,そういえばまだエコクラフトをやり始めてから間もないころ,A4サイズの収納箱を作ろうと思ったことがありました。
すっかり忘れてた……そのとき,ものすごく大変だったことを。
A4サイズの書類が入る箱というと,一見小さいように見えるけど,実際作ってみると案外大きいもので,しかもA4サイズぴったりだと書類の出し入れが難しいので,それプラス3センチくらいは余裕を持たせないといけない。
というわけで,A4サイズの書類ケースというものはかなり大物の類に入るのだが。
そのことをうっかり忘れていた私は,6本どりの芯,3本どりの横編みひもというかなり細かいゲージで計算してテープをカットしてしまった……。
本当はもう1つ作ってお父様の誕生日プレゼント用に前倒しして作っておこうと思っていたのだけれど。
…正直,もう二度と作りたくありません(爆)。
b0025301_22355249.jpg

ちなみに,真ん中の格子部分にはカードがさせるようになっています。
ポストカードなんかをさすとおしゃれなかんじですが,実際は取っておきたいDMを,とりあえず収納する場所です(笑)。こんなかんじ↓
b0025301_22374144.jpg

b0025301_22395927.jpg

蓋の内側には布で内ポケットをつけて,こちらにもクーポンその他よもやまのどうしても必要でさっと取り出したいものを入れておく予定(ようするにA4サイズの書類ケースというより,机上においておくクーポンボックスなのかも(爆))。

あぁでもあの方法でも作れるか試してみたいんだよなぁ…。
A4サイズで作らないと意味ないしなぁ…。
でもそれ以外にも試してみたい実験があるしなぁ……(悶々)。
[PR]
by satoka07 | 2006-01-08 22:48 | 収納 | Comments(7)

手芸用の紙バンドで日々作っています


by さとか