綿花から布を織ってみる

前回の実験で綿花から糸を紡いでいくところまでやりましたが。
まだいっぱい綿花があったので,もう一度自家製スピンドルで糸紡ぎをチャレンジしてみる。

こちらが前作ったスピンドルの改良版。
b0025301_841162.jpg

先端にフックがないとだめなので,ストローにアイピンを通したもの。
このフック部分にこよりにした糸を引っ掛け,スピンドルを回すと糸ができていきます。



これが…すっごい楽しい☆ww
難しいけど,するすると糸が出来ていくのがハマる。
テレビを見ながら作業できるし。

一週間位でしょうか…サルのようにクルクルクルクルとスピンドルを回し続け,かなりの糸ができました。





ここまでしたら…やっぱこれしかないでしょ。



b0025301_8512247.jpg


機織り工作キットwww
アマゾンで1500円ナリ。

機織り…英語ではLoom(ルーム)と言います。
4000円くらいで本格的な家庭用の織り機もあったけど,私にはこれで充分。

b0025301_8515280.jpg

紡いだ糸を杼(シャトル)に巻きつけます。

b0025301_8564823.jpg

織り機に縦糸をセット。
本当は縦糸も紡いだ糸を使いたかったけど,どう考えても長さが足りないと思ったのでマニュアル通りタコ糸で。

b0025301_8574258.jpg

綜絖(ヘドル)に糸をひっかけ,横糸を通し…とんとん,と。

気分は「鶴の恩返し」☆'`,、('∀`) '`,、



b0025301_945332.jpg

というわけで,完成品がこちらです。

b0025301_9225262.jpg


想像していたとおり…すっごく肌触りがいいです。
ほんと気持ちいい。

来年はもっとたくさん栽培して,本格的にボディータオル作ってみたいなぁ…。


【メモ】
一つの綿花から意外とたくさんの糸が紡げました。そんなに大きい布は作れないだろうと思って一番小さいサイズ(14×15cm)に編み機を設定したのですが,結構これが織れるのよ…結局最後,少しだけ横糸が余ってしまった。残念。
来年織るときには長さを大(30×15cm)にセットして織ろう…
[PR]
by satoka07 | 2011-09-30 09:31 | 綿花

手芸用の紙バンドで日々作っています


by さとか