<   2008年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

…そうはいっても

b0025301_1932484.jpg

…編んでみるとなんとなく…水色…???
b0025301_19153165.jpg

先日タデアイでの染色実験でできた紙バンド。その長さ10m。
10mでさて何を作るか。
追いかけ編みも面白いかな??と思ったのですが,結局斜め網代の小物入れにすることに(笑)。
b0025301_19222788.jpg

切って組んでみると案外ブルーっぽい。ほほぅ,テープの状態だとまだらで汚い感じだけど,こうやってみると結構いけるかも???
b0025301_19394740.jpg

ということで結局できたのがこちら。
真ん中にアクセントに紙ひもでアジアンノットをつけました。
大目に見ても…『甕覗』(かめのぞき:もっとも淡い藍染の色)ですな…(苦笑)。
b0025301_19323227.jpg

ああ…あと6mあったらフタまで作れたんだけどなぁ…。

題して,「藍染のアジアン風小物入れ」。
……名前だけはすごく立派です(爆)。
[PR]
by satoka07 | 2008-07-23 19:03 | いろいろ実験 | Comments(8)

藍で染める(中編)

b0025301_21373027.jpg

ということで,いよいよ藍染の染色開始です。
ちなみに玄関前本店の上のほうに咲いている紫の花はデュランタです。紛らわしくてすいません(^^;)。

午前11時,温度30.9度。湿度は…割と低い感じです。
助手,トコナッツ…(笑)。
なんでも,科学研究ということで自分も便乗するらしい(爆)。
b0025301_225034100.jpg

トコナッツは普通に布の切れ端を染色。
左から綿100%,ポリエステル100%,アクリル90%+ウール10%。
b0025301_21425621.jpg

刈り取り刈り取り~。
トコナッツと二人で葉っぱだけをひたすら摘み取る(葉しか青くならない)。
ひーふーいいながら収穫した葉っぱ,重さ225g!!!
やたっ,私の紙バンド10mは100gなので,トコナッツの布の切れ端を入れても丁度よい分量です♪
b0025301_21473096.jpg

ちなみに豆乳で濃染処理した後の紙バンド…がっちがちにかたまり,壁にたてかけられます(爆)。ところどころ豆乳のかたまったところがくっついているのではがしながら巻き直し。
b0025301_2150932.jpg

藍は水で洗った後,水と一緒にミキサーにかけます。
ドロドロの液状の中に布と紙バンドを入れて浸透させます。
b0025301_21545460.jpg

この段階で紙バンド,一瞬,しゅぱーっと部分的に青くなったんです。

思うに,最も青色の酵素が働いていた瞬間だったと思います。
これが今にして思うとインディゴが紙バンドに乗った,最初で最後の瞬間でした…。
b0025301_21575527.jpg

布は45分,紙バンドは1時間浸透させました。この状態ではまだ緑です。
b0025301_22122757.jpg

どろどろの中から紙バンドを救出した後,軽く搾って空気にさらす。

この瞬間から普通は,インディゴの色素が空気と反応して,緑から青へと変化します。普通は。この紙バンドの場合,どこから見ても緑でしたが。
……というか,ぜんっぜん染液が紙バンドに浸透してないっ(爆)。
「ああ,あああ…」と思いながら空気に30分触れさせて水洗い後,乾燥。
b0025301_22411782.jpg

…なんっとなく,青に見えなくもない…???
写真では青っぽく見えますが,実際には緑色のほうが強いです。
白のベースに,なんとなく緑色のものがところどころ張り付いているようなかんじ???

染みてないです,染液が。紙バンドに。
もう一度つけてみたら少しは色が濃くなるだろうか…と,もう一度浸透,洗浄,乾燥をくりかえしてみることにする。

---- 後半へ続く -----
[PR]
by satoka07 | 2008-07-22 00:20 | いろいろ実験 | Comments(0)

藍で染める(後編)

b0025301_22573329.jpg

もう一度染液に浸透(1時間)。空気にさらし(40分),洗浄してまた乾燥。
…更に緑色が濃くなっています(爆)。
ど~~見ても,青らしき気配がない。

本を調べなおしてみると,最初緑だったものが空気に触れさせることで酸素と結びついて青の酵素が青く発色するのだけれど,その段階では緑の色素が残っている。
で,空気にさらした後よく洗い,緑の色素を流し落とす…とある∑(゚ロ゚〃)ハッ!
そっかー,しっかり緑色を落とさないと青は表れないんだ…
b0025301_2324244.jpg

ということで,1回目は水洗いだけだったのだけど,二度目は思いきって液体洗剤を使用。
緑色の液がしゅぱーーっと紙バンドから流れ出す。
b0025301_23131972.jpg

これは布,特に綿100%で如実に現れました。
おおー,緑色が流れ出た後,ちゃんと青になってるよ…。

というわけで,紙バンドも液体洗剤で洗い続けました…約一時間(爆)。
洗っても洗っても,緑色が抜けないのよ…(T▽T)。
紙バンドの限界ぎりぎりまで洗い続けました。
気温32度の洗面台で洗い続けて1時間。
お陰で今夜は熱射病です(←単に馬鹿)。
b0025301_23215364.jpg

最終的に乾燥させた状態の紙バンドが上の写真です。
洗いすぎたのか,そもそも紙バンドに染液が浸透していなかったのか,うっす~~い,緑のようなブルーのようなまだら色した紙バンドができました。
b0025301_23432585.jpg

他の紙バンドとの色の比較。
……ブルーじゃなくてグレーかよっ!!!(爆)
b0025301_23433496.jpg

トコナッツの実験結果の一覧表。
これと上の紙バンドの色を比較していると,アクリル90%+ウール10%の布の色合いに似ていることに気がつく。ブルーじゃなくてグレーなんだよね…。
今回の実験,どうしても「青」らしい青を出すことはできませんでした。


【 結 論 】
要するに紙バンドとタデアイの染料の相性が悪いんだと思う。
タデアイの生葉と豆乳くらいでは染まらない。のだと思う。多分。
以前の草木染実験でも思ったのだけど,草木染は加工する段階で紙バンドのボンドが落ちて風合いが粗くなる上に,どうしても均一に染まらない。
ただ,草木染といっても千差万別の方法と染まり方があるので,もしかしたらどこかに紙バンドにベストな組み合わせというのが存在するのかもしれないが,まだまだ私のスキルでは草木染の紙バンドはクリアしていかなければいけない問題が多々あるので,今後もまだ草木染にこだわるか,あっさり諦めるか…微妙なところ。
できれば染色の専門家の意見が欲しい。
なんだかこれ以上は自分で調べてやるには限界を感じる。
どなたかお知り合いで染色のエキスパートの方がいらっしゃいましたらご意見プリーズ(T▽T)。って,情けない終わり方だなぁ…。

まだあともう一回くらいは秋に染められるくらいの量の葉ができると思うので,それまでに「何を,どのように染めるのか」,もっとしっかり検討しなきゃいけないな…。


【 反省点・備忘録】
・もしももう一度タデアイで紙バンドを染めるのなら,濃染処理をしっかりするべきか。
・ タデアイはミキサーでドロドロにした段階で不織布に入れて漉すのを忘れてた(爆)
・染液につけた直後は水で流さない。30分くらい乾燥させた後しっかり洗う
・作業はゴム手袋,ぼろい服,エプロンはしたほうがいいな…結局今日の実験,紙バンドは染まらずに自分の爪とミキサーのフタとTシャツだけが青く染まった…なんのこっちゃぁぁぁぁ…!!_| ̄|○
・タデアイはたんぱく質のものしか染まらないらしい…ということは,もしかしてぴーちゃんの羽なんか,かなり綺麗に染まるのでは??
今度の実験でちょっとこれもやってみよう…
[PR]
by satoka07 | 2008-07-21 23:26 | いろいろ実験 | Comments(10)

藍で染める (前編)

b0025301_11204479.jpg

3月から育て始めた藍の種。
現在はこんなかんじになっています。
下からは小さい葉や茎がワサワサと生えてきて,今の段階でザクッと15cmくらいに切りそろえたほうがいいらしい。見ててもそんなかんじが激しくする。
b0025301_1202519.jpg

しかも上のほうの葉は玄関前本店も,リビング前支店も,両部隊,枯れ方は違うがなぜか非常に調子が悪そう…。
もうこれは上のほう,さっくり刈り取ったほうがいい!それしかない!!

と実験開始。
午前10時,気温31度,天気:曇り。湿度,かなりあります。あづい…
b0025301_124567.jpg

ノーブランド,ホワイトの紙バンド10メートルでかせを作る。
b0025301_125568.jpg

液体洗剤で優しく手洗い。その後,水洗いして洗濯機で脱水。
b0025301_1251264.jpg

藍はたんぱく質のもの(絹)でないと染まりにくいので,よく色が染まるように「濃染処理」というものをする。
牛乳でもいいらしいのですが,においがすごいらしいので成分無調整の豆乳を使用。
b0025301_1251953.jpg

ひたひたに漬けて,約30分放置して浸染させる。
b0025301_1252567.jpg

水洗いはせず,軽く搾った後,S字フックにかけて乾燥させる。
しかしさすがに豆乳ですね。臭くないしさらさらしてて,紙バンドによくしみこんでいる感じです。
これで完全に乾燥するまで放置。

今日の実験の下処理はここまで!
天気もよいので明日には完璧に紙バンドも乾いてくれるでしょう。

ここまでは順調です。
問題はこれから,だな…( ̄▽ ̄;)。
果たして「染める」くらいにいけるかどうか…。
なんでも,理想の比率は 染めるもの:藍の生葉=1:2らしいです。
10メートルの紙バンドは約100g…。だから生葉は200gいるのだけど。
……そんなにないような気がする…激しくそんな気がする…。

と,と,と,とにかく,後半に続く…
[PR]
by satoka07 | 2008-07-18 11:54 | いろいろ実験 | Comments(6)

カスケード~滝

b0025301_1655836.jpg

暑い…暑いっす…。
もともと暑さに弱い上に,ここ数年の猛暑。
今朝,温度計を見てみたら朝7時のくせに30・5度ありました。しぬ~~…

というわけで,気持ちだけでも…と滝をイメージして作ってみました。
「Cascade~滝」
思わず見入るような青…がテーマです。
なっかなか思うような青がなくて,それを探すのが一番大変でした(^^;)。
今回は兎屋さんの「紺」と望月加工紙㈱さんの「ぶるー」を使用。
b0025301_14593613.jpg

蝶の部分,近影。
アゲハ蝶の写真を参考に型紙をおこし,紙バンドを切り張りしてトール。
写真ではいいかんじに見えますが,ちょっと色の比率が弱い…。
実際に見るとアゲハ蝶が波の編み目に沈んだ感じで,もっと明るい色で作りたかったなぁと。
でもこれがなかなかいい色がないんですよ…。この蝶の部分はハマナカエコクラフトの水色を使用。しかも大昔に買って色が褪せたやつ(爆)。色が褪せても使い道があることってあるんですね…( ̄▽ ̄;)。

それにしても疲れた…。
とにかく暑くて,今瀕死の状態です。
b0025301_2122484.jpg

ちなみこちらは蝶がない状態(裏側とも言う)。
私はこのバージョンもさっぱりしてて好きです。
[PR]
by satoka07 | 2008-07-15 14:32 | バッグ | Comments(14)

ジャージャー麺

b0025301_12585150.jpg

このメニューを見て「あ…」と思われた方,かなりの通です(笑)。
なんてことはない,今日放送された「おしゃれ工房」の5分前に放送されていた「今日の料理ビギナーズ」で丁度やってたので,早速作ってみました(^^)。
中華麺がなかったのでうどんで代用。きゅうりもなかったのでレタスの千切りで代用。これはこれなりに肉味噌とうどんがレタスのサクサク感とあわさってウマーかったです(^^)。

今日は11時頃から番組が始まるのを気にしていたのですが,うっかりするとすぐにどんな番組でも見逃す人間なので(おぃ),今日は5分前からテレビつけていました(^^;)。

荒関まゆみさんの「紙バンドで作るかごバッグ」,多分ここへ遊びにきてくれる方ならもうご覧になったかと思いますが,紙バンドを触ったことも見たこともない方でも分かるように,大変分かりやすく説明されていました(^^)。

んもー下手すると私,1年くらい追いかけ編みとかやってないような気がするのですが(爆),見てると私も久しぶりに作ってみたくなりました(笑)。
なかなか他の方が作られているところをしみじみ見る機会なんてそう滅多にあるもんじゃないですが,ボンドのつけ方とか,紙バンドのしごき方の力の入れ加減の違いとか,自分とは微妙に違うところが見ていて興味深かったです。
たとえどんなに失敗しても,私は今までアイロン使ったことないし( ̄▽ ̄;)。
自慢じゃないですが,私,アイロン大っ嫌いなのよねぇぇ…(;´Д`)。

紙バンド手芸を始めてみたいなぁ,でも難しそうだなぁ…と二の足を踏んでいた方が,この番組を録画しながらテキスト片手にチャレンジされることを願っています。
紙バンド手芸って難しそうってよく言われますが,本当に誰でも簡単に始められるから。
とても簡単なものから,難しいものまで,とても幅広く,楽しめるクラフトだと思うから。
これからももっともっとこの紙バンドの輪が広まってくれたらなぁ…と思います。

それから荒関まゆみさん,さぞかし緊張したでしょうがお疲れ様でした!(^^)
これからもますますのご活躍を心よりお祈り申し上げます。
[PR]
by satoka07 | 2008-07-02 13:20 | Comments(12)

手芸用の紙バンドで日々作っています


by さとか