紙ひも de くるみボタン

b0025301_2151299.jpg

先日ふと思いついてしまいました。「紙ひもdeくるみボタン」。
いや~,原理は単純なんですが,どうして今まで気がつかなかったんだろう…。
普通,くるみボタンというと「くるみボタンキット」というのを購入し,好きな布やリネンにステンシルなどして使うのですが,この「くるみボタン作成キット」というのがなかなかお高い…。
エコのアクセントなどに使うと可愛いのですが,そんな事情もあって今までなかなか使えませんでした。
でも,考えてみるとこういうかんじでエコで作ったら,作れるもんなんですよね↓
b0025301_21584230.jpg

多分これ見ると大体作り方がわかる人は分かると思うんですが,意外と簡単に作れます。
ただこの状態では糸を通すところがないのでボンドで直付けにしか使えない。色々と考えて改良したのがこちら↓
b0025301_1057514.jpg

んん~~~♪いいかんじ~~~~♪♪♪

はっきりいってこれはいいです。50センチくらいの余りエコで笑っちゃうくらい安上がりにくるみボタンができてしまいます。
思わず「意匠登録をしてボロ儲けしてやろうか…」なんて真剣に思ってしまいました(爆)。
でも一日経って冷静に考えると「まぁ考えてみるとそこまで大したことじゃないか」と思い直し,ここ一週間は伝票整理の息抜きにはくるみボタンを作ってました。

あ,ちなみに,紙ひもなので水には弱いです。いつかこれで洗濯実験をしようとは思っていますが,シャツのボタンにはやめておいたほうがいいと思います。
ですが,なんてったって安上がりにできてしまうので,それさえ注意すれば色々なところに使えます。

↓カチューシャとか
b0025301_103321100.jpg

↓くるみボタンのヘアゴムとか
b0025301_1056180.jpg

おうちcafeのナプキンリングなんかにもとっても可愛いです(^^)
b0025301_10372168.jpg

お友達のお土産にはこんなポストカード様式にしてプレゼントしたり↓
b0025301_10375355.jpg

ポストカード;夏「暑中お見舞い わんパグ」SummerCard

細かい作業が続くのでそういうのが苦手な人はちょっとアレですが,でもこれ,作っててなぜかすっごく楽しいです。きっと,布やステンシルで無限の組み合わせが生まれるし,それを使っていろんなものが作れるからかな。
上の写真のヘアゴム,実際にトコナッツに装着してみたんですが,すんっごくかわいい~~(感動)。結ぶとき,ぎうぎうとゴムをひっぱってみたのですが,糸を通すところがちぎれることもなく,全然大丈夫でした(^^)。
もちろんバッグなどのアクセントにしてもよし↓
(バッグ:「エコクラフト手芸4」よりB2さんのバッグ)
b0025301_1140963.jpg


なんかこれ,しばらくハマりそうな予感がします。

追記
この記事の後、「バザー等にこのアイデアを使ってもいいかどうか」という話になり、最初は「バザーって販売のことよね…。それって自分が作ったということを完全に放棄するってことかな…うーん…(´・ω・`)」と思っていたのですが、その後どうも気になってこちらで調べたところ、アイデア自体は著作物にあたらなくって、そのアイデアを説明解説した書籍などは著作物に当たる、と。
「じゃあ以前問題になっていた、どこかの洋画家さんが海外の画家の絵画をそっくりほとんど真似て描いてたのはあれはなに??」なんて思いながら読んでいたのですが。
私の解釈だと今のところ、たとえばわたしがこの「紙ひもdeくるみボタン」というマニュアルを作って販売するとして、そのマニュアルを無断でコピーして転売したり教室なんかで教えたりするとNG、ってことかな??
というわけで、各自で色々と工夫されて、紙ひもでくるみボタンを作るのはOKっていうことらしいです。どーも勉強不足ですいません…(^^;)。あはあは
…でもサイト等でくるみボタンをお披露目するときに、ちょこっとここも紹介してくれると嬉しいな……(^^;)(←すいません独り言です)
by satoka07 | 2007-04-04 11:45 | 雑貨

手芸用の紙バンドで日々作っています


by さとか