<   2006年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

いやんこれ

b0025301_8325330.jpg

滅茶苦茶つくるのが楽しいんですけど…(^^;)。

あじろ編みの修行の合間,気分転換に花のボタンを作っていたら,ふと
「これって,髪みたいだよね…」と人形が作りたくなってきた。
ということで一番最初に作ってみたのがこの3つ↓
b0025301_8551896.jpg

大きさはだいたい7cmくらい。
所要時間は1個40分くらい??
多分,布の扱いに長けている人なら10~20分でできるはず。
バカっぽいんだけどあら結構かわいいじゃないですか♪
この三つができた段階で頭の中でアクセルがかかる。
b0025301_8572521.jpg

ジンジャー ベリン (約5cm)
b0025301_8573849.jpg

アン(約7cm)

うーーん,これは楽しいぞ!!!(≧∇≦)
頭の部分はウッドビーズを使い,アクリル絵の具でちょこちょこペイント。服は最近やってきたミシン,ブラザーイノヴィスC61と手縫いを併用する。
赤毛のアンのほうは私の技術力のなさで上のブラウスだけで3時間かかってしまった(爆)。しかもなんか曲がってるし(滅)。
チクチクが上手な人なら多分30~40分もあればできるんじゃないかな??
ベリンのほうは超簡単!しかも可愛い!!
これ,10個くらい作って,フリマやバザーの埋め草には最適かも。
[PR]
by satoka07 | 2006-05-26 09:08 | 雑貨 | Comments(11)

焼いてみる。

「エコクラフト研究所」の時代から,いつかはやってみようと思っていた実験。
竹工芸の仕上げ,着色工程には「炭化」というものがあって,早い話が熱による炭化で着色する。その場合の炭化着色は温度150~155度,蒸気圧3~5kg/c㎡,時間30~40分。炭化処理のため,弾性や強度がかなり低下する…とある。(資料;『図説竹工芸―竹から工芸品まで』 佐藤 庄五郎 (著),共立出版)
圧力はかけられないので,まぁ天気のいい日にすればいいだろう…と,ふつうにオーブンで焼いてみる(爆)。

---- 予想 ----
☆ 実際はこの温度ではなかなか色がつかないんじゃないか??
☆ 発火して火事になることはないと思うけど,使用している木工用ボンドが発火したり溶解するのが心配

5月22日,気温22度,晴れ時々曇り
b0025301_1534534.jpg

用意したのはホワイトとナチュラルの小物2点。
b0025301_15371989.jpg

天板にアルミホイルを敷き,150度で30分,下の段に入れて焼く。
b0025301_15381845.jpg

万が一のことを考えて,水も用意(笑)。

【加熱開始 15分後】
気のせいか,なんか薬品の匂いがするような…???

【加熱開始 30分後】
b0025301_1545177.jpg

オーブンから出してみると,ホワイトはごくうすく,黄色がかっている。茶は変化なし。
触った感じは少し硬くなっているかな??気のせいかも。

で,これといって変化がなかったので今度は200度で20分,下の段で再加熱。
【再加熱 10分後】
なんか薬品というかビニールの焼けたような匂いがするような??
それから,なんとなく黄色っぽく,うすく茶色っぽくなってきた

【再加熱 15分後】
なんか匂いのせいで頭がくらくらしてきたような?
でもこれはただ単に昼食の腐ったトマトのせい??
色はかなり褐色みをおびてきた。裏側はどうなってるんだろう…。

【再加熱 20分後】
b0025301_15552618.jpg

焼き上がり~~♪(笑)
いやー,紙ひもから湯気がたっている姿,結構笑えます…(苦笑)。
b0025301_1665036.jpg

こちらホワイト。真ん中の写真は比較のためもとのホワイトテープを乗せて撮影。
かなりホワイトには色がのってきたけれど,オーブンの焼きムラが気になる。
b0025301_16151682.jpg

こちらは茶色。上に比較用の元のテープを配置して撮影。こっちも色がついてきたのがわかるようになってきた。おまけにツヤが出てきている??
ただ,こちらも焼きムラがある。

【焼きムラをぼかすために角度を変え200度で10分再加熱】
b0025301_16182390.jpg

かなりいいかんじでムラがなくなりました。
ただ,ビニールの焼けたような匂いは気のせいじゃなかった…。う,うう…なんか気持ち悪くて頭もクラクラするような気がする…(;´Д`)アワワワワ。
b0025301_17102541.jpg

よく観察してみると,ボンドを使ったところが部分的にこげていることが判明。
固くなったのも気のせいじゃなかった。結果,ものすごく固くなっている。柿渋並み。
うーんそうか,紙ひもは熱を加えると固くなるのね。これは新発見だわ。

≪ まとめ ≫
・ホワイトは加熱しすぎたかな?
150度,40分くらいで薄いアイボリーくらいにするのがちょうどいいかも

・茶色は200度で20分,角度を変えて10分再加熱くらいがベスト??

・茶色はかなりいいかんじの色になり,ツヤもすこし出て,かなりの強度が増した。
これって…もしかしたらニスの代わりになるかも!?Σ(゚Δ゚*)ウォッ!

※留意点1 … ボンドの部分だけよく焦げるので,ボンドの汚れは厳禁
※留意点2 … 焼くとき,もしかしたら有毒ガスみたいなものが出る?? 健康の為換気は必須

≪ 後日談 ≫
その後、もっとよく観察してみると、硬くなったのは主にボンドの部分であることが判明。
縁にボンドをたくさんつかっていたことにより、縁部分が強化され、少々踏んでもびくともしなくなったようだ。これは確認のため、ボンドをまったく使わずに作った作品と、ボンドを使って作った作品とを同時に焼いて比較する必要があるかも。


以上,役に立ったのか役に立たなかったのかイマイチはっきりしない実験でした。
[PR]
by satoka07 | 2006-05-22 16:14 | いろいろ実験 | Comments(12)
b0025301_9381195.jpg

あじろの交色編みをやりはじめました。
色を加えて,柄編みに挑戦です。

こちらは斜めあじろではないので立ち上がりは簡単。
柄もかなり単純な部類に入るので,どうってことなさそうに見えますが。

試作品と思って四本どりで作り始めたのが運の尽き。
もともと紙ひもには1ミリという構造上削りようのない厚みがあって,それがことごとく細かい作業の邪魔をする…。
どうしても隙間が出て,それを隠すために指と爪とで詰めるのですが……爪が指からもげそうになりました。

なんとか,ようやく,完成だけはしたけれど………はっきりいって全然だめですな,ハイ。
[PR]
by satoka07 | 2006-05-15 09:36 | 収納 | Comments(4)

ZEBRA-Blue

b0025301_1527194.jpg

たぶんあじろ編みの中で,一番紙ひもに向いている…紙ひもでしか簡単にできない編み方って,波あじろだと思う。
あじろがそこそこ編めるようになったら,変わりあじろの中でも一番最初に作ってみたかったのがこの波あじろ。
こちら編み目近影↓
b0025301_15365857.jpg

太さを変えて三本とびであじろを編むのですが,正確かつ簡単に幅が変化できるのは紙ひもならでは。思ったより簡単にできました。
上の縁近影。
b0025301_15345417.jpg

下の部分がド派手なので(爆),おとなしめなプリントクラフトテープを使用。真っ白よりか断然見栄えがよくなったのですごく嬉しかったです(^^)。

b0025301_15411433.jpg

「Zebra-Blue」
という名前をつけました。シマウマみたいなので(笑)。

しかし聞いてくださいますか,このバッグ。
長時間編み目を眺めていると,目が回って気持ちが悪くなります(爆)。
[PR]
by satoka07 | 2006-05-10 15:40 | バッグ | Comments(15)

あじろまみれ

b0025301_15201924.jpg

ここしばらくは斜めあじろの研究に没頭してました。
斜めのあじろ編みは底から側面に立ち上がるときにちょっとした工夫が必要で、そのまま立ち上げたら絶対に綺麗にあじろが立ち上げられない。

マイサイズの斜めあじろ編みを作るため、とりあえず前回作った斜めあじろのバッグに似たようなものから始める。
b0025301_15184532.jpg

お弁当箱入れ。
なんとか出来上がったが,あじろの目が斜めになっちった。全然だめだ…(;´Д`) 。
ここで,やっぱり適当にやってても絶対できないことが判明する。

というわけで、とりあえず小さいもので底の部分を解析しながら作ってみることにした。
苦闘数時間。突然天啓がひらめく。
やっと出来上がったら,細長いペン立てみたいなものができたので,ついでに「エコクラフト手芸5」のぷるるさんのデザインを参考に一輪挿しを作成。
b0025301_15154363.jpg

う~~ん,涼しげでなかなかいいじゃないですか(笑)。
仕上げはちょうど柿渋を使う機会があったので,それで仕上げています(^^)。


それから試行錯誤すること数十時間。
むちゃくちゃな作り方ながらも、とりあえずオリジナルで作ったのが上のバッグ。
ポケット部分近影。私には珍しく,アップリケをつけてみました。
b0025301_15242097.jpg


33cm×18cm×22cm。思ったよりかなり大きいバッグになってしまった。
上の縁の部分は…適当…(爆)。上の縁近影はこちら↓
b0025301_15222572.jpg

いやはやしかしこのバッグ,アンビリーバボーなくらい時間かかってます。できればもう一つくらい,まったく同じものを作ってみたいのだけど,さてどうしよう…。
[PR]
by satoka07 | 2006-05-05 15:47 | バッグ | Comments(4)

手芸用の紙バンドで日々作っています


by さとか