<   2007年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

そしてこれが染め上がった紙ひもです。見事に一本一本バラバラになってます。
b0025301_1241480.jpg

…………。
ここまでやったからには,やっぱり最後までやってみようと,洗濯のりでバラバラになった紙ひもをまとめる。
b0025301_1245617.jpg

さすがに全部は無理なので,1メートルだけ。

【結果】
b0025301_1214074.jpg

① 染色前の紙ひも (ノーブランド,ホワイト)
② 30分ベストフィックスで染色した紙ひも(10本どり)
③ ハマナカ エコクラフト (色番 11)
④ 2分間ベストフィックスで染色後,すぐに洗浄した紙ひも

です。
意外なことに,仕上がりとしては④が一番ダメでした。短い時間漬けていただけなので一本一本がバラバラになってはいないのですが,かえって中途半端にくっついているので手の施しようがないという…。色も薄くてムラがあり,とても使用できる状態ではない。

②は,最後は意外とまとまってくれました。うん,結構綺麗…じゃないか!???
下のエコクラフトと比較しても分かるように,エコクラフトに比べるとより深い青です。ところどころにムラがあるけれど,それも使ってみると面白い味になるんじゃないかと思います。
ただ,一度完全にボンドが溶けてもう一度合わせているので,最初の状態より一回り太くなりました。手触りもザラザラでボコボコとしています。
色のつき方はアクリル絵の具でラフに塗ったような感じですが…アクリル絵の具でこの色は出ないかな。もちろん中まで完全に染まっているので裏表,切った断面もこのブルー。

次の記事,これを使った作品をUPする予定です(まだ作ってないけど)。

【まとめ】
・ 一応,染色はできたが,この染色方法では1本1本がバラバラになる。

・ おそらく紙ひもは熱湯に致命的に弱い。
→熱湯を使わない染色方法で試してみるのが今後の課題。

・ 色むらをどうするかも今後の課題。ムラもあったらあったで面白いんだけど…。完全に色むらのないクリアな染め方まで把握できれば嬉しい。

・ この染料の説明書によると,日光堅牢度が良好らしいです。というわけでエコクラフトとこの染色したやつを直射日光に当てて,日光堅牢度もどれくらいあるのか実際に確認する必要あり。


【おまけ】
b0025301_12303852.jpg

夜,フライパンで熱湯の中に紙ひもを投入してみました。
結果,1分以内にボンドが溶け,バラバラになりました。
やはり染色の溶剤という問題ではなく,熱湯に弱いことが判明。

…ふっ …いいさ… いくらでも他に染める方法はあるんだから…┫ ̄旦 ̄┣
[PR]
by satoka07 | 2007-05-27 12:02 | いろいろ実験 | Comments(13)
そもそも,この染料(ベストフィックス:綿,麻,レーヨン染色用)の染色方法は

1. 素材を水に軽くつけておく
2. 染料を熱湯で溶かし,ぬるま湯から徐々に温度を上げていき,塩水を投入した後,80度以上の温度で30分かきまぜながら煮沸
3.色が出なくなるまで水洗いし,ぬるま湯で洗濯洗剤と一緒に洗って陰干しする
b0025301_1054513.jpg

ということで,すっかりテフロン加工がはげて使わなくなった中華鍋に薬剤を決められた分量を投入し,煮沸開始。

数分後「…あり?」と気がつくと,すべての紙ひもが一本ずつバラバラになってました。どわーーー,なんで!?
b0025301_10543554.jpg

ちなみに,以前実験したことがあるのですが,紙ひもは水に2時間漬けたくらいじゃびくともしません。→詳しい実験はこちら
「うわなんで!?どうしよう どうしよう どうしよう あわわわわわ…」と思いながらそのまま30分煮沸する。
途中,もうすでにしっ…かり染まっているように見えたので,
「そもそもこれって元は紙なんだから,一瞬漬けたらもうOKなんじゃない!?」と,途中で2分間染色液に短く漬ける実験も追加。

30分後,火からおろす。
危惧したとおり,ばらばらになった紙ひもは端が溶解しかかっている。
b0025301_11115355.jpg

マニュアルどおり一応洗ったのですが。
本当にそっと洗わないと紙ひもはぶっちんぶっちん切れることが判明。
当たり前だ…紙は水に濡れると弱くなる
しかも何回洗っても色水が出なくなる気配がないし。
7回目を洗った段階で「四国のほうでは取水制限が始まったのいうのに…」と,慙愧の念に耐えかねて洗浄を中止(爆)。ま,ほら,服みたいに着るもんじゃないし…(^^;)。

ここにいたっていいかげん嫌になってきたのだけれど,それを実験を続行させたのは紙ひもの色の美しさ。すごく綺麗。
b0025301_1195297.jpg

とりあえず,この状態で陰干ししてみる。時刻はすでに3時間が経過。午後1時。気温25度。
b0025301_1116160.jpg

一時間後,様子を見てみると,ぜんっぜん,乾く気配なし
やっぱりだめか…と,そうめんみたいに干すことにする。
3時間後にはすべての紙ひもが完全に乾燥していました。
b0025301_11172084.jpg


これでとりあえず染色は完了。
結果は次の記事にて。(つづく)
[PR]
by satoka07 | 2007-05-27 09:53 | いろいろ実験 | Comments(0)
ここのところ,ずっとなにをやっていたかというと「染色」という分野を調べていました。
……深いです。
沼なんてどころのさわぎじゃないですね,これは。海です,ダーダネルス海峡よりも深くて広い世界でした。
そもそも染色には天然のもの(草木染など)から人口のもの(合成染料)まで星の数ほどあるし,染め方もさまざま…。特に天然のものを使う染色はその素材,染め方,色の定着の方法までそのときの気象条件によって染色の時間,触媒の量,染まる色も変わっていく…。

で,私がそれらを利用して何をしたいかというと「紙ひもを青く染めること」。
自分オリジナルのブルーの紙ひもを作ってみたい。そんなところからこの実験が始まりました。

なにせ幅広く,奥深い分野なので,とりあえず一番簡単そうな人口染料で染めることに挑戦!
b0025301_8302922.jpg

今回使用したのは「ベストカラー・ミニ」。お湯で煮込んで水洗いしたら染まる…というもの。
これ系で一番メジャーなのは洗濯機で染められる「ダイロン」なのですが,こっちのほうが安かったので採用…(爆)。染料と定着剤,両方あわせても約500円くらいでした。

2007年5月26日,午前10時,快晴。気温22度。湿度低し。 実験スタート。
使用する紙ひもはホワイトの紙ひも,20メートル。
b0025301_8304221.jpg

おそらく表面についたボンドだけは取っておいたほうがいいだろう…と,このままの状態でほかの洗濯物と一緒に洗濯機でスイッチぽん(笑)。
「えっ,紙ひもを洗濯機!?」と思われる向きもあるかもしれませんが,紙ひもは洗濯機に入れてまわしたくらいじゃビクともしません。→詳しい実験はこちら
b0025301_8305937.jpg

45分後…ガッチガチに固まって出てきました。
以前やった実験だとほどよくしなやかにボンドが取れていたのですが,今回12本どりでやったのが災いしたのか,中心部分のボンドが全然とれてない。
b0025301_8381642.jpg

仕方がないので一度全部解き,液体洗剤で手洗いをする。
最初からこうやっとけばよかった…( ̄▽ ̄;)。
b0025301_8382587.jpg

軽く脱水をかけたらまぁまぁの仕上がりになったので,さて,これからいよいよ染色作業開始!
(つづく)
[PR]
by satoka07 | 2007-05-27 08:22 | いろいろ実験 | Comments(2)
b0025301_1552591.jpg

以前作った足代編みのバスケット↓。
どうも持ち手の部分が気に入らなくて,いつか直そうと思っていたのだけれど。
b0025301_1534410.jpg

……うーむ,だいぶ作りたいイメージに近づいたような気はするが…。

持ち手を修正したついでに,ハマナカエコクラフトの新色,「かきしぶ」でもうひとつ作り直す。
b0025301_15472630.jpg

…うーむ,さらにもう一歩近づいたような気はするが……。

ところでこのエコクラフトのかきしぶ,ネットで購入したら実際に届いた色がずいぶん最初のイメージと違って驚きました(^^;)。
実物を見るまではもっとオレンジがかった明るい色を想像していたんですが,実際に見てみるともっと暗い,赤みがかった茶色でした。
見た瞬間,「確かに…柿渋色…だねぇ…」と(笑)。

以前弁柄を混ぜた柿渋を塗り,2年が経過したバッグ(右)との比較。
b0025301_1574559.jpg

お見事,色はほとんど同じでした。
エコクラフトのほうがもう少し明るいかな??
本物の柿渋よりは微妙に明るく,クリアな色です。
あ,でもこの色,弁柄を入れた色です。実際の柿渋の色はこんなに赤みがからずに普通に茶色です。詳しくはこちらをご参照ください。

…これ,同じ色なら私は柿渋を塗ったほうが退色したとき味が出て好きかも…( ̄▽ ̄;)。
でもまぁあの地獄のように臭い香りを体験しないですむ分,あの香りがどうしてもだめな人にはおススメです。
[PR]
by satoka07 | 2007-05-23 15:07 | Comments(0)
この夏,chikorinさん,EKOさん,私の三人で広島市中区にあるギャラリーTANEMAKIさんにて紙ひもクラフトの展示会を開催することになりました。
内容は以下の通りです。
b0025301_2359229.gif

『 ~ラ・シェステリア~紙ひもクラフト展示会 』

◎日付:2007/7/15(日)-7/16(祝)
◎場所:Tanemaki 4階
◎時間:11:00 ~18:00 (最終日は17:00まで)

◎内容:紙ひもクラフトの作品展示と販売
※ la cesteria ~ラ・シェステリア…スペイン語で『編みかご』の意

◎主催
■ Chikorin / 「Chikorin Craft
■ EKO / 「Handmade Club
■ SATOKA /「おばあちゃんちのあみぐるみ屋さん
b0025301_23463715.jpg


展示作品は私たちの作品のほか,全国各地からの作家さんの作品の展示も予定しています。また展示のほかに作品やキットの販売も計画中。内容が確定次第,順次詳しくこちらのほうでご紹介していきますのでお楽しみに!(^^)
[PR]
by satoka07 | 2007-05-18 23:46 | イベント | Comments(10)

ぎゃふーん

b0025301_15544073.jpg

かっかっかわいい~~(≧∇≦)。
数ヶ月前本屋さんで見つけた「あみぐるみの本―編んで、見て、触って、飾って、癒されるかわいい仲間がいっぱい! 」(ブティック社)の表紙のプードルに一目惚れ。速攻でゲットし、ばあちゃんに「これ作って~~~!!!」とお願いしたのはいいのだけれど。
…毛糸がないっっっっ!!!
売ってないのよ、毛糸が(;´Д`)。季節はまだ3月だったし、余裕で大手手芸店に置いてあるだろう…と高をくくっていたら予想外に入手困難なことが判明。
四方八方を捜し歩き、旅先で見つけた古そ~~うな手芸店(でも古いなりに大きかった。もしかしてその地域の卸店???)で発見。

「よろしくたのむっっ!!(≧∇≦)」と毛糸を渡したのはいいのだけれど。
これは…相当難しかったらしい…(^^;)。
だよね…そうだよね…毛糸、くりんくりんだもんね…
しかもシャツの毛糸も新たに調達しなきゃいけなくって、完成までに二ヶ月かかりました。待ち続けた甲斐あって、ようやく完成したプードルちゃん。あああ~~かわいい~~~
b0025301_15574467.jpg

このっ、このっ、この鼻のところがあああ…(T▽T)。あぁもうたまらん。
作品のディスプレイに使ってもいいな…ヽ( ´ー`)ノと思っていたら、横からトコナッツが
「これは見れば見るほど可愛いよね…これ、もらった!」といって持ってかれったっ!!∑( ̄[] ̄;)がーん

というわけで、ここ数日はとぼとぼとマニュアルとキットを作ってました。
その名も「エコクラフトdeくるみボタン」。
キットはくるみボタンが3個分作れます~。よかったらぜひ(笑)。
[PR]
by satoka07 | 2007-05-08 15:53 | Comments(2)

手芸用の紙バンドで日々作っています


by さとか