限界への挑戦

例の模様の解析が終わり,次なる問題が浮上。
この模様,常識的な大きさのバッグに収めるためには2本どりで編まないといけないことが判明。
2本どりで網代…やったことがありません。

というか,したくない…。

紙ひもは厚さ一ミリなので,細かい模様であればあるほど編むのが困難になるのですが。
今のところ,紙ひもでまともにあじろ編みを編む限界は私は3本どりまでだと思っています。

2本どりで編む網代…。

本能的に「絶対無理」だと思っているのですが,「どこまで無理なのか一度はやってみるべきだ」と気力を搾り出して製作を開始。

……現在,ここまで編んだ段階で。
親指に全く力が入らなくなりました(爆)。
うむまだ立ち上がってさえいないぞ。
b0025301_14113279.jpg

多分あじろ編みをやったことがある人ならわかると思うのですが,紙ひもであじろ編みを編むときにはとにかく目を詰めなければ美しく仕上がりません。
細かくなればなるほど目を詰めるのが困難で,それをどうするかというと私の場合は真っ向勝負,爪先で押さえながらボンドで接着して仕上げます。
結果…現在,爪が剥離しそうな感覚を超え…とうとう指に力が入らなくなりました(←馬鹿)。


うーーーーーん……できないことはない。
できないことはないが……最後まで指と爪が持つかどうか…。
微妙です。
もう少し楽に紙ひもの目を詰める方法,何かないでしょうかねぇ…(;´Д`)
by satoka07 | 2008-03-03 14:11

手芸用の紙バンドで日々作っています


by さとか