2本どりのあじろ編み

2本どりの波あじろ編み,なんとか形になりました。_| ̄|○ ゼーハー
b0025301_233384.jpg

今回のテーマは『2本どりであじろ編みが編めるか?』ということだったので,設計図の一部分を切り取って小さいカゴ(?)を試作することに。
波あじろのバッグはこれよりもっと大きいものを何度も作ったことがあるし,色を組み合わせる必要もないので,今回は完全になめてかかっていました(爆)。

それが手痛いしっぺ返しを食らうことになろうとは…。ははははは…

底の部分で痛恨のミスに気がついたのはベースを編み上げて側面を立ち上げるところでした。
ただ,以前にも全く同じミスをしたことがあるのでヾ(゜д゜#)ぉぃ,特に動揺もせず「あ~あ,またやっちゃったよぉ…(^^;)」と,気楽に修正していたら…
…直らない。
いくら編みなおしても側面が立ち上がらない。

2・3日,痛い親指をさすりながら格闘しているうちに…取り返しのつかないミスを犯していたことに気がつきました(爆)。オーマイガッ

一からやり直すか,作り直すか散々悩んでいるうちになんとか形になってきたのでそのまま続行。なんかもー2本どりのあじろ編みどころの話じゃなかったです(^^;)。よかったよ…完成して…。
b0025301_2312419.jpg

で,こちらが2本どり部分近影。
思ったほど…大変じゃない…か……な………????????( ̄▽ ̄;)

今回は目を詰めるのに「異常に爪を伸ばす」という非常に怪しげな技を使ってみたのですが(爆),もっと大きい作品になるとマジで爪がはげるかもしんない…。
もともとこの技,友禅などの着物…染織のつづれ織り<※>というものから思いついたのですが,紙ひもは絹糸の数百倍は硬くて太いからなぁ……爪を強化するために明日からたくさん牛乳飲まなきゃ。

ちなみにこちら,兎屋さんの「灰みどり」を使用。
この色,私は初めて使いました。最初は「地味な色だなぁ…」と思っていたのですが……完成したら無茶苦茶綺麗なカラーということに気がつきました(爆)。
本当にすごく綺麗…。もともと兎屋さんのカラーテープはほのかな光沢があるような気がするのですが,その淡い光沢と少し緑がかったグレイが相まって,ちょっと他では見られない高級感のある紙バンドになっているような気がします。
これ,もっと大きいサイズでこの色で波あじろのバッグを作ったら無茶苦茶綺麗かもしれない…。

ということで,これからまた棘の網代編みを進めていく予定です。頑張れ私。
(でもちょっとだけ息抜きにわき道へ逸れるかも…(爆))

<※> ----つづれ織りとは----
爪掻本つづれ織(つめがきほんつづれおり)のこと。
中指の爪の先をギザギザに研ぎ,帯を織る際,そのギザギザの爪先で横糸を縦糸に掻くように押し下げて織る手法。緻密で繊細な表現ができる一方,大変手間がかかるので後継者もなかなかなく,国内で生産される爪綴れ帯は非常に稀少で帯の中でも最高級品とされる。
詳細はこちらのページが分かりやすいかな?→click
by satoka07 | 2008-03-06 23:41 | いろいろ実験

手芸用の紙バンドで日々作っています


by さとか