b0025301_12155524.jpg
今月末にある紙バンド教室の準備中、「これ、墨流しで作ったらどんな感じになるんだろう」とふと思い、早速作ってみる。

…や、決してキット作るのが嫌で現実逃避してるわけではありませんよっ!( ̄▽ ̄;)


墨流しのマーブル紙バンドとは、兎屋さんで販売されている特殊系紙バンド。

紙バンドに染料ではなく、顔料を使っているとのこと。
染料よりも何倍も退色の耐性があって、紙も強靭な紙を使用して製造されています。
とっても長持ちしそうなので、台所で使う小物入れとして制作。

実際に作って見ると


あれ?
この紙バンド…

完成したらめっちゃアンティーク風になる。

インテリア雑貨をDIYするときに、よく空き缶にサビ加工を施してアンティーク風に仕上げることってあるけど、これで編むだけでそのままアンティーク風のカゴに。

b0025301_14520863.jpg
以前、紙バンドでそういうの作りたくて、自分でアクリル絵の具で彩色仕上げしたことがあるのだけど↓
b0025301_14484154.jpg
これ、結構大変だったのよ…
しかもこれ1つ塗っただけで、トールペイント用の筆を一本だめにしましたORZ.


墨流しの紙バンド、こういうアンティーク風なかごを作るツールとして展開するのも面白いかもなとちょっと思いました。
ホワイトに薄い茶色とか、青緑色に茶色、焦げ茶に深い青…
結構アンティークな感じで、素敵なカゴが作れそう。


私が今回使った紙バンドは試作品なのでお店の方で販売されていないのですが、今はそのちょっと明るめの墨流しのグリーンが兎屋さんにて販売中です。→ 手芸用紙バンド兎屋
b0025301_15001800.jpg
この青緑バージョン、販売されてないのは残念だなぁ…

兎屋さんで販売されているカラーは他にうすざくら×紫やクリーム×水色など。
面白い素材なので、ごく普通の四角いカゴでもかなり面白い感じに仕上がりますよ。


b0025301_15080037.jpg

ああっ、ぴーちゃん、それは齧っちゃだめぇぇ…



[PR]
# by satoka07 | 2016-11-18 15:44 | memo | Comments(2)
夢のように儚く散った日本シリーズから幾数日…




未だに立ち直ってない管理人ですこんにちわ。




やっと、ようっ……………やく、体が動けるようになったかな?
ここ数日はほんとに何もする気が起きなくて。

とはいえ、いつまでも落ち込んでいてもしゃーない。
選手たちはもう来年に向けてトレーニングに励んでいるらしいです。
私もがんばろ。




そんなわけで、今年もあの紙バンドイベントが大阪にて開催されます。


「なないろnaクラフト」

12月1日(木)~4日(日)

ギャラリーBUNROKU(大阪守口市)にて開催



現在、参加者を募集中。


詳しくはLoveさんのブログへ↓


何気にあと1ヶ月切ってるので期限内に作れるかどうか不安だったのですが、とりあえず私もエントリーさせていただきました。
会場に遊びに行けるかな…
ちょっと行くのは厳しいかもしれないけど、開催が楽しみです^_^。



[PR]
# by satoka07 | 2016-11-02 18:02 | イベント | Comments(2)

一日体験教室のお知らせ

うわー…ものすごく久しぶり過ぎて、ブログの書き方忘れた(汗)。

皆様ご無沙汰しています。お元気ですか?
私は元気に過ごしています。
カープも優勝したし。

ところで今度、一日体験教室を開催することになりました。
初心者の方対象の、クリスマスな赤いカゴです。

b0025301_22413313.jpg

【日時】 11月29日(火)13:00~15:00
【場所】 中国新聞文化センター アルパーク教室
(〒733-8625 広島市西区井口明神1丁目16-1 アルパーク天満屋 3階)

誰にでも簡単に作れて、使い勝手よく、可愛いものがいいなー…と。

仕上がりサイズは底 17.5cm × 12 cm , 高さ 6 cm(持ち手含まず)で、ハガキがちょうど入るくらい。
小ぶりなカゴなのでプレゼントを入れたり、インテリアにも程よい大きさだと思います。
ヒイラギのパーツは差し込んでいるだけなので、ヒイラギの部分をミニしめ縄にチェンジしてそのまま年賀状ハガキ入れにしてもいいかもw

詳しいお問合わせやお申込みは 中国新聞文化センター様までお願いします。

b0025301_2303573.jpg

[PR]
# by satoka07 | 2016-09-22 22:32 | Lesson | Comments(4)

岡山で展示会があります

お知らせが遅くなりましたが、岡山でchikaさんふ~みんさんの二人展が開催されます↓↓↓


chica&ふ~みん二人展
『 Petit pa.』
日時 : 6/17(金)~19(日)11:00~17:00(最終日は16:00まで)
会場 : 『珈琲と人』



           【住所】岡山県総社市三須796
           【電話番号】0866-92-2300
           【営業時間】11:00~21:00(L.O.20:00)
           【定休日】水曜日
           【駐車場】あり
           【HP】珈琲と人のHP

会場はとっても素敵なカフェみたい。
ブックカフェとギャラリーを併設してる…っていう感じかな?

私としては比較的近くだし、行きたかったんだけどね~~ちょっと用事があって都合がつかなかったのよね~('A`)。残念。

会場ではコラボ作品も展示予定です。

お近くの人は是非!
お近くじゃない人も是非是非!w

皆様お気軽にお立ち寄りください。



【オマケ】
b0025301_933286.jpg

先日は今年初観戦のズムスタ。

5回、雨天コールド。引き分け。

時間にして普通の観戦時間の約半分。

なんだかものすごくモヤモヤした気分になったけど、まぁこんなもんです、ハイ…

b0025301_936454.jpg

ぴーちゃんはだいぶ老人力が上がってきたけど、相変わらず可愛いです。
[PR]
# by satoka07 | 2016-06-13 09:37 | イベント | Comments(2)
b0025301_1393822.jpg


あー、すいません、今回は番外編、ってことで。

紙バンドじゃないです。

「本物っぱく見えるけど、じつは紙バンドなんでしょう?」っていうのでもないです、普通にパイシートを使って作ったアップルパイの話。



昔から「一度はやってみようかな」ってこと、あるじゃん?

でも別に絶対にやる必要は全く無いので、「いつかやってみようかな」とぼんやり考えてることってあるじゃん?


それが私の場合、「アップルパイを網代編みで作る」こと。


…ほんと、どうでもいい話ですいません(;^ω^)。

b0025301_1365070.jpg


網代編みとは…複数本とばして編みながら、隙間なく編んでゆく編み方のこと。

…なのですが、ぴったりきっちり隙間なく編んでたら、中のりんごが見えなくなるのもつまらないので、少しだけ隙間を開けました。


b0025301_13142462.jpg

ラップを敷いたテーブルの上でとりあえず編んで

b0025301_13144970.jpg

下に薄いまな板を差し込んで…

(ノ-_-)ノ~┻┻

本体の上にぶん投げる。

b0025301_1317237.jpg

はみ出たところを切り取って

b0025301_13171663.jpg

焼いて完成!


パイシートを使ってパイを焼くときには、とにかくパイ生地の温度に注意する必要があります。
パイ生地をパリッとサクサクに仕上げるためには、できるだけ低温の状態から、高温で一気に焼き上げる必要があるの。
なので編むときにはできるだけ短時間で仕上げるのがコツかな?
私はさらに完成した後冷凍庫で1時間くらい冷やしました。









…ま。








b0025301_13221528.jpg


切ったらどんな編み方かなんてわかんないんだけどねー
 _, ,_
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

いいんです、一度やりたかっただけですから。
本人が満足だったらいいんです。

b0025301_13241339.jpg

断面図。

下のパイ生地の生焼けを防ぐため、薄くクッキーを敷いた後にカスタードクリームをのせてます。
味的には、この倍くらいカスタードを乗せてもよかったな。
でもあんまりカスタードを盛ると、やはり下の生地が生焼けになるらしいので、そこらへんの加減が難しい。
パイ生地作り、焼き方…アップルパイって、簡単そうに見えて難しいのよね。


【オマケ】
b0025301_1330093.jpg

今年のバレンタインデーの一コマ。
娘は今年も飽きずに作ってました…大量の友チョコを。

b0025301_13314824.jpg

とはいえ、こうして夜なべして大量の友チョコ作りに付き合わされるのも今年で最後かな?
来年は高3なので、チョコ作ってる暇なんかないだろうし。
大学行ったらもうこういうことしないだろうしね。


…って、行けるのか!?大学っ!?!?!?_| ̄|○。。。
あまりにものんびりしてるので、見てるこっちの胃が痛くなってきます。
[PR]
# by satoka07 | 2016-02-25 13:37 | Comments(8)

手芸用の紙バンドで日々作っています


by さとか