藍で染める(後編)

b0025301_22573329.jpg

もう一度染液に浸透(1時間)。空気にさらし(40分),洗浄してまた乾燥。
…更に緑色が濃くなっています(爆)。
ど~~見ても,青らしき気配がない。

本を調べなおしてみると,最初緑だったものが空気に触れさせることで酸素と結びついて青の酵素が青く発色するのだけれど,その段階では緑の色素が残っている。
で,空気にさらした後よく洗い,緑の色素を流し落とす…とある∑(゚ロ゚〃)ハッ!
そっかー,しっかり緑色を落とさないと青は表れないんだ…
b0025301_2324244.jpg

ということで,1回目は水洗いだけだったのだけど,二度目は思いきって液体洗剤を使用。
緑色の液がしゅぱーーっと紙バンドから流れ出す。
b0025301_23131972.jpg

これは布,特に綿100%で如実に現れました。
おおー,緑色が流れ出た後,ちゃんと青になってるよ…。

というわけで,紙バンドも液体洗剤で洗い続けました…約一時間(爆)。
洗っても洗っても,緑色が抜けないのよ…(T▽T)。
紙バンドの限界ぎりぎりまで洗い続けました。
気温32度の洗面台で洗い続けて1時間。
お陰で今夜は熱射病です(←単に馬鹿)。
b0025301_23215364.jpg

最終的に乾燥させた状態の紙バンドが上の写真です。
洗いすぎたのか,そもそも紙バンドに染液が浸透していなかったのか,うっす~~い,緑のようなブルーのようなまだら色した紙バンドができました。
b0025301_23432585.jpg

他の紙バンドとの色の比較。
……ブルーじゃなくてグレーかよっ!!!(爆)
b0025301_23433496.jpg

トコナッツの実験結果の一覧表。
これと上の紙バンドの色を比較していると,アクリル90%+ウール10%の布の色合いに似ていることに気がつく。ブルーじゃなくてグレーなんだよね…。
今回の実験,どうしても「青」らしい青を出すことはできませんでした。


【 結 論 】
要するに紙バンドとタデアイの染料の相性が悪いんだと思う。
タデアイの生葉と豆乳くらいでは染まらない。のだと思う。多分。
以前の草木染実験でも思ったのだけど,草木染は加工する段階で紙バンドのボンドが落ちて風合いが粗くなる上に,どうしても均一に染まらない。
ただ,草木染といっても千差万別の方法と染まり方があるので,もしかしたらどこかに紙バンドにベストな組み合わせというのが存在するのかもしれないが,まだまだ私のスキルでは草木染の紙バンドはクリアしていかなければいけない問題が多々あるので,今後もまだ草木染にこだわるか,あっさり諦めるか…微妙なところ。
できれば染色の専門家の意見が欲しい。
なんだかこれ以上は自分で調べてやるには限界を感じる。
どなたかお知り合いで染色のエキスパートの方がいらっしゃいましたらご意見プリーズ(T▽T)。って,情けない終わり方だなぁ…。

まだあともう一回くらいは秋に染められるくらいの量の葉ができると思うので,それまでに「何を,どのように染めるのか」,もっとしっかり検討しなきゃいけないな…。


【 反省点・備忘録】
・もしももう一度タデアイで紙バンドを染めるのなら,濃染処理をしっかりするべきか。
・ タデアイはミキサーでドロドロにした段階で不織布に入れて漉すのを忘れてた(爆)
・染液につけた直後は水で流さない。30分くらい乾燥させた後しっかり洗う
・作業はゴム手袋,ぼろい服,エプロンはしたほうがいいな…結局今日の実験,紙バンドは染まらずに自分の爪とミキサーのフタとTシャツだけが青く染まった…なんのこっちゃぁぁぁぁ…!!_| ̄|○
・タデアイはたんぱく質のものしか染まらないらしい…ということは,もしかしてぴーちゃんの羽なんか,かなり綺麗に染まるのでは??
今度の実験でちょっとこれもやってみよう…
by satoka07 | 2008-07-21 23:26 | いろいろ実験

手芸用の紙バンドで日々作っています


by さとか